レビューメディア「ジグソー」

Androiderにおすすめ

懲りもせずIndiegogoでおもしろそうなクラウドファンディングを漁る日々。39ドル(プラス送料5ドル)で出資したFuncl AIが年末に中国から発送され、2019年1月初めに着弾した。

 

更新: 2019/08/15
使用感

これは買いですな

同梱物は以下の通り。

 

付属品は、ケース充電用USB-Microケーブルと、パッドが大中小。今さらUSB Type-Cでないのが残念。パッドはふにゃふにゃしていてコシがなく、音質や装着感を求めるなら別製品をあたった方が良さそうなものだが、まずはこれにて試用してみる。

ケースを開けるとこんな感じ。ペアリングもスムーズで、かつBT5.0の恩恵でいったんつながると途切れにくい。安定感がBT4.2までとは大きく違う。日常的に使っていて、途切れるといえば地下鉄でドアが開く際にあるかないかといった程度。

 

 

 

アンドロイダーにうれしいBT5.0 & Apt-X対応

そしてアンドロイダーにうれしいApt-X対応。完全ワイヤレスかつBT5.0でApt-X対応はあまりなく、あっても高価なものなのでこれが本製品の真骨頂。まだエージング段階とは思うが、最初聞いた時には、あまりにもスカスカで、外れを引いたか、と思うほど、音場の空気感が独特。すかっと抜けているというか、音の密度がそれほどないというか。低音は、それほど主張しない、つまりあからさまな強調はしていないものの、バスドラはドコドコしているし、ベースはブンブン。そしてその2つが混ざり合うということはない。音の分離がいいので、定位感もしっかりしている。

 

2つのヘッドセットも、ケースに磁石できちんと収まり、「収納したのに充電されていなかった」という事態も今のところ起きていない。つながればうどん部分の下部にあるLEDが白く光り、充電中は赤く点滅する様も、大人風でいい。

 

ケース兼充電器兼充電池は、放電もそれほどひどくないため、「充電しようと思ったらケースの充電池がもう切れていた」というあのがっかり感もない。往復1時間の通勤で使っていても、充電が必要になるのは1週間に1回程度。

更新: 2019/08/15
改善すべき点

あと一押し

1)公式Appが残念仕様

ウリの一つであるAIエージェント機能は、本機独自のものを使うためには、Google Playから「FUNCL」というアプリを導入すれば使える。しかしこのアプリが、肝心の本機と接続が悪く、BTはつながっているのに検索しても見つからないといった迷子状態がほぼデフォルト。しかもAIを待機させる意味だろうが、バックグラウンドで常駐し続け、もちろんバッテリー使用もする。それなのにAIの応答性が悪く、控えめに言っても、ほとんど使いものにならない。

 

さらに私の環境では、肝心のBTの接続性を損なう場面が目立ち、さっそくアンインストールした。ファームウェアのアップデートなどではこのアプリが必要のようなので、その必要が出た時にのみ利用する形にするつもり。

 

また説明書によると、左側のヘッドセットを2回タップでGoogle Assistantが起動するはずなのだが、これまた起動せず。

 

従って、ウリのAIをまったく使えていない状態で、純粋にヘッドセットとして使っている。が、それでもAIなんていらないと思うほど、ヘッドセットとしての完成度と使い勝手はいい。

 

2)右左がクロス

初めにケースから取り出す際、ふたを開けて右側にあるイヤフォンを右耳に入れてはいけない。それは左用だからだ。つまり、ケースに収納する左右と、実際に使う左右は反対ということ。しかも、ヘッドセットにあるLR表記は、充電端子の下にうっすらと印字してあるのみで、視認性はすごぶる悪い。ケースから出す際、入れる際に、右を左に、左を右に、という「クロス」をしないときちんと使えない。

 

ちなみに、右にあるものを右耳に入れようとしても違和感が大きい。そして右耳にあったものをケース右側に入れようとすると入らない。従って、使うときとしまうときに入れる場所を間違うということがないようにはなっている。

 

このイヤフォンは、右側のタップで音楽の再生、停止、電話の受け答えなどをし、左側でAI系を操作することになっている。つまり、左右を間違えば、それもうまくできない。だからこのことはきちんと説明書に書いておくべきと思うが、そんな記述もなく、結構な落とし穴になっている。

 

3)充電すべき時期がいまいちわかりづらい

放電が少なく充電感覚が長くなることとの引き換えではあるのだが、いつ充電すべきか分かりづらい。使っていての目安は、ケースから取り出しても自動ペアリングしない時はバッテリー残量が少ない場合が多い。それでも、タッチボタンを左右それぞれロングタップして電源を入れればしばらく使えるため、そうと気づくまでは、接続が一時的に悪くなったのかなと思う程度。

 

スマホとペアリングすれば、上部の通知領域に電池残量も表記されるのだが、言わずもがな、ペアリングしてからでないと残量がわからないうえ、そのアイコンも小さいのでいまいち可読性が悪い。

 

こういったあたり、公式アプリではきちんとできるはずだが、前述の通り残念仕様すぎてアンインストールしているのでそれはなし。

 

こういう部分が洗練されればさらにいい製品になるはず。

更新: 2019/08/15
総評

十分満足

細かな不満点はあるものの、BT5.0の恩恵とApt-Xによって、もうワイヤードやBT4代には戻れない。時折、Bt4.2の別の完全ワイヤレスイヤフォンを使ってみるときもあるが、音楽を聴こうという気には到底ならない。

 

中華メーカーから同じようなものはたくさん出ているが、チップとバッテリーをケチらずきちんとしたものを選ぶのは本当に重要。

 

あまりに満足しすぎて、他のイヤフォンには食指が動かない。壊れるまで使おうと思います。

  • 購入金額

    39円

  • 購入日

    2019年01月08日

  • 購入場所

    Indiegogo

7人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから