レビューメディア「ジグソー」

卒業式で撮影してきました^^

 

やってきました。OSMO MOBILE 2

先代のOSMO MOBILEも気にはなっていたのですが、電池持ちが悪いということでずーっとどうしようかと悩んでいました。少しずつ価格がこなれてきて、さぁ買おうかな?と思ったらこちらが発表。

本来3月に届くと予約時にメールが来ていたのですが・・・2月8日着弾。まぁ海外の方はyoutubeでレビューしてたから日本が遅かっただけなんでしょうね。

早速開けてみました。外箱は、タイトルの写真のような感じです。(本当はカラーです。見出しの写真は白黒で撮影しています)

説明書と注意事項と、これ・・・この発泡スチロールの箱が結構頑丈そうで、持ち運びの時はこれに入れていたらいいのかな?(邪魔だけどw)

持った感触・・・結構重いです。女性は重いんじゃないのかなぁ・・・

導入理由

最近ビデオ撮影をするといってもほぼiPhone。写真はまぁたまに一眼や、コンデジが登場しますが、それでもiPhoneということが増えていました。歩きながらビデオ撮影することも多いこともあるのですが、iPhone7Plusの時も、iPhoneXも結構な手振れ補正が入っているので、正直なところスタビライザーが必要なのか?悩んでいました。

ゆっくり動かす、少し小走りになったり階段下りたり・・・こんな時は効果絶大。また、普通に構えていても微妙に手が揺れたり体が揺れたりしても、自然に写せるようになります。

手持ちの一脚も持っていますが、やはり取り比べると効果は大きいです。

 

 

 

 

更新: 2018/02/09

各部位

左上がジョイスティック。これでチルトや、パンなどiPhoneの方向をグリグリと・・・赤いボタンがシャッターの代わり。Mは、一回押すと、カメラの方向がロックされます。もう一度押すと、自分の進む方向にカメラが付いてきます。(このカメラの方向を自分の進む方向に一定させるのが結構ムズイ)

Mを2回押すと、カメラがホームに戻ってきます(元の位置。正面)3回押すと、インカメラに切り替わり自撮りモードになります。

三脚の穴がついていますが、ここに落下防止用のストラップをつけようかな・・・と考えています。

こちらがズームボタン。ターゲット追尾モードや、インカメラの場合などはズームは使えません。

片手で操作しているときにズームボタンは非常に押しにくいです。手は結構大きい方なんですが・・・

USBからiPhoneなどを充電することができます。

本体はこちらから充電できます。

ケースをつけていると、おさまりはあまりよくありません。薄型なら大丈夫だと思いますが・・・

充電しながらの操作は難しそうです。単純に反対にすると、インカメラはいいのですが、アウトカメラの場合は、スタビライザーのボディが邪魔をしてまともに撮影できません。

なので、この方向で使用するしかなさそうです。

 

設定・・・

iPhoneを取り付けて、銀の丸いボタンを回してスタビライザーの水平バーのロックを解除して、ばーを 引き出して・・・

このように左右どちらかにいかないようにします。

続いてiPhoneの水平を・・・

同じようにロック解除して、iPhone取り付けて、位置をずらしながら水平になるように・・・

こんな状態になれば、ロックしてOK・・・あとは電源いれるだけ。

Mボタンを長押しすると、電源が入ります。

 

アプリは DJI GOを使用しています。機能は色々とあるようなのですが、その中の一つ追尾を・・・

画面をクリックすると、クリックしたところのオブジェクトをターゲットとして追尾しつづけます。

ものすごくわかりにくい動画ですが・・・w

コーヒーのミルをターゲットにしているので、カメラのフレームから外れないようにカメラが抵抗していますw

これは本来ターゲット側が動くのですが、子どもなどカメラの中心に収めたい場合などはかなり有効かと思います。

 

更新: 2018/02/09
仕様と特徴

十分なんだけど、使用しながらiPhoneへの給電が・・・

OSMO MOBILE2 公式サイト

https://www.dji.com/jp/osmo-mobile-2?site=brandsite&from=homepage

 

SPEC

大きさなど

サイズ 295×113×72 mm 重量 485g モデル OM170

ジンバル

消費電力 1.2 W   *ジンバルのバランスが完全に取られており、理想的な条件下で使用した場合。 操作可能範囲 パン: ±160°   チルト:±155°(横向き時) 機械的な可動範囲 パン:±170°   ロール:-90~+70°   チルト:±170° 最大操作速度 120°/s 対応しているスマートフォンの幅 58.6~85 mm

バッテリー

モデル 2ICR19/66 タイプ 18650 LiPo 容量 2600 mAh 電力量 18 Wh 電圧 7.2 V 充電環境温度 5~40°C 動作環境温度 0~40°C 稼働時間 15時間   *ジンバルのバランスが完全に取られており、理想的な条件下で使用した場合。 充電時間 2時間

BlueTooth

モデル Bluetooth Low Energy 4.0

 

485gって、そんなに重そうには思えませんが、iPhoneが先っちょにくっつくとこれが結構重く感じます^^;バッテリーはかなり長持ちしそうですが、肝心のiPhone本体が、給電しながら録画できないと・・・

 

先日、iPhoneで一日撮影していたのですが、3時間ほどのビデオサイズになりました。途中充電しながらだったので、Osmo Mobile2だと、途中充電が結構難しそうなのでどうしようか悩んでいます・・・。BlueTooth接続で、位置情報もON,ワイヤレスもON・・・の状態の時はバッテリーの減りがかなり速いです。

 

 

 

更新: 2018/03/12
総評

中学校、卒業式で使用してみて。

娘の卒業式で使用してみました。

 

iPhoneX 256GB フル充電 wi-fi切り、GPS切り。輝度は真ん中。4K最高画質

まず、

良かったところ。

・ブレ・・・全くといって無しw 笑えるほど。

・意外と軽い。iPhone6だとかなり軽く感じました。

・意外と目立たない。自撮り棒が流行ったおかげかな・・・^^

 

気になったところ

・DJIのアプリを使用して、最大望遠(多分デジタル望遠?)になると、微妙に上下に小刻みに揺れています。iPhoneで見る限りはわかりません。TVでもわかりにくいのですが、最大で表示するとわかるので、4KTVだとわかるのかな・・・と。

・40分連続で撮影すると、さすがに腕が・・・持久力はそれなりに必要

・iPhoneのバッテリーが持たなさすぎ。せっかく、OZMOが長時間使えるのに・・・

・iPhoneのバッテリーを節約するために、iPhoneを閉じていると、DJIのアプリがBlueToothが接続されていても、されていないと判断する。そのため、DJIアプリを接続しなおす必要が・・・

・OZMOのアプリ以外で、OZMOのズームが使えない。手動での首振りはOZMO内で完結するので、問題ないのですが、ZOOMはアプリ側に依存しているようです。なんとか、標準のビデオアプリでもZOOM対応出来ないかなぁ…と思います。

・iPhoneを充電しながら使用したいですね。OZMOのUSBからiPhoneに給電できるのですが、実線をつなげないといけないのですが、線がちょっと邪魔。で、重いので、軽くて平べったいケーブルが欲しいですね。

 

と、こんなところです。

 

卒業式だったので、一切写真等は掲載できないので文字だけの感想となりますm(_ _)m

 

良かったところが少ないのですが、期待通り・・・という感じでした。

確かに、iPhoneをセットするのもレバーがアダプタ?が固かったりしますが、これも簡単に外れないようにするためだとか・・・(iPhoneを裸にしないとアダプターにはめ込むのが甘くなるため・・・裸状態はかなり不安になります)

 

まぁ色々あるのですが、とりあえずは満足です。

 

テストした状況

中学校の卒業式、上記にも書いたように、iPhoneはできるだけバッテリーを使用しないようにしていました。場所は体育館の中でしたが、異常に寒い1日でした。バッテリー持ちの悪さは、その影響がiPhoneに出ているかもしれません。

 

撮影した動画・・・

 

卒業式内でOZMO使用

1.0:51

.33:30 7.86GB

.0:37

.2:06

.0:30

6.15:30

7.6:46

8.0:45

9.1.06

10.1:27

11.25:17

12.0:14

13.01:53

屋外でOZMO使わず手持ち

14.1:09

15.0:09

16.3:01

17.0:31

18.0:09

合計 約1時間半 撮影した時点で、赤いマークになっていました。

何パーセントが残ってたいたのか、忘れてしまいましたがコンデジ携帯していればまぁなんとかという感じでした。いざとなれば、妻のiPhoneもあるし。

 

 

約2時間ほどの卒業式なので、iPhoneを充電する暇もなく、連続使用でしたので、結果としては満足でした。本気で撮影・・ならば、iPhoneXを2台用意すればいいだけですし。(バッテリー2個持ちのイメージ?w)

 

私の使用範囲では、許容範囲の結果でした。しかし、日常ではなかなかここまで連続で撮影することはないですし・・^^; ディズニー行っても途中は充電してるかな・・・?まぁ充電中に裸のiPhoneを落とさないかがかなり不安になりますが・・・

 

4Kで撮影したので、全部で30GBほどになりました。

 

今回4Kで撮影したのは、あとでコマで抜いて写真で印刷するためなのですが、

実際、どんな感じかというと、L版であればそれなりに問題なさそうでした。一眼に比べれば確かに

劣りますが・・・^^;

 

今回OZMOモバイルで席上から撮影したビデオは三脚使用していますか?と思われるぐらいにブレ無しでした。最大ズームしたときに微妙に上下にブレているのが気になりますが、それ以外は問題なしです。

 

通学路を歩きながら撮影したビデオもありますが、上下運動を少し気を付ければ、空を飛んでいるような感じで撮影が可能です。

 

写真も大好きなのですが、ビデオの方が良いかな・・・・と思われる場面では大変重宝しそうです^^

 

 

余談ですが、私がずーっと卒業証書授与を撮影していたら後ろから女性の声が「ずーっと撮りよるで。」「撮ってどうするんやろ・・」

・・・ほっといてくれw 娘に、友達が多すぎて名前言われてもわからんから全員撮ってる!それだけだ!w

 

家に帰ってから、娘とずーっとビデオ見ながら友達の説明を受けてましたw 子供のことをよく知るきっかけにもなるのにね・・・^^

 

あ、それからDJIのアプリ使用していると、ターゲットロックしてると、画面からターゲットが外れないようにiPhoneを勝手に動かしてくれるので、生で見ながら、撮影もさほど難しくないです・・・^^

安くなった今、気になる人は手を伸ばしもよいかも…おすすめです。

 

  • 購入金額

    16,450円

  • 購入日

    2018年02月08日

  • 購入場所

    Apple Store

17人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (4)

  • atsuo@tokyoさん

    02/09

    本品の発表は衝撃でした。
    3年前に約3万5千円出して購入したスタビライザーは動作音がうるさく使い勝手がイマイチでほとんど使いませんでした(未レビュー)。
    そして昨年夏にクラウドファンディングで応募のあったスタビライザーを約2万5千円で出資(発売は 3万5千円超)し年末に届くも未開封。
    そうこうしているうちに DJIの廉価スタビライザーが発表され、機能的にもあまり変わらずショックでした。まぁ、私の場合は GoProでも使えるのが前提なので比べるのも違うかもしれませんが、こんなに安価に性能の高そうなのが出るなんて...

    私が使わなくなったのは結局動画より静止画を撮りたいので、そもそも必要だったのか?ってのが大きいのだけど、スタビライザーで撮影した流れるような映像を見てしまうと自分で撮ってみたくなっちゃいます。
    追記も期待してます(^^
  • kumagumiさん

    02/09

    スタビライザーはあっという間に性能の良いのが安くなりましたね・・・^^;

    前のバージョンをすごく悩んでいたのですが、即、2の発表があって助かったって感じです^ ^
    手動のスタビライザーは持っていましたが、毎回設定が面倒で結局あらゴミに・・・w
    今回のMOBILE2は、室内撮りしかしていませんが、かなり使えそうです。
    設定もあっという間に終わりますし。動作音はそこそこしていますが、煩いことはないです。

    専用アプリを使わなくても、バランスは取ってくれるのでコンデジくくりつけて使えないかなぁ・・・とか考えていますw

    追記は少々お待ちを・・・m(_ _)m
  • mickeyさん

    02/10

    多分、同型を兄が購入し見せてもらいましたが
    滑らかに動いて驚きました。
    スキー走行時の動画を見せて貰ったのですが、
    有無での違いはあきらかで無いと酔いそうでしたw
他1件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから