レビューメディア「ジグソー」

このDH67CF、見くびってもらってはこまる!

BOXDH67CFB3のプレミアムレビューさせていただくことになりました。
zigsow運営様&INTEL様、ありがとうございます。

DH67CFは、Mini-ITX フォームファクターを採用したH67ExpressのM/Bです。
LGA1155に対応したプロセッサーをサポート!
DVI-I コネクター、HDMIコネクター、DisplayPortコネクターの3種類を備えてます。
オールインワン・システムからポータブルシステムまで多様なシステム設計に対応します。
詳細

**************************
  パッケージの構成と付属品
**************************
DH67CF_Box
DH67CF_Box

DH67CF箱裏
DH67CF箱裏

DH67CF_中身
DH67CF_中身

パネルとSATAケーブル
パネルとSATAケーブル

取説
取説

**************************
 マザーボードの外観とスペック
**************************
DH67CF表
DH67CF表

DH67CF裏
DH67CF裏

DH67CF背面
DH67CF背面

DH67CF SATA
DH67CF SATA

SATA3 x2(青色) / SATA2 x2(黒&赤)
ALC892
ALC892

オーディオ用のALC892
7.1+ 2の独立したマルチストリーミング出力に対応するHDオーディオ機能を備えています。
D720200F1
D720200F1

USB 3.0コントローラのNEC「D720200F1」
USB3.0×2つリアパネルへ供給しています。
82579V
82579V

ギガビットイーサのIntel「82579V」
CHiL CHL8103
CHiL CHL8103

電源コントローラのCHiL Semiconductor「CHL8103/4」
VRMにはデジタルPWM方式を採用し低発熱で安定した電源供給が出来ます。
ちなみに髑髏なDP67BGには上位製品の「CHL8326」だったりします。

**************************
  マシンの構成と組み込み
**************************
ケース / SKC-MINI120


CPU / Core i3-2120 or Core i5-2400


メモリ / 【8GB(4GB×2)】 A-DATA DDR3 1333


HDD / WD20EARS-00MVWB0


OS / Windows7 Home Premium 64bit SP1 DSP版



当初の思惑とは違う石に成ってしまったが・・・以上の物で構成!
(当初はCorei3 2100T狙いだったのですが品切れで妥協!)
しかも・・・Core i5-2400はサポート外だったりします orz

取り合えず・・・組み込みます。
24PIN変換
24PIN変換

手持ちのSKC-MINI120は20PINなので24PINに変換します。
(本来のSKC-MINI120は24PINなのですが・・・なぜ?)
DH67CF組み込み
DH67CF組み込み

無事に組み込み完了!

しかし!

インストール中に再起動したりと・・・安定せず!
(ワットチェッカーが欲しくなりました。)
やはり自称MAX 84Wでは厳しいらしい。orz

HDをSSDに変更し外部から電力を取る事に。
320とX25M
320とX25M

去年のマシンガンレビューでお世話になった・・・
「Intel X25-M SSD G2 80GB」の登場!
WD20EARS-00MVWB0 → Intel X25-M SSD G2 80GB
DriverCDインストール
DriverCDインストール

順調に作業は進んでいます。
2120_8GB
2120_8GB

WindowsUpdateとDriver&Bios更新を実行!
Driver更新後
Driver更新後

ゲーム用グラフィックスが大幅に改善されました。

無事にインストール完了!

**************************
 Corei3 2120 vs Corei5 2400
**************************
Corei3 2120 vs Corei5 2400
Corei3 2120 vs Corei5 2400

Corei3 2120 vs Corei5 2400のFAN
Corei3 2120 vs Corei5 2400のFAN

FANの高さはほぼ同じ!Corei5 2400には円柱銅が使用されていた。
95Wは対応してないよ~
95Wは対応してないよ~

95Wはサポートしてないよ~それでも動かすなら「Y」キーを押せとの事。
ドキドキものですが・・・覚悟を決め決行!
問題無く起動されました。
Corei3 2120 vs Corei5 2400
Corei3 2120 vs Corei5 2400

Corei3 2120 for CPU-Z
Corei3 2120 for CPU-Z

Corei5 2400 for CPU-Z
Corei5 2400 for CPU-Z

Corei3 2120 vs Corei5 2400 HWM
Corei3 2120 vs Corei5 2400 HWM

Corei3 2120 vs Corei5 2400 for CMB
Corei3 2120 vs Corei5 2400 for CMB

想定通りの結果が出ました。
Corei3 2120_FINAL FANTASY XIV
Corei3 2120_FINAL FANTASY XIV

Corei5 2400 FINAL FANTASY XIV
Corei5 2400 FINAL FANTASY XIV

意外な結果に・・・ほぼ変わらず!
Cinebench_Corei3 2120
Cinebench_Corei3 2120

Cinebench_Corei5 2400
Cinebench_Corei5 2400

やはりOpenGLは変化なし!CPUは1.77pts差が・・・以外に2400健闘してます。
ガンダムネットワークオペレーション3 ベンチマーク
ガンダムネットワークオペレーション3 ベンチマーク

測定モードは3DHIGHで!
測定モードは3DHIGHで!

ガンダムネットワークオペレーション3 ベンチマーク メイン
ガンダムネットワークオペレーション3 ベンチマーク メイン

ガンダムネットワークオペレーション3ベンチマーク Corei3 2120
ガンダムネットワークオペレーション3ベンチマーク Corei3 2120

ガンダムネットワークオペレーション3ベンチマーク Corei5 2400
ガンダムネットワークオペレーション3ベンチマーク Corei5 2400

Corei3 2120の方は瞬間的に35fpsまで落ち込む事も有りましたが・・・
Corei5 2400の方は40fps以下になる事無く安定した数値を維持していました。

Corei3 2120もCorei5 2400もGPUクロックは同じなのでこんな物でしょう。
私としてはもう少しCorei5 2400に頑張って欲しかった。
4コアの力でGPUの性能が若干でも上がる事を期待したのですが残念!

2011/08/20追記
Intel® HD Graphics DriverもVer.8.15.10.2476にUP!
公開時に比べてDriverが熟成してきた!

FINAL FANTASY XIV ベンチマーク LOW 372 → 413にUP

ガンダムネットワークオペレーション3ベンチマーク
Corei3 2120とCorei5 2400は、39.6/40.8 → 41.1/42.4にUP!

CINEBENCH11.5のOpenGLは6.0 → 6.5にUP!

良い感じで熟成されてきたぞぉ!

しかし!
この「DH67CFB3」使用用途が限られて・・・
「TDP65W」までの対応なのは面白みに欠けるかも。
ある意味で「Corei3 2120」はベストチョイスかもと思っていましたが・・・
新たなる伏兵がっ!
Core i5-2500T&i5-2405S&i7-2600Sだ!
幸運にも、レビューインフィニティ第1弾「ローボルテージ星」に選ばれ


Core i5-2500Tを手に入れたので続きはソチラで!

**************************
  挫折と対策と悪ふざけ!
**************************
電力不足で色々と失敗に終わったのですが・・・
まぁ~120WオーバーなACを購入すれば良い話なのですがねぇ~
そんなACを購入する予算でMini-ITXのケースが2~3個買えるので我慢x2!
(実際はSSDにする事でMAX62Wに収まりました。)

目的はホームサーバーにしたいので・・・SSDはもったいない。

そこでチョットした悪ふざけを模索!

「SKC-MINI120」を2個使い懐かしのX68000風にしてみようかと・・・
X68000風にチャレンジ!
X68000風にチャレンジ!

DH67CFB3搭載の方にはUSBメモリにDebianを入れて・・・
もう一方にはWD20EARS-00MVWB0を2つ仕込めば良い感じかも!
良い按排のコンバーターとACを確保して・・・妄想は膨らみます。

2011/05/08に公開した時はその様に考えていたが・・・
レビューインフィニティ第1弾「ローボルテージ星」に選ばれた事で一変する!
http://zigsow.jp/com/intel/review/infinity01/


現在は、床下パソコンとして使用中(笑)

今後も扱き使われる事でしょう。