レビューメディア「ジグソー」

初めてのロードヴァイクス。Giant TCR Advances 2 se disc

はじまり

クロスバイクに乗るようになって約半年、少しづつ自転車界の常識/非常識が

身についてきた、そして運転姿勢について少し悩みを抱えるようになり、

フィッティングというものをうけようとした際、クロスバイクでは一般には

受けられないことが分かった。(僕の認識だけかも???)

 

それだけが原因というわけではないが、ロードバイクというものに興味が出てきて

2021年度モデルのジャイアント製品を購入することとした。

 

車種は、一般的な競技用自転車のボトムグレード。

要はなにかのイベントに参加するときに、クロスバイクで参加すると奇異の目で

見られてしまうので(これは杞憂でした)、正装が欲しいというのが正直なところ。

やってきました、ロードバイク。

 

ボトムグレードなので、いろいろ廉価版。

ざっくり特徴を記述するとこんな感じ。

 

最新のフレーム形状(2021年モデル)採用。

カーボンのグレードや、細かな配慮は違うが、最新エアロフォーム反映。

フォーク形状やシートポストは上級グレードと異なるようです。

メインコンポはシマノ105、左側クランクにパワーメーターを装着しています。

 

これだけそろって26万円+TAXなので、お値打ちです。

 

自転車にかける金額ではないような気がするのは一般常識。

自転車沼の中の人からすれば「やっす!」という常識。常識とは…

 

ペダルは付属しませんので、シマノSPDペダルを購入し装着しました。

クロスバイクでビンディングシューズを採用しているので、ロードバイクにも。

いろいろなSPDペダルがあるのですが、重量とデザインからこちらを選択。

シマノ ES600

 

そして、競技車輛アルアルですが、リアディスクブレーキが140mm径でした。

僕はいくつかのホイールをクロスバイクと使いまわしたいので

ホイールに装着されているブレーキが異なるのは嫌でした。

なので、フラットマウント部に160mm用のマウントを追加し、前後160mmにしました。

 

キャニオンのロードライト(クロスバイク)と並べてみる。

イメージはそれほど変わらないが、クロスバイクのほうが高級コンポという

よくわからない現象に陥っている。

少しの間、ロードバイクというものに慣れるため自宅周辺を走った後に

友人と、ユルポタライドです。

岐阜県海津市にある「おさかな舎」という食事処まで。

ここまで約60km程度のライド、大体同じ程度の出力をもった友人なので

気兼ねすることなく楽しく走れます。

友人と別れた後、岐阜県大垣市、山形市などを経由しながらのソロライド。

木曽川サイクリングロードへ入り、愛知県江南市のスポットで休憩。

初めて購入したロードバイク。

シフトチェンジ、ブレーキの掛け方が違うが、そのほかはクロスバイクと大差ない。

運転姿勢が風の影響を受けにくい(身体の投影面積を小さくできる)が、

これを行うには身体能力が必要(経験値、センス、身体の柔らかさ、理解力)。

クロスバイクと比べると圧倒的に操作性は良い。

  • 購入金額

    289,000円

  • 購入日

    2020年06月25日

  • 購入場所

    ジャイアントストア

15人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから