レビューメディア「ジグソー」

Coppermine Celeronでは最高クロックだが・・・

以前所有していたPCに搭載していたCPU

購入時にはCeleron 533AMHz(Coppermine-128K FSB:66MHz)を搭載したモデルだったが、マザーボードのBIOSのアップデートによって追加投入されたFSB100MHz版に対応させ、CPUのアップグレードをしながら延命を図ったが、このCPUが最終でした。

このCeleronは、Coppermine Celeronでは最高クロックであり、800MHzからはFSB100MHzとなり、それまでのFSB66MHzから大きくパフォーマンスアップしました。

810チップセットマザーに搭載していましたが、最大メモリーが512MBということもあり、Windows XPを動かすのにも限界を感じ、Socet478に移行しました。
Coppermine Celeron 1.1GHz
Coppermine Celeron 1.1GHz

パッケージは FC-PGA370
パッケージは FC-PGA370



Coppermine-128K [Wikipediaから転載]

Coppermine-128K(カッパーマイン-128K)は0.18μm版Celeronで、128KBの2次キャッシュをコア内に内蔵する。実態はPentium III第二世代のCoppermineの2次キャッシュ量を半減し、レイテンシを意図的に高くしたものである。Pentium IIIをベースとすることでCeleronでもSSE命令セットに対応するようになった。Pentium IIIには存在していたSlot 1版は発売されず、全製品がSocket 370版である。また、このバージョン以降はSMP動作は不可能になっている。Coppermineのうち、初期のPentium III自体に本来備わっているはずのSMP機能が実装されていなかった。

プロセスルール: 180 nm
FSB: 66 - 100 MHz (MT/s)
L2 cache: 128 KB
MMX, SSE
パッケージ: FC-PGA370
  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    不明

  • 購入場所

13人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから