レビューメディア「ジグソー」

Key=麻枝准でなければいけないこと象徴している作品

258個目の登録です。

まず、Key作品で初めて最初から最後まで泣きませんでした。オーラスエンドまで見ると、更に謎が多くなります。唯一のこのシナリオを理解する上で必要なヒントとして「Terra」の選択肢を間違えた時のBADENDが用意されているのだと思います。
友だちから借りてやってみたのですが、やはり初回限定版が欲しくなったので買って来ました。


以下ネタバレかも?








このゲームですが、ルチアとちはやをクリアーしないとそれぞれ静流と朱音ルートに入ることができません。なぜこうなったのかが分からないですが、なんとなくこの関係はガーディアンとガイヤの関係?のようにも思えます。
更に、後半のMoon編とTerra編は完全に読み物化されています。特にTerraは画面全体に文字が出てきて、イベントCGはほとんどありませんし、選択肢も一番初めに描いたところ以外は実質的に存在しません。

また、Key作品のオーラスといえば、(airやkanonは別ですが)CLANNADのAfterStory、リトバスのRefrainなど最後は主人公は奇跡で救われる設定になっているのですが、これは救われないで終わる設定になっています。また、Air(もうゴールしてもいいよね…とか、)やKanon(僕のこと忘れてください…とか)のような最終的に泣ける内容の部分がありませんでした。

このゲームのラストは小鳥ルートでは「小鳥、吉野」以外のオカ研メンバーが完全消失、ルチアルートでは「静流、ルチア」以外のメンバーが消失、静流ルートでは「静流」以外の(主人公含む)全員が消失、朱音ルートでは「朱音、吉野」以外のメンバーは消失、最後に「朱音と瑚太朗」は追放される。ちはやルートでは「小鳥」が行方不明になってしまいます。全員でhappyENDとなるになるルートがひとつもありません…。

オーラスEDを見た感想は「このゲームは何を言いたいのか理解出来ない」です。今までの設定は
air…家族
kanon…過去
CLANNAD…家族と街
リトバス…友情

Rewrite…嘘?環境問題?
という感じです。

さらに、他の作品は「地名」や「学校名」などは設定されていません。CLANNADの「光坂高校」や「光坂電気」はアニメ独自の設定です。にもかかわらず、何故かRewriteははじめから「風祭市」、「風祭学園」といった固有名詞が予め設定されています。なぜ設定したのかはわかりませんが、個人的にはものすごく、設定しないで欲しかったものです。

かなり謎が多く、後味の悪い内容でした…。

だいたい、ユーザーレビューが発売から数ヶ月間も「ルチアたんぺろぺろしたい」が『一番参考になったレビー』という状態になってました。ダメだろ…。

ちなみに、クリアーしていくごとにメニュー画面のヒロインが増えてきます。Keyらしい仕様ですね。

#PCゲーム
  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2011年11月16日

  • 購入場所

21人がこのレビューをCOOLしました!