レビューメディア「ジグソー」

これはラジカセの域を超えたラジカセだ!

 

 

 

 ソニーのラジカセCMT-X7CD-W。メッシュパネルが白のものと、黒のものがあります。

4/19に発売のマルチコネクトコンポシリーズの上位版になります。
まず、本体から見ていただきます。
本体サイズは385 × 178 × 81 mm。


ホワイトのメッシュカバーの中に、4スピーカーをレイアウト。


本体上部に、スイッチ関係をレイアウトし、電源ボタン以外は、全てタッチパネル式スイッチを採用。CDの挿入は、スロットイン式。


インフォメーションディスプレイは、白色LEDで控えめな演出をしてます。ディスプレイは、やや手前に傾斜しているので、視認性も問題ありません。
Bluetooth、Wi-Fiで接続できていることが確認できますね。

Bluetoothの通信距離ですが、1階リビングに置いたラジカセに、2階の部屋から再生可能でした。


両サイドには、何も設置されていません。CDドライブの関係でしょう、後部中央に膨らみがあります。膨らみがあることで、本体の安定性を向上させていると思います。


本体後部です。
Wi-Fi用アンテナ、外部入力用USB、外部入力用ステレオミニジャック、ラジオ用アンテナ端子、有線LAN、電源端子となってます。無線LANだけではなく、有線LANがあるのがおもしろいですね。

USBは、外部入力だけではなく、充電にも対応。例えばiPhoneなどを、転送・充電対応のスタンドに接続すると、音楽を聴きながら充電も可能です。


Wi-Fi用アンテナは折りたたみ式。Wi-FiはIEEE 802.11b/gのみに対応。音楽のみの転送ですから、ビットレート的には、b/gで十分でしょうね。
また、AirPlayにも対応してます。

 


付属品は、ラジオのアンテナとリモコンになります。

これを買う決め手になったのは、ズバリ音質です。デジタルアンプにS-masterを使ってます。
これだけ小さい筐体ですが、どこからこの音が出るのかと思うぐらい、迫力の重低音。正直、パイオニア、パナソニックのどちらかにしようと思ってましたが、視聴してみるとその差は雲泥の差。視聴したのが、私がよく聴く「DJ KAORI」だったのが良かったのかもしれません。
しっかりしたメリハリのある音質で、その上迫力の重低音。かといって、重低音だけが前に出てくるようなことはありません。また、キャビネットがしっかりしているのでしょうね。共振も全くといっていいほどありません。はっきり言って脱帽です。
サウンドエフェクト(プリセットイコライザー)も7種類搭載。
「R AND B/HIP HOP」「ROCK」「POPS」
「CLASSIC」「JAZZ」「FLAT」「CUSTOM」
これに加え、ワイドステレオをHigh/Normalに切り替えできます。

 

Bluetoothでのコーデックは、AAC/aptXに対応してます。AACはiPhoneやiPod、aptXは多くのAndroid端末に採用されています。

AAC/aptXについては、こちらの製品で詳しく触れていますので、ご覧下さい。

 

 

また、圧縮音源の高音域をクリアに再現する「DSEE」を搭載。1回の操作で高い臨場感を実現する音場技術、迫力の低音を再現する低域再生技術、そしてクリアなサウンドを実現する補正技術、「ClearAudio+」も搭載してます。 

本体のみでは、CD、ラジオ、USBメディアが聴けます。リモコン操作で、普通にラジカセとして使用できます。ただ、これだけの使い方だと、勿体ない使い方です。
本体の紹介でも述べましたが、Wi-Fi及び有線LANを搭載してます。その上、DLNAに対応してます。つまり、家庭内のネットワーク上のコンテンツを、このラジカセで聴くことができます。
また、Bluetooth対応ということで、スマホなどの機器から音楽を再生することができます。
Bluetoothのペアリングは、手動でもできますが、NFCにも対応してますので、NFC対応のスマホなどは、本体にかざすだけで簡単に設定できます。

マルチペアリングにも対応し、9台まで登録できます。切替も簡単に行えます。

高音質なaptX、AACにも対応してます。

接続しているデバイス名が表示されます。


 では、ホームネットワークのコンテンツを、どのようにして使うのか?
それは、iOS、Androidアプリの「SongPal」から操作します。今回は、Nexus5を使用しました。


設定後のSongPalの初回起動画面です。
*スクリーンショットが1枚に収まらないので、わかりやすくするために、2枚の写真を1枚に合成してます。

デフォルトでは、CD、USB、AM/FMラジオ、Audio-in(外部入力)、ホームネットワークをコントロールできます。これに加え、ソニーのMusic Unlimited、radiko、TuneInがプリインストールさせています。

このアプリから、ほとんどの操作が可能となってます。「ほとんど」と申し上げたのは、購入してから現在まで、操作できなかったことがないという意味です。

ペアリング設定済みで、双方未接続の状態、アプリを起動します。通知領域を見て下さい。この時点では、Bluetoothのアイコンは点灯してません。この時に、デバイスを「SONY:CMT-X7CD」を選択します。

すると、通知領域のBluetoothのアイコンが点灯し、ラジカセ本体のスイッチも入ります。恐らく、ラジカセは見た目的には電源オフの状態ですが、Bluetoothの接続待機状態なのだと思います。また逆に、アプリから電源を切ることも可能です。

 

それではそれぞれの機能を見ていきたいと思います。

まずCDです。

CDの操作画面です。こちらから、再生、早送り、巻き戻し、ボリューム調整が行えます。また本体にプリセットされたサウンドエフェクトも変更可能。このサウンドエフェクトの変更は、全てのデバイスにおいて可能となってます。CDは再生の他に、WalkmanやiPhoneに録音(転送)もできます。ビットレートは、128kbps/256kbpsを選択できます。

次にUSBです。

USBデバイスの再生画面です。CDの再生画面と同じですね。CDの曲をソニーのポケットビットなどのUSBメモリに録音(転送)することも可能です。

次に、ラジオです。AM/FMまとめてご覧いただきます。

 これは本体内蔵のラジオの操作画面です。シークした局を、スマホからプリセットすることも可能となってます。また、お気に入りの番組をタイマー録音もできます。録音媒体は、USBメモリーになります。

次に外部入力です。

こちらはさすがに、ボリュームの調整しかできません。例えば、ステレオミニジャックに接続されたデバイスがあるとします。そのデバイスの再生や停止、早送り、巻き戻しはそのデバイスで行うことになります。

次はHomeNetworkです。

ズラズラッと、我が家のDLNA機器が並んでます。これらのデバイスに、再生可能なファイルがあれば、遠隔で再生できます。PCの場合、常時起動させるのは難しいですが、NASをミュージックサーバーにして、常時起動させていれば、いつでも好きな音楽が聴くことができますね。我が家には4台のNASがあるので、早々にそのうちの1台をミュージックサーバーにしたいと思います。

次に、Music Unlimitedです。

こちらからサインインし、音楽をダウンロードできます。当然のことながら、購入した音楽ファイルの保存は、操作しているスマホになります。

 次にradiko。

やはり地方なんで、聴くことができる局数が少ないです。

最後に、TuneInです。

通常のTuneInアプリと少し違うように思いましたが、ただ単に横文字表記しただけでした。

ここでオプション機能を紹介します。

ラジカセ本体のサウンドエフェクトです。こちらで変更・調整を行います。カスタム設定も1つだけ保存できます。

音場効果です。標準/強を選択できます。

スリープタイマーの設定も、このアプリから行えます。

 

これで「SongPal」の説明を終わりたいところでしたが、実はこの「SongPal」に自分のお気に入りのアプリを登録することができるんです。

私が登録したのは4つ。iTunes Music Player、JetAudio Plus、Playミュージック、Winamp。私の使い慣れているJetAudio Plusは詳細に説明するとして、それ以外は慣れていないので、さらっと流します。

iTunesの起動画面

Playミュージックの起動画面

このiTunes Music PlayerとPlayミュージックでは、Music Unlimited同様、音楽コンテンツの購入できます。

Winampの起動画面

こちらがJetAudio Plus(有料版)になります。このアプリのいいのが、ラジカセ本体のサウンドエフェクトとは別に、このアプリでかなりのチューニングが可能ということです。

JetAudio Plusにプリセットされたサウンドエフェクト(イコライザー)も豊富です。

低音の調整や音場効果もここでチューニングができます。私が音楽を聴く時は、このJetAudio Plusで聴いています。

1つだけ、おもしろい使い方を提案させていただきます。

それは、スマホやタブレットでの動画の鑑賞です。スマホやタブレットで動画を見ても、スピーカーが貧弱なため、迫力に欠けますよね!?このラジカセを使うと、手元で動画を見ながら、ラジカセから迫力の音声が流れてきます。想像してもわかりますよね。動画とひとくくりにしましたが、スマホに内蔵されてるテレビの視聴や、映画タイトルをタブレットで観るとか、YouTubeもこのラジカセを使うと、いつもと違った味わい方が出来ると思います。今回のレビューでは紹介してませんが、Bluetoothでの接続ですので、PCのスピーカーとしても実際使えました。PS4はプロファイルが対応してませんでした。惜しい。

最後に一言。 約35,000円のラジカセ。金額的には決して安くはないと思いますが、音質と機能を考えたら、いい買いものをしたと思ってます。まだ発売されたばかりですので、安くなってませんが、30,000円を切るようになれば買いだと思います。

 

5/8追記

タブレットで動画を視聴してみました。手元で動画、ラジカセから音声出力ができるか?

あくまで再生デバイスは、このタブレットになります。

右上の通知バーに、Bluetoothが点灯してますね。これで、音声はラジカセから聞こえてきました。テレビで見るより迫力があります(^_^)

  • 購入金額

    34,500円

  • 購入日

    2014年04月24日

  • 購入場所

    ビックカメラ岡山駅前店

コメント (30)

  • KAOさん

    2014/05/06

    使い勝手がいいラジカセですね~
    欲しくなってしまうレビュー(●´ω`●)
  • ナンチャンさん

    2014/05/06

    KAOさん

    使い勝手がいいと思えるのは、メカに熟知した人だから言えることでしょう。年配の方は、このラジカセは使いこなせないと思います(+_+)
    Wi-Fiなしのモデルなら、少し安いのでいいかもしれませんよ。
  • notokenさん

    2014/05/06

    ラジカセというより「ネットワーク機器」ですね。

    映像系や音楽系などなど、最近ネットワークを利用する機器が増えました。
    次は何がネットワークに参加するのでしょうかね。冷蔵庫?
他27件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    新着レビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから