レビューメディア「ジグソー」

スマホを利用した、レーダー探知機

槌屋ヤック製のGPSレーダー探知機。
スマートフォンのタッチパネルとGPSを使い、レーダー探知機の一部機能として活用する。

本来の製品は、これにスマホ用クリップが付属する。
運転中、視界に入って邪魔なので外してあるが、本来の製品はこんな感じ。

ぶっちゃけ、ダッシュボードの上に設置すると、かなり邪魔くさい。幸い、MicroUSBケーブルも長いものが付属しており、レーダー受信機部分は分離する構造な上、実はUSBは充電専用でしかないので、別系から充電すれば繋がずともOKだったりする。

受信機とスマホの通信は、Bluetoothに拠っている。かなり離した位置での設置も可能。
表示画面と操作パネルを兼ねるスマホは、運転席右側のドリンクホルダー兼用クリップに装着してあるが、これできちんと動作する。

設置における自由度が高いのが、この製品の強み。

但し、使用上の制限がかなり多い。
まず、対応するスマホの種類が余り多くない。
AndroidのVr4.0以降(4.1とかも駄目)は実質的にNGのようで、実は私が使っているXperiaZも非対応機種だった。(機種対応表はこちら)

幸い、以前持っていたスマホ(Galaxy-SII)が対応機種だったので、そいつにアプリをDLして使っているのだが、ここでも落とし穴がある。

この製品、実は使用中こそ通信していないのだが、アプリ起動時に製品購入者かどうかのチェックのため、装着されたSIMの電話番号を確認している。
SIMが装着された状態のスマホで、最初に起動したときに製品シリアルの登録が必要なのだが、このときにメーカー「シリアル登録に利用したスマホの電話番号」を登録管理しているため、スマホのSIMを差し替えたりすると、いきなり使用不能になる。

スマホの機種変更はOKのようだが、それでも対応機種以外だとどのみち起動不能。
私はスマホをIIJで10G契約しているため、SIMを一契約で三枚使える。
そのうちの一枚をデータ専用3G通信で利用(これだと、年間維持費が実質2円)することでこの辺りの問題を回避しているが、それ以外の方法で本製品を利用維持する場合、旧式のスマホのまま契約を維持するか、別途データ専用SIMを本製品のためだけに契約する必要に迫られる。
レーダー受信機を長期運用したいなら、はっきり言って別の機種を選ぶべきだろう。

ただ、レーダー受信機としての性能は、割と良好。
スクールゾーンや駐車禁止エリアの警告、LHシステムやオービスの警告は、全てGPS連動している上、スマホのGPSを利用しているため、かなり精度が高い。

また、警告音の変更、警告レベルの変更(最上位警告であるNシステムを、注意警告に下げる等)や停止、地点通過速度のお知らせ、GPS連動警告MAPの表示と、数万円する上位機種に匹敵する機能がある。

そのほか、GPSを利用したドラッグタイマー、走行中の平均速度計測、車の傾斜状態を示す角度センサなどもあり、それら全てをタッチパネルで操作出来るのは中々に便利。

維持の方法さえ確立できれば、安価に高性能なGPSレーダー探知機が手に入るので、私個人としては便利に使っているのだけど、正直その「維持の方法」を確立する手段が限られまくっているのが、本製品が「リサイクルショップで1500円」だった理由だろう。

現在も一部で通販が見られるが、それでも新品で5000円しない模様。

  • 購入金額

    1,500円

  • 購入日

    2015年07月頃

  • 購入場所

15人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから