レビューメディア「ジグソー」

中高音(中~高音ではなく)が伸びる、効果がわかりやすいリケーブル

 

NICEHCKの銀メッキ6N銅線、端子はMMCX⇔3.5mm。

 

今までリケーブル用ケーブルというと、カスタム2pin⇔2.5mmバランスを中心に入手していたので、はたと気がつくとWestone UM Pro50

のプレミアムレビュー課題、リケーブル検証に必要なMMCX端子のモノがほとんどない。特にUM Pro50の標準添付品は3.5mmアンバランス仕様なので、そのバリエーションはつい先日正月特価で入手したもの

以外なかった。

 

そんなとき見かけたTweet

 

もともと3000円チョイという安価な銀メッキ6N銅線のイヤホンリケーブルが、さらに300円引きと。

 

もしUM Pro50に(音色的、あるいは物理的に)合わなくとも、他のMMCXイヤホンに使えるかと入手(←気がつけばいつの間にか3つもあるw)。

 

NICEHCK(HCK/Shenzhen HCKexin Electronic Technology Co.,Ltd)はAliExpressに店を構えるポータブルオーディオ専門店。イヤホン系ではLZやKZ、auglamourといった何かと話題の中華イヤホンメーカーに加えて、オリジナルも取り扱う。

 

AliExpressのほかにAmazonにも店を出していて、ときどきそこの宣伝を少しこなれていない日本語でTweetしてくる。

 

適合機種に「SHURE SE215」とあったので、自分のSE215 Special Edition

でも使えるはずだと。

 

SE215 Special Editionは純正ケーブルのママだと(純正でもフォーム系のイヤーチップを使っているせいもあって)低音が結構ガツンと出て、シンバルのあたりの音がそれを彩る。いわばドンシャリ系(バランスとしてはドンシャリくらい)の音造りで、相対的にヴォーカル、特に女声ヴォーカルは少し沈む。自分としてはそこがイマイチで、あまり出動回数が多くないイヤホンなのだが、そこが改善されればUM Pro50に合わなくても良いかと。

 

ケーブルはチャック付きポリ袋の簡易包装で届く(これ一品のためにAmazonがいつもの30×25cmくらいの箱で送ってきたのはびっくりしたけれど)。

両端の端子を表すシール(MMCXコネクタ 3.5mm)は裏面に貼り付け
両端の端子を表すシール(MMCXコネクタ 3.5mm)は裏面に貼り付け

 

テグスのような光沢を持つ美しい外観
テグスのような光沢を持つ美しい外観

 

両端の金メッキ、コネクター/プラグのつや消し銀、透明感あるケーブルと樹脂部品
端子両端の金、コネクター/プラグのつや消し銀、透明感あるケーブル&樹脂部品と美しい

 

外観は上品。銀メッキらしく透明シースのケーブルで、それが綺麗なサンドブラスト仕上げシルバーの端子(MMCX/3.5mm)につながる。絡み防止スライダーおよび3.5mmプラグとケーブルの接合部の仕上げは半透明の樹脂が使われている。ケーブル自体は分岐前が4本編み、分岐後のIEM側が2本編みでとてもしなやか。編まれているので、ひねるようにすると反力があるが、普通に使う分にはほとんどクセもなく扱いやすい。MMCX端子側には耳かけ用ワイヤーは入っていないが、ケーブルが柔らかいので耳たぶ裏に沿わせることは容易。しかしワイヤーレスなので、そのワイヤーの力で耳に引っかけて固定するというような使い方は適さない。

純正に比べてしなやかで、取り回しが良い
SE215se純正に比べてもしなやかで、取り回しが良い

 

MMCX周りも「当たる」事はない
MMCX周りもコンパクトで「当たる」事はない

 

肝心の音の方だが、SE215 Special Editionに使うと、低音は相対的に少し引っ込むが中高音域が明らかに充実し、明るくなる。超高音域まで伸びていくような感じはないが、ちょうど女性ヴォーカルのあたりにフォーカスが来て、SE215seの欠点を完全に覆すナイスな(←死語)効果。

 

約3000円なら、SE215seの本体価格とも釣り合いが崩れるほど高いわけではなく、それでいながら多分誰でもわかるレベルで音が変わる(少し低域が引っ込むので、音・音楽の嗜好によっては、それが好みの方向の変化かと言うのはまた別の話だけれど、音数、見通しなどは純正より明らかに上)。

 

コストパフォーマンスは高く、いわゆる「最初のリケーブル」としてはオススメだと思います。

 

【仕様】

導体:銀メッキ6N OFC
3.5mmアンバランス端子処理:金メッキ

3.5mmアンバランス端子形状:I型
MMCX端子処理:金メッキ
ケーブル長:1.2m

保証:1年間

更新: 2018/01/30
音質

中高音域の広がりと低次倍音の充実による「立ち」が良い

銀メッキ銅線の特徴というか、基本高純度銅ベースのしっかりした音に、低次倍音のあたりの華が加わり、広がりと打楽器のアタックの速さを出している。

更新: 2018/01/30
取り回し

2本編みのMMCX側だけでなく、4本編みのプラグ側まで非常にしなやか。

4本編みとなる3.5mmプラグ側でも、喜平チェーンのようなしなやかさで、ほとんどクセがない。MMCX側はさらに柔らかく、耳の後ろを沿わせるのにストレスがない。ただし、耳かけ部分にワイヤーは仕込まれていないので、その部分でイヤホン/IEMを保持することは出来ない。

  • 購入金額

    2,900円

  • 購入日

    2018年01月29日

  • 購入場所

    Amazon

16人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • harmankardonさん

    2018/01/30

    結構高そうなケーブルに見えますね.
    プラグ側がL型なら更に良さそうです.
  • cybercatさん

    2018/01/30

    見栄えは良いですね。
    L型プラグって安っぽいのが多いので、I型にしたのかな?見た目でw

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから