レビューメディア「ジグソー」

USBサウンドカードでは唯一120dB

ゲーム向けポータブルUSBサウンドユニットです。同社 Sound BlasterX シリーズのゲーミングヘッドセットを念頭に置いて設計されていますが、もちろん一般のヘッドセットやヘッドホンで使用することもできます(ヘッドホンアンプが内蔵されており、32~600Ωのヘッドホンに対応します)。

 

この製品のすごいところはS/N比が120dBあることで、安価なDACであれば100dB程度であるところ、その10分の1の雑音ということです。これはUSBサウンドカードではこの機種だけです(価格.comでの話。平成28年9月14日現在)。もちろん音楽鑑賞にも適しています。

 

注意すべき点は、最初に接続した時に自動でインストールされる汎用ドライバでは使わないことです。ドライバCDは付属していないのでオンラインでドライバと専用ソフトウェアを取得する必要があります。インストール後再起動するとフル機能が使えます。

更新: 2016/09/14

ノートPCと接続して簡易歪率計にする

ところで、アンプの性能を表す指標として「THD+N」があります。これは和訳すると「全高調波歪及び雑音」のことです。これを計測するには「オーディオアナライザ」という高価な機械が必要で、間違ってもおいそれと買うようなものではありません。

高価な機械の代わりにWaveGeneとWaveSpectraというソフトウェアを使うことで簡単にそれなりの計測ができます。オンボードでもそれなりの精度は出るようですが単にループバックしただけでは発振するなど悲惨なことになります。また、特にデスクトップPCではハム音の問題があります。そこで外付けサウンドカードを使うのですが、実はこれを目的に購入しました。

 

Sound BlasterX G5 の専用ドライバは ASIO に対応しており、外部ループバック(ライン出力とライン入力をケーブルで直結する)では適切な設定をすると歪率0.001%(THD+Nは0.004%程度)となります。不要な入力をオフにしないと、ノイズフロアが上がってしまいます。また、計測用に使うにはダイレクトモード(オーディオプロセッサをバイパスする)に設定する必要があります。

 

Sound BlasterX G5 外部ループバック特性
Sound BlasterX G5 外部ループバック特性

  • 購入金額

    15,984円

  • 購入日

    2016年09月08日

  • 購入場所

    ソフマップなんば店ザウルス2

7人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから