レビューメディア「ジグソー」

モーツァルト 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 交響曲第23番二長調KV181  交響曲第29番イ長調KV201  テオドール・グシュルバウアー指揮 ボーンマス・シンフォニエッタ

かなり有名でクラシック曲のスタンダードになっています。

モーツァルト 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 交響曲第23番二長調KV181

交響曲第29番イ長調KV201  テオドール・グシュルバウアー指揮 ボーンマス・シンフォニエッタ

日本コロンビア 1973-12発売 OP-7014-RE

    

本作はモーツァルトの楽曲の中でも非常に有名な曲の一つであり1787年8月10日にウィーンで作曲が完了された。この期日はオペラ・ブッファ『ドン・ジョヴァンニ』の作曲中の時期にあたる。ただし何らかの機会のために作曲されたと考えられるが、初演に関する史料は残されていない。

父の死(1787年5月28日死去)の2ヶ月あまり後に作曲。

アルフレート・アインシュタインは、モーツァルトは同年の『音楽の冗談』(1787年6月14日に作曲完了)によって失われた音楽の秩序を回復するために作曲したと推測している。

なお旧全集の楽譜に通し番号の13番が充てられたため「セレナード第13番」と表記されることもある

ドイツ語でEineは女性形の不定冠詞、kleineは「小さな」の意の形容詞kleinの女性形、Nachtmusikは、Nacht(夜)+Musik(音楽)の合成名詞で、「小さな夜の曲」という意味である。かつて日本語では「小夜曲」と訳されていたが、今ではほとんど使われなくなっている。この題名はモーツァルト自身が自作の目録に書き付けたものである。

 

 

   

ボーンマス交響楽団とは別に、小規模な作品を演奏するために1968年に設立されたボーンマス・シンフォニエッタ(Bournemouth Sinfonietta)というオーケストラが存在した。このオーケストラは、後に独立した楽団として演奏・録音活動を行ったが、1999年に財政的理由で解散している。

 

当レコードの録音は1968-1973年と思われます 

 

   

   

   

     

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    不明

  • 購入場所

15人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから