レビューメディア「ジグソー」

故郷に帰って生き生きと歌うあやちゃんがまぶしい

所持する音楽データに対する私利私欲...イヤ私情私見あふれるコメント、音楽の杜。こういった分野のものは「好み」ですし、優劣を付けるのもそぐわない気がしますので、満足度の☆はあくまで私的な思い入れです。故郷に錦を飾る。都で成功して、故郷に帰ってくるのは、昔からその人にとっても周囲の応援していた人にとっても嬉しいことです。北陸の古都金沢に魅力的な歌声を響かせた金沢出身声優のライヴ映像作品をご紹介します。

 

そして「芋づる式洲崎綾 Part6」。Webラジオのキャラクターの面白さと天使の歌声のギャップ萌えですっかりファンになった洲崎綾(あやちゃん/ぺっちゃん/あやっぺ)関連。12月といえばあやちゃんのバースデイということで、それに向けてこの1年で増えてきた彼女の参加した作品や楽曲、Webラジオのイベントやそれらの関連商品まで、幅広く芋づる式にご紹介するシリーズレビューの6回目のついにラスト。

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS。2011年末のソーシャルカードゲームから始まったコンテンツ、ゲーム内のキャラクター=アイドルが歌う歌のリリースや、それらの歌を担当声優が歌うライヴイベント、さらにはアニメ化や、同じキャラクターを用いたリズムゲーム等のリリースを経て巨大なコンテンツに育ってきた。

 

ゲーム内キャラクターの持ち歌を担当声優が歌うライヴイベントも、キャパ約2000の舞浜アンフィシアター(×2公演)での1stソロライヴ

から始まり、1回公演とはいうものの10000人超の代々木競技場第一体育館での2ndライヴ、3rdライヴは

幕張メッセ国際展示場の北ホールを用いたもので12000人×2公演、4thライヴは

初の地方公演として神戸で2回、首都圏に戻ってSSA(さいたまスーパーアリーナ)で2回と規模が爆発的に大きくなったコンテンツだが、2017年はGW明けから「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 」と銘打って、宮城⇒大阪⇒石川⇒静岡⇒幕張⇒福岡⇒SSAと全国7か所で2公演ずつ、合計14公演を開催する規模のイベントへ成長した。

 

1stライヴはDay1、Day2、両日盤と3種類用意された映像作品も、最近は「3rdライヴ」「4thライヴ」でまとまって販売され、基本あやちゃんの歌さえあれば...という自分には重荷だったが(ただし、あやちゃん不参加の日のパフォーマンスで知らなかった声優さんを知れたり、良い曲に気付かされたりもしたので、買って後悔はしていないのだけれど...)、さすがに5thライヴは規模が大きくなりすぎたのもあり?各地公演バラバラに販売された。

 

あやちゃんは今回も全公演ではなく、SSAの一日と石川公演(両日とも)にのみ参加しているが、本作はその石川公演の映像化作品。

 

日本海側としては大きな都市だとは言うものの、あまりこういった全国数か所レベルしかない大規模ライヴで選ばれることは多くはない石川という地が、公演先に選択されたのはひょっとしたら石川出身のあやちゃんが関係している??

 

そういう意味では「凱旋公演」だった石川公演。この円盤にはフル尺の2日目の公演全容と、1日目は曲はダイジェスト、MCはフルで収められている。

 


 

旗を持ったキャストが入場し、今回センターを務める佐久間まゆ役の牧野由依からの開会コール?に続いてそのすぐ隣のセカンドポジションに位置するあやちゃんから「石川、盛り上がっていくげんねー」と金沢弁で掛け声があり、全員曲「Yes! Party Time!!(M@STER VERSION)」に突入する。この曲はシンデレラガールズとしては第3のゲーム、PlayStation VR用の「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」のテーマソング。本来の歌担当は、大橋彩香、福原綾香、原紗友里のアニメ主役トリオと黒沢ともよに三宅麻理恵の5人だが、今回の石川公演では誰も参加していない。ただタイミング的にこのライヴのテーマソング的位置づけでもあったので、順当かな。

この日のセンターは佐久間まゆ役の牧野由依(まきのん)
この日のセンターは佐久間まゆ役の牧野由依(まきのん)

 

空と風と恋のワルツ」は小日向美穂(CV津田美波)の曲で、相変わらずかわいらしいしぐさも「入った」熱唱だったが、今回のハイライトはセリフの部分が金沢弁に直されていたこと。♪あなたには/かなわない/いたずらに/笑って/フワっとなでて/声がふるえて/息がとまりそうなの/「だっ だめ…!」/そんなに/見ないで!♪⇒「だっ だめねんよ!」セリフは美穂として「演じる」パートでもあるので、キャラ声での金沢弁に会場大興奮。ちなみにこのライヴでは、MC明けの曲紹介は「次の曲は...この曲やよ」という形で金沢弁で行われた。

だっ だめねんよ!...
だっ だめねんよ!...

 

そして序盤のハイライトは、あやちゃん演じる新田美波の持ち歌「ヴィーナスシンドローム」の1stライヴ以来のフルコーラス歌唱。「サビ前」のこの曲、「新田美波の顔」でワンフレーズ歌うと、つづくイントロ部分で「みんな~ただいまぁぁぁ!」と叫んだあやちゃん、故郷への想いがあふれて、一瞬「洲崎綾の顔」に戻る。1stではまだ慣れない感じで?上半身の振りのみで歌ったこの曲だが、この日は二人のダンサーを従えてステージを広く使って表現。続くMCでのトークによると今までで一番気持ちよく歌えた、とか。地元で両親に成長を報告という意味もあったのかも(ラストのトークによると両親も呼んでいたようだ)。

この日も美波を纏って歌っていたけれど...
この日も「美波を纏って」歌っていたけれど...

 

...時々「洲崎綾」に戻る
...時々「洲崎綾」に戻ってニコッ

 

COOLの「静」のテーマ曲と言える「オルゴールの小箱」は、各公演で異なるキャラクターによって表現され、「色」がついていない曲なので、こちらのヴァージョンも美しい。もともとオリジナルは渕上舞や東山奈央、上坂すみれといった歌うまい声優で表現されている曲、この公演ではあやちゃん青木瑠璃子などが「芯」を務めた。ただ(ライヴでの歌唱順序を単純にする関係か)特徴ある声質で元曲では「スパイス」となっている白坂小梅(CV桜咲千依)に相当する森久保乃々役の高橋花林の歌唱位置を、オリジナルと変える必要はなかったのではないか(2コーラス目は小梅パートを歌ったが、1コーラス目は神谷奈緒のパートを担当)。

「オルゴールの小箱」のパートわりは再考の余地あり
オルゴールの小箱」のパート割は再考の余地あり

 

Love∞Destiny(M@STER VERSION)」は、もともと佐久間まゆ役の牧野由依、北条加蓮役の渕上舞がダブルセンターで、津田美波演じる小日向美穂と青木瑠璃子の多田李衣菜、大空直美の緒方智絵里からなるユニット「Masque:Rade」の曲だが、今回は牧野由依(まきのん)、青木瑠璃子津田美波の3人がオリジナルメンバーで揃っていて、それに金子有希花守ゆみりが加わった。この曲は片方のオリジナルセンターであるまきのんがいることによって、色っぽく妖しい感じのこの曲の魅力は損なわれていない。

あまり動きのないこの曲はこの5人ともこの定位置で世界を表現
あまり動きのないこの曲はこの5人ともこの定位置で世界を表現

 

生存本能ヴァルキュリア(M@STER VERSION)」は、やはりセンターがオリジナルだと締まる。もともとはあやちゃんに加えて、M・A・O、佐藤亜美菜、木村珠莉、金子有希の4人によるユニット「アインフェリア」として歌われる曲だが、あやちゃんのデレマスライヴへの出演率が高くないこともあり?また5人と結構な人数のユニットでもあることから、なにかと代役での歌唱が多い曲。この石川公演では、あやちゃんは参加したものの、他のオリジナルメンバーは金子有希(ねこちゃん)だけで、あとは長島光那(みつやす)、原優子(はらぼう)、春瀬なつみが埋める形。そのため今回は、上条春菜役のみつやすや向井拓海を演じるはらぼうのキレとパワーが加わり、より「ロックな」ヴァルキュリアに。会場限定CD

のソロヴァージョンでも感じたが、センターのあやちゃんに加えて歌声の「芯」となっているねこちゃんがいるので、半数以上のメンバーが変わっているのに違和感がないヴァルキュリアだった。

「生存本能ヴァルキュリア」は振り付けも雄弁
生存本能ヴァルキュリア」は振り付けも雄弁

 

ただこの後のトークの流れが面白かった。「生存本能ヴァルキュリア」の振りで、右手の手のひらを上に向けて見つめるようなポーズがあるが、ここであやちゃん、「これって、だれかを人命救助しているポーズなの?」⇒これにねこちゃんが「あやっぺ、最初チューみたいな人命救助の...」と言いかける⇒あやちゃん誰かがここにいて、人工呼吸している...?」⇒周りのみんな「これ、『女神のポーズ』って聞いてるよ」⇒あやちゃん....私じゃん」⇒(間)⇒観客大歓声⇒他の出演者が「女神様おる~」「石川の女神!」⇒あやちゃん自分で仕掛けておきながら、聴牌る「..う、うそだよ」「調子に乗りました<(_ _)>」「故郷石川だから大目に見てよ(^^ゞ

このポーズって、人工呼吸??⇒チガウから!!ww
このポーズって、人工呼吸??⇒チガウから!!ww

 

ラストの全員曲3連荘では、デレマスライヴを開くにはあまり大きくはない(←!基準がおかしい)この石川県産業展示館(キャパ約7000人)が有利に働いて、多人数歌唱でもあまり視線が散らばらない密集感が良かった。

全員曲でもワンショットでほとんどが写るこの密集感はそれはそれで
全員曲でもワンショットでほとんどが写るこの密集感はそれはそれで

 

今回はデレマスのメインともいえるユニット、ニュージェネレーションズ(担当声優:大橋彩香・福原綾香・原紗友里)が不在のステージだったが、センターをまきのんがビシッと締め、脇にご当地事情に詳しいあやちゃんと、デレマス最初期からのメンバー=ロリっ子龍崎薫役の春瀬なつみを置いたことで見事に公演として成り立った。

 

ラストのあやちゃんのトークでは、「(新田)美波のおかげで私は石川に帰ってこれたな」「今日は両親も来てくれましたし、すごく親孝行ができてうれしいんです」「シンデレラの曲って結構歌詞が響くでしょう?」「いっぱい共感しながら歌ってたんですけれど」「♪だってシンデレラはがんばりや、でしょ?♪という歌詞があるでしょ?」「石川にやっと帰ってこれたので、今なら『私がんばったでしょ』と言っていいのでは?と思って..」「心から笑顔になれた、幸せなライヴでした」と、ところどころ詰まりながら言葉を紡いだ。

挨拶がいつもまとまっているあやちゃんには珍しく「えと..」「あの..」と詰まりながらの挨拶に万感の想いが..
あやちゃんには珍しく、「えと..」「あの..」と詰まりながらの挨拶に万感の想いが..

 

自分としては演者の息遣いが聴こえる/観える規模のライヴしか行く気になれないので、せいぜい2000人前後の規模までのものしか興味がなく、ここまで大きくなったデレマスライヴは、今後もほとんど参加する可能性はないのだが、このライヴは現地にいても結構感動したのかな...

 


 

1か月以上にわたった6回目の「芋づる式洲崎綾」も、今回はあやちゃんの誕生日である本日で終了。

まだまだ触れられなかったものも多いけれど、デレマスという巨大コンテンツの石川公演、というあやちゃんにとってのハイライトで今回はいったん休止。

 

あやちゃん、誕生日おめでとう!

さすがに今回は一部曲順が変わっただけで同一プログラムだったけれど、トークはフルで収められた特典ディスクも添付

さすがにほぼ両日同一内容だったけれど、1日目のトークが全部収められた特典ディスクも添付

 

...さて、次はいつやりますかね...

 

...今回23連荘でご紹介してきたけれども、まだ1000ちゃん系とかバトガ系とか758系とか触れられなかったの多数、また現在進行形でリリスパ系とかひもてはうす、そして来年前半には魔法少女特殊戦あすかなど増えるのが確定しているので、来年はついに年二回やらなきゃダメかー...

 

【収録内容】

<DISC1:2017年5月28日 石川・石川県産業展示館・4号館>
1. OPENING「Serendipity Parade!!!」
2. Yes! Party Time!!(M@STER VERSION)
> MC1
3. エヴリデイドリーム
4. 恋のHamburg♪
5. 青空リレーション
6. 私色ギフト
> MC2
7. おかしな国のおかし屋さん
8. 空と風と恋のワルツ
9. ヴィーナスシンドローム
10. あいくるしい
> MC3
11. オルゴールの小箱
12. 絶対特権主張しますっ!
13. キラッ!満開スマイル
14. Star!!
> MC4
15. Sparkling Girl
16. Rockin' Emotion
17. Hotel Moonside
18. Jet to the Future(M@STER VERSION)
> MC5
19. Love∞Destiny(M@STER VERSION)
20. Nocturne
21. Sweet Witches' Night ~6人目はだぁれ~ (M@STER VERSION)
22. 生存本能ヴァルキュリア(M@STER VERSION)
> MC6
23. 夕映えプレゼント
24. M@GIC☆
> MC7
25. お願い!シンデレラ
※:洲崎綾参加楽曲

 

<DISC2:2017年5月27日 石川・石川県産業展示館・4号館>
1. OPENING「Serendipity Parade!!!」
2. Yes! Party Time!!(M@STER VERSION)
> MC1
3. エヴリデイドリーム~恋のHamburg♪~青空リレーション~私色ギフト
> MC2
4. おかしな国のおかし屋さん~空と風と恋のワルツ~ヴィーナスシンドローム ~あいくるしい
> MC3
5. 絶対特権主張しますっ!~オルゴールの小箱 ~キラッ!満開スマイル~Star!!
> MC4
6. Sparkling Girl~Rockin' Emotion~Hotel Moonside~Jet to the Future (M@STER VERSION)
> MC5
7. Love∞Destiny(M@STER VERSION)~Nocturne ~Sweet Witches' Night ~6人目はだぁれ~(M@STER VERSION)~生存本能ヴァルキュリア(M@STER VERSION)
> MC6
8. 夕映えプレゼント ~M@GIC☆
> MC7
9. お願い!シンデレラ
BONUS
・開演前のご挨拶
・終演後のご挨拶
・舞台裏映像「Serendipity BACKSTAGE!!!」
※:洲崎綾参加楽曲

 

「【石川公演】THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 」

更新: 2018/12/21
洲崎綾推し的オススメ度

なんといっても気持ちの入り方がすごい

新田美波を纏っているときも、素の洲崎綾である時もものすごく気持ちが入っている。必見・必聴。

  • 購入金額

    9,612円

  • 購入日

    2018年06月13日

  • 購入場所

    とらのあな

10人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから