レビューメディア「ジグソー」

夢のオート三輪

子供の頃すでに幻のような存在になっていたオート三輪。子供の頃にみたそれが忘れられずずっと気になっていたオート三輪。
戦前にバイクから派生し、戦後の復興を支え、1970年代に消えていった三輪トラック。今ではスポーティなドライバーズカーを得意とするマツダ(東洋工業)も元はといえばオート三輪メーカーの一つだった。

オート三輪のメリットは構造がシンプルで廉価、小回りが利く・不整地に強い(3輪なのでどれか1輪が浮くということが少なくトラクションがかかりやすい 4輪駆動車はまだほとんどない時代)、そして当時の税制・免許制度上での優遇などなど。独自の進化を遂げていったが、道路が舗装され、広くなり、高速化していくと3輪故の不安定さというデメリットが大きくなり、自然と淘汰されていった。

このマツダT2000は1962年~1974年に製造されたマツダオート三輪最大にして最終モデル。とはいえ車体を共通とした旧T1500(※)のエンジン拡大版なので元の設計は1959年&さらに前のモデルの設計を引き継いでいる部分もある。しかしその独特なデザインは今でも通用するんじゃなかろうか。

 

※T1500のモデル名は重複していた

1トン車…T1100(1959~1962)→T1500(1962~1974?)
2トン車…T1500(1959~1962)→T2000(1962~1974)

 

特にその中でも最後まで重用されたのが、長い荷台を持つ13尺車(TVA32S)。

なんと全長は6080mm(前輪も含む)、全幅も1980mmという堂々としたサイズ。三輪車はそんなにでかくならないだろうと思ってサイズの制限をしていなかったらこんな化け物が産まれてしまったのだ。税制・免許面でのメリットは薄れてきた時代だったが、三輪特有の小回り性能と不整地走破能力に長尺物の積載能力を兼ね備えた13尺T2000は、代えとなる車両が少なく林業等で重宝され「本当に仕事で現役」な車両が平成の時代にまであったくらいだ。
その為オート三輪…いや60~70年代商用車全体の中では比較的現存台数が大目。皮肉にもオート三輪を駆逐していった同時代の4輪トラックの方が貴重な存在になっている。

元々実用車だったのでシンプルな構造・トルクフルなエンジン・頑丈なフレーム構造を持つのが強み。残存車両もクラシックカーとしてはラフに使われている個体が多いようだ。

 

…といっても自分みたいなシロートがポンと買っちゃったぜ!乗っちゃうぜ!とできる車じゃない。ピカピカに整備された車両でも当然メカの知識と「主治医」となる旧車に通じたショップや整備士の協力がほしいところ。

なのに…不動車とはいえゲットすることになってしまった。どうしよう。子供の頃からの夢が叶ってしまったのだ。人生で最大の後先考えていない状態だし急転直下。

これに関しては12時間に及ぶサルベージ作業等友人達、陸送会社の方、そしてオーナーさんご親族の皆さまの協力なしには絶対に無理だった事だったので、この場を借りてお礼申し上げます。事の顛末についてはめっちゃ長くなるので後日どこかで。

更新: 2018/06/05

動かないけど現車を見てみる

解体を免れ、25年ぶりに県外…いや敷地を出てきたであろうオート三輪。

1973年式マツダ T2000 13尺車 TVA32S型

引き上げ作業前にオーナーさんご親族が掃除してくれていたり、引き上げ作業中にも掃除したり、当然到着してからも掃除されているので見た目は今にも走りそうな雰囲気。現役時代はとても大切にされていたのが伺えるコンディションで、外装パーツの破損や欠品が殆ど無い。

製造終了前年の1973年式なのだが、すでに受注生産に入っていた時期で他のオート三輪は製造終了していた年。まさに最終世代のオート三輪。

その関係なのか純正とは異なる仕様もいくつか見受けられる。まず大きいのが荷台の材質。

T2000の長尺車は荷台が木貼りなのだがこの個体はがっつり鉄板が貼られている。オーナーさんご親族曰く新車時からこうだったハズとの事。後付けとは思えない仕上げだし、同仕様の車両があるようなので荷台メーカーのオプションかもしれない。鉄板の下には木があるが鉄板に守られたおかげで腐食は見られない。この荷台の広さなら建材の輸送に重宝したのだろう。

また荷物の侵入を防ぐために横棒が追加されたロードレスト、更なる長尺物をたてかけられるロードレストキャリアを搭載。サビついているががっちりしている。隠れているがその下の屋根は実は幌。休眠中に破けてしまっているので早めに貼り換えないと。

またリアランプは純正と異なり初代タイタン用と思われるものになっている。こちらも同じレンズを使っている個体が何台か居るらしいので、修理時の定番だったのかもしれない。

またリアにはロータリーマークが眩しい「岐阜マツダ」のディーラーステッカーが残る。同じくステッカーが残るハイドロマスター(ブレーキ補助装置)は後期T2000では標準装備だったようだ。

フロントボンネットにあるエアインテーク的なものは実はフロントサス点検口。グリスをここからさしましょう。ついている配線はウインドウォッシャー。この時代からちゃんとあったのだ。

さっきから写真にワイパーがついていないが、窓掃除の為速外してしまったため。ちゃんとある。

 

無鉛ステッカー。そうコイツガソリン車。

内張りなんてものはない。窓はくるくる回すやつですらない。まるで引き戸。

シートの痛みも少なくてビックリ。末期生産モデルの特徴であるシートベルトが見えるが、同じく末期に追加されたヘッドレストが基部だけになっている。後ろを見るのに邪魔だったのだろう。基部にネジを戻してあるあたりオーナーさんの愛を感じる。

シートの下に収まる2000ccのOHVガソリンエンジン。電装系も12Vでそこは2トントラックというより普通車感。水冷系がヤバい色になっているのでこの後速攻で取り外された。それ以外はぱっと見普通に汚れているだけ感がある。

シンプルなインパネ。メーターはスピードメーター・水温計・燃料計のみ。ハンドルがオシャレ。足元に見えるのはヒーター。写真にはないがフロアマットも若干の破れのみで残っていた。

 

とにかく全体的に現役時代に大切にされていたのが判る状態。ボディも致命的なサビは見当たらず、シャシーは錆止めが塗られた形跡がある。このままサバイバー状態での復活を目指せそう。

更新: 2018/06/12

2018/6/2 現状を確認してみよう

まず引き上げ時に回転できるようぶっ壊したフロントブレーキは仕方ないので修理ベースにできるドナーを探すしかない。そこは長い目で見ていくとして、それ以外の部分。

主に修理をしてくれるのは友人のR氏。早速水冷系が取り外されているのだが、タンクの腐食が激しく穴も何か所かあいている。このタンクはリザーバーではなく水圧がかかる仕組みらしいのでここは最悪タンクの新造か。幸いラジエータの方は水漏れ等ないらしい。

 

そして電装系。後輩マツダ車による電力供給。

一部灯火類やセルモーターの動作を確認できたがバッテリーが完全に死んでいるので後日新品に入れ替えて再挑戦。

なんと死んでいる電装系のほうが少ないという見事な状態。ヘッドライト(ハイ・ロー)、ポジション、ウインカー、ハザード、ナンバー灯、ワイパー、ウォッシャーポンプ、ヒーターファン等が通電動作。死んでいるのはホーンと後退灯。当然古い設計の古い配線なので安全を考えれば追々配線を引き直す必要があるが驚きだ。

そしてメーターもしっかり点灯。優しい光。このオドメーターが進む日を目指さなければ。

 

んで今度はエンジン。初爆を確認するためプラグを清掃してセルを回す。

 

なんとかかってしまう。25年前のガソリンだぞ。

これはやはりオーナーさんが長期保管前にガソリンを満タンにしていたのが大きい。そのおかげで内部が満たされて腐食を抑えていたのだ。

冷却系を外しているので即切っているがこちらの復帰は案外早いかもしれない?

更新: 2018/06/12

2018/06/09 部品取り車が来ていた

友人の手によりあり得ないペースで事が進んでいてビビっているのだが、比較的近場で部品取りにできそうな廃車体があるという噂があったので友人が探したところなんと↑の翌日に発見、その日中に「同型の修理に使うのなら」とOKになりその週のうちに引き上げてきてしまい…

週末見に行ったら並んでいた、このツーショットは恐らくごく短期間でこの後部品になっていく予定。なので部品取り車を重点的に撮影・記録しておいた。

友人が撮った引き上げ前の車内だが見事に土にかえろうとしていた。

こちらは10尺で年式は65年~69年頃のものと思われ、末期モデルにあるサイドマーカー等が無い(そもそも破損・欠品している部品も多いのだが)。

13尺より短い分更に小回りがきくので、山で使用されていたようだ。デザインの収まりもよく見えるが、御覧の通り見事に朽ちている。本来何十年も放置された車ってこうだよね。

しかしフレームは生きていたようで、クレーンでつるして引き上げ。なので13尺車で壊してしまったフロントブレーキ基部を移植できる…かもしれない(状態もそうだが10尺車と13尺車ではフロントホイールサイズが違ったので完全に同じとは限らない)。

また13尺車では交換されていた純正テールランプも残っていた。13尺車につけられていたタイタン用より更に小さく、確かにこれは目立たなかっただろう。

この個体自体の修理は非常に難しい上に、書類不明(抹消済み?)、カギもなしという部品取りにしてしまって惜しくないという意味ではいいのかもしれない。荷台の長さこそ違えど、マイナーチェンジ後のT2000が近場で出てくるという幸運。おそらく自分が次見に来る時には部品になっているだろうから感謝をしつつ写真を撮っておいた。

 

…ってもう1個部品が使われていた。13尺車のエンジンルームに冷却水タンクが。

なんと部品取り10尺車、この状態で冷却水タンクの水漏れがなかったらしい。ご都合展開にも程がある。補修跡もあり状態も良いとはいえないので本番前には対策が必要だが、これでとりあえずのエンジン動作確認ができたのだ。ありがとう部品取り10尺。

 

これによりエンジンの始動ができ、30分間のアイドリング動作や、壊した前輪を無理やり回しての自走移動が可能に(!)。

水道がある場所までいって25年ぶりと思われる水洗い。

またエンジンを回せることになったおかげで更にいくつかの状況が確認できた。

 

・後退灯はバックギア認識の接触が悪かっただけで生きていた。

・ダイナモはアイドリングをかなり高くすればとりあえず発電した。

・水圧がかかるとラジエーター上部からわずかな水漏れがある。

・燃料計・温度計は正常に動作。

・ギアが固い等細かい症状があるが、その辺はオイル等の消耗品交換で治りそう。

 

といったところ。

また冷却系はタンクを得たものの配管がダメなのことに代わりはないので代用部品で無理やり回している状態。あとは部品取り車のブレーキ基部を修復・移植できるかどうか。そして幌の張り直し。

 

…ってたった2週間の時点で道筋ができている時点で恐ろしくやばいんですけどね。水洗いした感じもボディはガッチリシッカリしていたし。この個体の素性の良さと友人の行動力・修理能力には驚かされっぱなし。自分は掃除や情報収集くらいしかできていない。

恐らくまともな状態で見れるのは最初で最後になるであろう10尺車に別れを告げつつ家路へ。さすがにこの後は展開が遅くなるだろう。

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2018年05月頃

  • 購入場所

コメント (19)

  • みっちゃんさん

    06/03

    えっ、オート三輪のレストアですか?
    すごいですね・ω・
    これはまさに、dream come trueですよ!
  • harmankardonさん

    06/03

    エンジンがかかるとは,すごいことですね.
    これは,銀座を走る姿も遠くなさそうです.

    みんなで頑張ってください.
  • 下小川さん

    06/03

    子供の頃の夢がついにはじまってしまいましたわ…自分も色々勉強しなきゃ!

    エンジンに関しては現役時代かなり大切にされていたのが伺えてガソリンも入った状態だったのでちょっと期待はしていたんですがそれにしたってこうもあっさりとは…
他16件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから