レビューメディア「ジグソー」

メーカーのGeneral Electronicsとは一体…?

RaytheonのCK-1006の同等管。
作りはこちらの方が微妙に雑。
最大の違いは、ヒーターが逆にあるので、CK-1006のヒーターが手前に来るようにソケットを取り付けると、DR-1006だと奥になってしまいます。
なので、光る印象はかなり違う感じ。

 

あと、CK-1006の方が明るく、DR-1006の方が青が沈んだ色で落ち着いた感じがします。
CK-1006はセラミック?の筒の上から綺麗に光が円筒形に出ていますが、DR-1006はそこまで強くないです。

 

音は…んー、きちんと聞き比べてないので、いまいちわからん。

 

並べてみるとこんな感じ。
全体的に、CK-1006の方が作りが良いです。
同じ値段なら、DR-1006を買う意味はあまりないかも。

メーカーのGeneral Electronicsですが、GE(General Electronic)とは異なる様子。
ロゴも違うし、複数形だし。
調べるとCentral Electronicsという単語も出てきますが、謎。

ヘリウムガスを封入した整流管はRaytheonが初の製品として1920年代半ばに発売したType BからCK-1006へと進化をしていますが、DR-1006については全く情報が無い感じ。
CK-1006、DR-1006ともに、おそらく1933年頃の製品のようです。

今となってもまったく古めかしく見えないですね、これ。
整流効率はダイオード並に良いらしいです。

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2019年02月17日

  • 購入場所

11人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • aPieceOfSomethingさん

    02/21

    真空管のことはあまりよく知らないのですが、こんな風に青く光るものもあるんですね。
    とても綺麗ですね..。
  • ちょもさん

    02/21

    ガスが封入されているので、綺麗に光るんです。
    1930年代の製品ですが、古く見えないですよね。
    他にも、水銀が封入されていて、使用時に気化して青白く光るものもあります。

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから