レビューメディア「ジグソー」

シンプルで初心者でもわかりやすい

精度が悪いと思っていたFDM式のプリンタですが、食わず嫌いも良くないので、一番安いやつを試しに買ってみました。子供向けのようで、トランスフォーマーのコンボイみたいな雰囲気がかわいいです。

結果としては、非常に手軽で失敗も少ない感じなので、とりあえず試してみたい人におすすめです。

 

更新: 2020/12/21
実用性

サイズと使える材料には制限あり。精度は悪くないと思う

シューティングゲーム「雷電IV Overkill」のサイトからダウンロードした自機の3Dデータを試しに印刷してみました。

とりあえずFDM式のプリンタとしては十分な精度じゃないでしょうか。エッジもそれなりにしゃきっとしていて初期のダヴィンチ1.0とかのようなドロドロした感じではありません。

裏側はそれなりですが、やすり掛けなどで整えてゆきたいです。

欠点としてはプリントエリアが100x100x80mmと小さいのと、温度が低いのでPLA樹脂しか使えません。他のプリンタは加工性の良いABSも使えるようなので、そこは仕方ないです。

更新: 2020/12/21
操作性

簡単すぎて驚く

これまで仕事で試しに買ってみたUV硬化タイプの3Dプリンタを(Anycubic Photon)使っていましたが、設定のさじ加減が難しく、結構失敗していました。

 

このプリンタはモデルデータが入ったSDカードを入れて、開始ボタンを押すだけで、他の調整一切なしに印刷できます。

本体ボタンは「開始・一時停止」、「原点復帰」、「ヘッド加熱・冷却」の3つだけで、液晶も極めて小さいです。

ワンタッチであるためSDカードのどのデータを読むかを選ぶことはできません。

多分名前順で一番最初の奴が読まれるんですが、ファイルを1つだけ入れて使っています。

USB接続でも印刷できるようですが、試してはいません。

 

3Dデータを印刷用のGコードに変換するソフトも全部オートマチックで、サポートの種類を選択するくらいしかできません。1回だけ自動サポート生成がミスって、空中にモデリングし始めたことがありましたが、事前に「どんなサポート材がつくか」はソフト上で確認することはできますので、十分チェックしてから始めることです。

 

 

また、これはFDM式ならよくあることなのかもしれませんが、何回か造形中に底面が反ってはがれてきました。サポート形状にもよると思いますが、この辺も使っていくうちの慣れが必要かもしれません。

 

更新: 2020/12/21
総評

他の製品に手を出したくなる好印象な製品

とっても使いやすいですが、それだけに材料の制限とサイズ制限が気になってきます。

入門機としてはベストですが、実用的には大きめのものがもう一台欲しくなっていますので、4です。

  • 購入金額

    12,000円

  • 購入日

    2020年12月10日

  • 購入場所

    Amazon.co.jp

14人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから