レビューメディア「ジグソー」

必要な温度のお湯を、すぐに用意。LEDが光るガラスケトル

以前まで使っていたガラスの電気ポットが壊れたので、同製品の新モデルに買い換えました。
壊れた原因は、加湿器がわりにお湯を沸かしまくっていたところ、回線が焼き切れてしまったようで最終的には接続する金属部分が熱で変形していました。まぁこんな無茶な使い方をする人はいないと思うけど。。。

前に使ってたケトルがコレ↓

 


新モデルのガラスケトルは容量アップ、そして旧モデルは LED がブルーにしか光らなかったのですが、6色に光ります。すごい! かっこいい!
ということでこの商品に買い換えました。

 

Estale というよく分からないメーカーです。
僕は旧モデルも使用していたので購入に懸念はなかったです。

外箱にも説明があるのですが、水温で LED が6色に光ります。
「温度ごとにカラーライトが光ります」という説明から、沸騰するまでの水温で色が変化していくと錯覚してしまうのですが、違います。
設定温度にカラーがあらかじめ割り当てられていて、その温度にセットすると該当のカラーに光るという意味です。

カラーは、
グリーン50℃ > ブルー70℃ > イエロー80℃ > バイオレット90℃ > レッド100℃

となっています。
お茶に使いたいから80℃にセットした際にはイエローに光るという具合です。つまりカラーは水温ではなく、設定温度で光るということですね。

どう考えても水温でグラデーションのようにLEDカラーが変わっていくほうがかっこいいのですが、規格設計者がもう少し考えてほしかったデザインですね。

 

ケトル本体をひっくり返したところ。旧モデルでは、この底面の接続する金具部分が壊れました。今回は大事に使います。

 

ケトルを置くステージ部分。ここにドッキングして電気が通る仕組み。
旧モデルは黒いプラスチックでしたが、ステンレスになってちょっと高級感あります。

 

本体外観。スマートというより、少し大きめな感じがします。
1.7リットルという容量は嬉しい人も多いと思いますが、1人暮らしの僕にはいっぱいまで使う機会は今んとこありません。
旧モデルもそうだったのですが、持ち手の部分が厚いです。ガッチリと持つことができるので少し安心。

 

お湯の注ぎ口にはフィルタがあります。網ではなくステンレスフィルターのような感じ。紅茶入れたりするのに使えそう。

 

持ち手の上部には液晶パネルと操作ボタンがあります。
この液晶パネルは優秀で、水温が常時表示されます。
ウチの場合、給水した際に20℃と表示され、電源を入れて沸騰させると 100℃まで上がるのを目で確認することもできるので、コーヒーの場合など「90℃ でもういいや」と止めるなどできます。水温をコントロールできるのは地味に便利です。

この位置にボタンがあることのデメリットもあります。
必然的に持ち位置が、ボタンに親指が当たるポジション、取っ手の上部になるためお湯を注いだ時に親指に熱気がかかって熱いということです!
取っ手の真ん中や下部を持てば全く問題ないのですが、このボタン位置に導かれて取っ手の上部を持ってしまうとこういう失敗があります。
取っ手を指の窪みに合わせたカーブを作るとかで持ち位置を誘導するなど、デザイン的な解決策はいくらでもあったんではないだろうか。
慣れてしまえば手の持ち位置を自分が記憶してしまうのでこういうことはないのですが、最初のうちは同じ失敗をしてしまう人も多いと思います。

あと、注ぎ口の形状からお湯を注ぐ角度が急だと、お湯が注ぎ口以外のところからドバドバとこばれます。
他の機種のように、蓋が完全にロックされるような形状だとこういうことはないのですが、ガラスの淵の上部に蓋が合わさっているだけの構造なので、どう考えてもこうなります。値段を考えればそりゃそうですよね。
これも構造を把握して、注ぎ口の角度に慣れれば問題ありません。
割と癖があって馴染むまで使い方に悩むケトルですね。



ガラス製の1番の魅力はやっぱり掃除の簡単さで、汚れがつきにくというのが良いですね。水垢もつくとなかなか落とすの難しいので。

更新: 2021/05/07
デザインと外観

必要な時に必要なだけの量の必要な温度のお湯を沸かす

僕はガラスの透明な素材感が好きで、家電や家具、表札までガラス製にしているのですが、掃除のしやすいガラス家電はとても便利です。

 

何度か書いていると思うのですが、僕の好きなイメージは、シルエットではなくマテリアル感。デザイナーズ家電の使いにくい形のものより、プロダクトとしての理由が存在する普通のものが好き。

 

常時ポットにお湯を沸かして保管しておき、使わなかったら捨てる、というそんな価値観と生活はあまり好きでは無いので、ちょっとのお湯を好きな量と正確な温度で簡単に沸かせる電子ケトルというプロダクトコンセプトは自分のライフスタイルにとっても合っています。

更新: 2021/05/07
メンテナンス性

ガラスならではの機能性

雰囲気からして重厚であんまり壊れるイメージがありません。

1年ほど経ちましたが、今んとこ壊れる雰囲気もなし、汚れも全くないですね。

 

ガラスという材質が、つるつるしていて汚れが付きにくく洗いやすいということもあり、重曹などを放り込んで一晩置いておくだけでこびりつく水滴の跡なども消えて綺麗になります。

更新: 2021/05/07
コストパフォーマンス

安くてOK

形や機能ともに大満足というものではないのですが、ガラス製のケトルでコスパが良いものは少ないので、満足して毎日使っています。

高価で高級なデザイン家電としてのガラスケトルは多いのですが、庶民価格のものは少ないですね。

 

1.7L容量なのですが、1杯のコーヒーを飲むのに使うことが多いため、いっぱいになるまでお湯を沸かしたことがありません。もう少し小さいケトルでも良いですね。

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2021年04月18日

  • 購入場所

9人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから