レビューメディア「ジグソー」

一眼レフでの撮影を安定させる。Ronin-S スタビライザー

一眼レフ用3軸スタビライザーシステム「Ronin-S」を入手。
撮影をしない人にはスタビライザーと言っても何のことやら分からないと思うのですが、移動しながらなどの撮影時に映像がブレないようにカメラを安定させるためのシステムです。

この Ronin-S はドローンメーカーとして業界で有名な DJI がリリースした製品で、空中での立体機動でもブレないドローンのジンバル機構技術を応用することで安定した動画を撮影できるようにしています。
ドローンの技術だと聞くとなるほどと思ってしまいますね。
 
どのシチュエーションで使うの? という疑問も分かるのですが、テレビ局のカメラなども少なからずスタビライザーの技術が用いられています。映画など滑らかに画角が移動しているシーンとか、大体それです。クレーンなどの場合もあるけど。クレーンが大型なため、小型・携帯可能で便利にしたものがドローン撮影であったります。
更新: 2019/08/14
マニュアル

マニュアルは日本語になっているのですが、読んでも内容全く分かりません。
図解もされているのですが、その図ですら意味不明。

どのパーツをどのように付ければいいのか、その角度になれば正しいのか、図を何度も見ても分かりませんでした。

使用している現在でも正しく使えているのか疑心暗鬼です。

更新: 2019/08/14
実用性

付属の三脚に価値がある

小型のスタンドにもなる追加グリップが付属しているのですが、これが小型軽量で展開すれば三脚にもなり、しかも安定感バツグン。

この三脚が入手できるだけでも購入して良かったです。

 

さすがドローンで培った技術を投影しているだけあって、安定感のある動画撮影ができるのですが、市販のハンディカムであれば優れた手ブレ機能を搭載しており似たような結果が得られるので、手ブレ防止というだけでこの製品を買うなら、やや魅力に欠けると思います。

更新: 2019/08/14
使用感

重い。

各パーツが頑丈に作られており、重量感もありそれが安定感にも繋がっているかもしれないですが、腕が疲れるほどかなり重いです。取り回しには女子には難しいかと思います。

バッテリーの持ちは良く、長時間撮影に使えるのですが、そのぶん手に持っていないといけないので逆に疲れます。

前述のスタンドがあるぶん、すぐに置けるというのは便利です。

更新: 2019/08/14
総評

一眼レフに愛を持っている人用

ビデオカメラがあれば必要なさげな本機ですが、ジンバルを利用した動画を撮れるというメリットもあります。ドローンを使うまでもない場面では活躍しそう。

  • 購入金額

    64,800円

  • 購入日

    2019年08月14日

  • 購入場所

    Amazon

5人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから