レビューメディア「ジグソー」

【SY007】当時は高嶺の花だったインテル純正のPentiumプロセッサー(;=゚ω゚)=333

IntelのSocket7向けCPU「Pentium 100MHz」です。
2000年頃にジャンクで購入しました(;=゚ω゚)=333

【モデルナンバー(実クロック)】100MHz (FSB66MHz)
【コードネーム】P54C
【製造プロセス】0.6um
【L1/L2キャッシュ】L1:16KB/L2:無し
【コア電圧/TDP】3.3V(単一電源)/不明
【主な拡張命令】x87
【内蔵GPU】なし
【Socket/Slot】Socket5/7
【sSPEC】SY007
【リリース時期】1995年頃
【発売時の記事】
見つからず(´・ω・`)・・・

Pentiumとしては第二世代にあたるP54Cです。(初代はSocket4で5V駆動だが・・・ほとんど出回らず) 
重くて文鎮に使えそうw
重くて文鎮に使えそうw

当時、動作が重いが、革新的なOSであるWindows95が登場すると、一気に普及していきます。Win95自体は486でも動作が可能ですが、動作がもっさりしていました。

P54CのプラットフォームであるSocket5/7ではベースクロック66MHz化に加え、PCIバスに加え、SIMM×2枚による64bitアクセスをサポートし、プラットフォームとしての体感速度が大きく向上していました。

従来の486では整数倍だった内部クロックの倍率も、本機のように66MHz×1.5倍=100MHzと0.5倍単位でサポートするようになりました。

こいつは灰色なセラミックパッケージですが、金色の高級そうなパッケージも存在していました。

ちなみにこのCPUは浮動小数点演算のバグが解消されているタイプです(^^;


数個所持していますが、数年前に登録したものとsSpecが異なりますね。

  • 購入金額

    1,000円

  • 購入日

    2000年頃

  • 購入場所

    日本橋のどこか

19人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • ふっけんさん

    2013/07/08

    かずや。 さん

    実際にジャンク屋で文鎮にどうぞ!
    って書かれて売られていた時期があるのですよ(^^;

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから