レビューメディア「ジグソー」

何も足さない、何も引かない..!

フォノカートリッジ ENTRE(アントレー) 「EC-35」

㈱ソルティア・アコースティックが1982年10月に発売したENTRE EC-35フォノカートリッジですMC型 0.25mV ボロンパイプカンチレバー採用 40年前に発売されたカートリッジですが動作OKでした 今回カートリッジは針カバー付属せず。   

   

        

    

     

   

      黒いカンチレバーがボロンパイプカンチレバー(オリジナル) 既出...      

  

       

  

■価格 28,000円
■発電方式 MC型
■出力電圧 0.25mV(1kHz)
■針圧 最適 1.5g
■再生周波数帯域 10-50,000Hz
■チャンネルセパレーション 28dB/1kHz
■チャンネルバランス 1dB/1kHz
■コンプライアンス 15×10-6cm/dyne
■直流抵抗 
■負荷抵抗 
■内部インピーダンス 3Ω
■針先 0.3×0.8mil
■自重 5.9g
■交換針 現品交換(17,000円)
発売  1982年10月
■販売終了 1988年頃
■備考 価格は1982年頃のもの

ボロンパイプカンチレバー採用。 

(ヘッドフォン近代博物館さんからコピーです)

 

 

やや判りにくいですがカンチレバーの先端から根元にやや戻ったところに無垢ダイヤ針が付いていま

す 針先の形状は斜め三角になっています 凄く小さいです ダイヤ針の取り付け方法はよくわかりません。     

      青ピンチップの被覆カバーが外れかかっています          

   

      周波数特性 参考値とお考えください      

     

音質はドンシャリではなく、やや端正な優等生的再生音です クラシックやボーカル曲が綺麗にきこえたり、楽器パートがそれぞれに(混然となっていなくて)聴き取れます クラシックオーケストラを前提にしているカートリッジなのかも。ボロンという物質は音の伝搬が速いのですが、だからといって高音が強調されて聴こえると言うわけでもないようです 透明度の高い、凜とした再生音だと思います 再生音を変に脚色して無いカートリッジですね  ピュアモルトでなくピュアカートリッジ?   

   

   

   

 

 

      アントレーヘッドシェル(指掛けは違うようです)    

  

      針カバーは付いていませんでした 針先摩耗、ダンパーは大丈夫でした       

  

        

1KHz再生時の高調波発生状況 黄色枠背が高い波形が1KHz, 順次2KHz,  3KHz 奇数次の3KHzが少ないのが歪率的に低くなります 1KHz以下は低域のノイズです。 

        

   

            此方は以前,EC-35針折れカートリッジを修理した物を再度計測 R-CHです      

 

   

   

 

    

 

                                     針折れ品 

 

 

 

 

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2019年06月頃

  • 購入場所

11人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから