レビューメディア「ジグソー」

初BTO 初SandyBridge 初DX11 … 初目白押しレビュー

まだ未完成ですが、次回更新まで時間が空いてしまうため公開しました。
中途半端な状態での公開となってしまい誠に申し訳ありません。

更新予定を載せました。
なるべく記述した日程以前には更新出来るように尽力致します。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


この様な状態であるからこそ、
「こんな項目を増やして欲しい」
「このPCのこういった性能が気になる」
等コメントして頂ければレビューに組み込ませて頂きます。

それではまだまだ中途半端ですが、
よろしくお願いします。





この様な機会を与えて下さった皆様
zigsow様、マウスコンピューター様、関係者の皆様
感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
本当にありがとう御座います。

ネトゲやBTO初心者としての立場から、
また、自作経験者としての立場から、
あるいは一般的なPCユーザーとして、
このパソコンを評価させて頂こうと思います。

本レビューは以下の構成を予定しております。

[第一部]
外観
採用パーツ
付属品
ケース
配線・組み立て

[閑話]
SandyBridge

[第二部]
各種ベンチ
冷却性能
H67エンコード
実用ソフトウェア性能
FINAL FANTASYR XIV 動作

[おまけ]
レンダリングサーバー

[総括]


このPC/レビューに関して何か気になることがありましたら、
コメント頂ければ全力で答えさせて頂きます。


さて、恒例の箱開け動画を撮ってレビュー開始です。


ナノピコシール、本当にありがとう御座います。(土下座)








デザインはなかなかに優秀。
ゲーマー向けであることを意識させながら、
あくまでも主張しすぎないデザインである。

ケース内外共にブラックを基調としており、
アクセントに蛍光黄緑のファンを用いながらも、
メッシュで上手い具合に抑えられている。
これならばどのような条件下でも使用に耐えるだろう。
・派手すぎないゲーミングマシン
・主張のあるオフィスマシン
の間の、丁度良い辺りを抑えている。

もしM-ATXで新しいビルドを考えていて、
これが市販されていればかなり有力な選択肢になり得るレベルだ。
このケースのオリジナルとなったIW-BR661/WOPSよりも好印象で、
市販されていないのが惜しまれるぐらいだ。

ケースの詳細に関しては後記する。





採用パーツについて詳細に見ていきたい。


【O S】 Windows 7 Home Premium 64bit

今の時代当たり前といって良い64bit版を載せている。
対応しソフトも順調に増え、
32bitソフトも問題なく動くと断言しても問題ないだろう。

現時点では純粋にアドバンテージのみが突出している。
メモリの増量も可能で、快適なPC作業を約束してくれている。

Home Premiumである以上
メモリの増設は16GBまでとなってしまうが、
4つしかスロットがないLGA1155では全く問題ない。

Windows XP モード がなかったり、
細かな差異も出てくるが、
ゲーミングマシンとしての使用で問題が出てくることはないだろう。



【CPU】 intel Core i7-2600

Sandy Bridge
LGA1155
32nmプロセス
定格動作クロック3.4GHz
TB有効時3.8GHz
L3キャッシュ8MB
4コア 8スレッド
TDP 95W
インテルHDグラフィックス2000

倍率はロックされており、手動倍率変更でのOCはできない。
さらに、H67チップセットではベースクロックの変更はできないので、
実質的にOCはできない。

Intel AVX
Quick Sync Video
等々の新しい特徴が挙げられる。
が、それらに関しては追々説明しよう。



【M/B】 ECS Elitegroup H67H2-M4


Micro-ATX マザー

問題となった6シリーズチップセットのうち、
H67チップセットが採用されている。

B2ステッピングのものはSATA2ポートに欠陥を抱えていたが、
こちらのものは対策済みのB3ステッピングのものである。


メモリはDDR3 1333までの対応。


2スロットVGAの搭載によって、
PCI Express x1 が2つ空いているだけとなってしまっている。
拡張性はお世辞にも良いとはいえないだろう。

オンボードオーディオは
Realtek ALC892 8-Ch High Definition audio
PCI Express x1しか空いていないので、
サウンドカードを考える場合はその点に留意して選ばなくてはいけない。

搭載NICは
RealTek 8111EL Gigabit Fast Ethernet
intelでないのは残念だが、それを求めるのも酷だろうか。
RealTekのNICでは一度痛い目に遭っているので、
ネットゲームを主にするのであればintel製のNICを使うのも良いかもしれない。
そうなるとサウンドカードとNICでスロットが埋まってしまう。

Micro-ATXの拡張性の低さが表れてしまった。


[I/O]

2 x USB 3.0
6 x USB 2.0 一般的な量は確保されている。
前面にも
2 x USB 2.0
が備わっているため、困ることはないだろう。

eSATAが無いのは残念。



【RAM】 ADATA DDR3-SDRAM 4GB PC3 10600(2GBx2)

(近日更新予定)



【GPU】 ZOTAC NVIDIA GeForce GTX460

(近日更新予定)



【HDD】 SAMSUNG HD103SJ 1TB 7200rpm 32MB

(近日更新予定)



【ODD】 LGエレクトロニクス GH24NS50BL
(近日更新予定)



【PSU】 AcBel PC7014
http://www.acbel.com/eng/Product.aspx?id=48&&sd=3...

今時80PLUSも取っていないPSUである。
不安に駆られ、OCCTを走らせてみると…。

oh...

個人的には、電源は拘っておきたいパーツの代表格である。
本格的にゲームを楽しみたいのであれば、
買い換えは必須といえるのではないだろうか……。

今後使用していくに当たって、一抹の不安を覚える。
否、一抹どころでは無く、普通に不安を覚える。





主な付属品はキーボードとマウス


【キーボード】

G-Tune Accurate keyboardは
PS/2 接続の 11キーロールオーバー 対応キーボードである。
特徴としては Windows キーをロックする機能が付いている事、
ボリューム調節ボタンが付いている事の2つ。

安いメンブレンスイッチ特有の堅い反発は、
疲れやすく、短期間のタイピングで指が痛くなる。
人の好みは千差万別であるため、一概には言えないが、
少なくとも私には向かないものであった。落第点。
個人的には買い換え必須。

デザインはなんとも中途半端。
攻め切れていないゲーミングモデルと言った感じ。
質感もチープで、長時間見ていたいような物では無い。
こちらも好みの問題ではあるが、落第点。


【マウス】

マウスはBTC製の800dpi光学式USBマウス M810PU である。
3ボタンタイプで、それと言った特徴はない。
デザインも無難で、印象に残らない。
普段から高機能マウスに慣れていると正直使い物にならない。
が、普通に使えると言う点では問題は無い。


【その他】

HDDマウント用パーツ
DVI→HDMIアダプター
DVI→VGAアダプター
(以下近日更新予定)






IN-WIN製の
IW-BR661/WOPS(Dragon Slayer)
というケースの亜種と推測できる。

ファンの配置や各部の寸法などは同一。
サイドパネルに関しては全く同じである。

前面ファン
140mm*1
80mm*1

背面ファン
140mm*1
90mm*1

という構成で、
サイドパネルには120mmファンを最大で4機まで搭載できる。

前面の140mm*1と80mm*1の前面のメッシュは着脱可能。
フィルターとは言えない荒さだが、メッシュに埃がたまるのもまた事実。
嬉しい気遣いである。



(以下近日更新予定)




裏配線などは自作レベルとは言い難いが、
予想していたよりかは遙かに綺麗な配線。

配線をし直す必要性は感じない。
ケースの優秀なエアフローを阻害していないだけでも十分だ。


電源が天地逆に付けられている。
ケースの下にメッシュの通気口が有り、
電源部のエアフローを独立させようとする努力がみられるものの、
実際は電源のファンはケース内部から吸気するように取り付けられてある。

メッシュ開口の意味が全く無く、トマソン的なシュールさを醸し出している。

必ずしも直す必要があるわけでも無いが、
良い電源だとは言えないので、ケース無いの熱い空気は吸わせず、
ケース外吸気とした方が多少は安心できるだろう。

(以下近日更新予定)




(近日更新予定)






一般的なベンチマークツールを走らせてみた。

■ Heaven DX11 Benchmark 2.5 ■




■ S.T.A.L.K.E.R.: Call Of Pripyat Benchmark ■




■ LOST PLANET 2 ■




■ CINEBENCH R11.5 ■



スコアは6.74、
980Xの8.81に比べると大幅に劣ってしまった。
が、価格差を考えるとかなりの健闘であるとも言える。
ちなみにQ6600のスコアは2.63
こちらとは比べ物にならないレベルで優れている。

更に見ていくと、980Xに対する純粋なクロックの高さでの優位が見えてくる。


■ POV Ray ■

[3.6]
[3.7]


POV Ray はオープンソースのレイトレーシングソフトウェアである。
3.6はシングルコア、3.7はマルチコア動作となっている。
レンダリング時間は短い方が、
PPSはパフォーマンスを示し、数値が高い方が、それぞれ優秀である。

シングルコアのみ使用する3.6では、
クロックが高い2600の方が優秀である事がわかる。

対してマルチコアが有効になったとたん、
やはり980Xの12スレッドの優秀さには遠く及ばなくなる。


■ x264 HD Benchmark ■

980Xのレビューでも使用したベンチマークソフトの最新版。
バッチ処理で720pの動画をエンコードし、その処理速度を競う物だ。

[i7 2600]

Pass 1
------
encoded 1442 frames, 143.98 fps, 3911.63 kb/s
encoded 1442 frames, 139.42 fps, 3911.63 kb/s
encoded 1442 frames, 144.20 fps, 3911.63 kb/s
encoded 1442 frames, 139.62 fps, 3911.63 kb/s

Pass 2
------
encoded 1442 frames, 35.65 fps, 3958.58 kb/s
encoded 1442 frames, 35.66 fps, 3959.13 kb/s
encoded 1442 frames, 35.70 fps, 3959.63 kb/s
encoded 1442 frames, 35.72 fps, 3959.62 kb/s


[i7 980X]

Pass 1
------
encoded 1442 frames, 143.40 fps, 3913.50 kb/s
encoded 1442 frames, 144.97 fps, 3913.50 kb/s
encoded 1442 frames, 145.80 fps, 3913.50 kb/s
encoded 1442 frames, 141.44 fps, 3913.50 kb/s

Pass 2
------
encoded 1442 frames, 43.24 fps, 3955.62 kb/s
encoded 1442 frames, 43.13 fps, 3954.94 kb/s
encoded 1442 frames, 42.98 fps, 3955.61 kb/s
encoded 1442 frames, 42.49 fps, 3954.85 kb/s

かなりの僅差で980Xには負けているが、
価格差を考えると圧倒的なパフォーマンス。

(以下近日更新予定)




(近日更新予定)



(近日更新予定)





■ WinRAR ■

『100MB*10=1GB』『500MB*2=1GB』というフォルダを作り、
rarファイルに圧縮・解凍する時間をそれぞれ測定した。

[compression]
[decompression]

誤差と呼んでも良い範囲の差に収まった。
使用していてこの差に気づくようなこともなく、
ストレスなく圧縮・解凍を行うことが出来る。


■ Phootoshop ■

HardwareHeavenというベンチマークである。

個人的にはかなり重要なデータだ。
CS5になっても相変わらずシングルコア動作のフィルターが多いため、
クロックが高い分2600が優れている事がわかった。

フォトショを良く使う場合のCPUの決め方がわかる。

(以下近日更新予定)



(近日更新予定)



(近日更新予定)



(近日更新予定)

コメント (7)

  • リーダーさん

    2011/04/25

    ところどころ見出しに使われてる画像が
    プレミアムレビューの豪華さをかもしだしてますね・・・!
    ウォッチボードに追加しました。
    更新が楽しみです(^^
  • kensanさん

    2011/04/25

    これぞレビューですね♪
    いつもながら感心致します。
    SHOPで色々構成は違うのですね♪

    VIPと比較するために私もウォッチングさせてね(笑い)
  • s3zm4rさん

    2011/04/30

    気合の入ったレビュー、お疲れ様です。

    OEM元となったメーカーからは一般に販売されていないカスタムパーツが使用されている点が、BTO製品の魅力のひとつかもしれませんね。

    後日の更新も楽しみにしております。
他4件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加