レビューメディア「ジグソー」

軽くて使いやすいゲーミングマウスです

私はPCではゲームしませんが、「テックとクールの違いがよく分からない」でお馴染みの、栄光と信頼のロジクール社のゲーミングマウスを職場と自宅で使っています。

 

今回は同社のG402というゲーミングマウスを購入してみました。

 

hoge
Gのロゴが鼓動のように光ってお洒落です

 

Macに付属しているAppleのキーボードは慣れると普通に使える様になるのですが、マウスはちょっと相性が悪いのと、カスタマイズできるボタンが多くあると何かと便利なのでいつも同社の製品に交換しています。

更新: 2017/03/21

G402の仕様

自宅と職場で同じソフトを使っており、マウスでのショートカットやアクションの使い勝手を合わせるために入力デバイスも統一していますが、愛用のG501sはもう販売していませんでした。

 

そこでG502が候補に上がりましたが、息子の「妖怪ウォッチ3 スキヤキ Amazon限定バージョン」に予算を奪われたのでG402を大購入となったわけです。

 

hoge
パッケージ

 

特に新製品というわけではないようですが、公式サイトの一覧にも載っている現行モデルです。

ライトブルーとブラックの素敵なパッケージです。

表紙が扉のようになっていて中が見えた気がするのですが、捨ててしまったのでどうだったか分かりません。

 

hoge
有線マウスでございます

 

マウスとキーボードは有線と決めています。

Bluetoothでもきちんと動作すると思いますが、単純に好みの問題で何かの拍子に無反応になってしまうと悲しい気持ちになるからです。

 

hoge
8つのボタンを備えています

 

スクロールホイールのクリックを含めて8つのボタンが備わっており、カスタマイズ可能になっています。スクロールホイールはラチェットのみでフリーにはなりません。

 

 

hoge
底面

 

レーザーセンサーは中央にあります。

職場で使っているG500sは上にオフセットしているので、同じソフトでの使い勝手が変わるかなと思いましたが、そもそも重さも形状も全く違うマウスなのでセンサーの位置は影響ありませんでした。

 

ウェイトカートリッジ装着の機能はなく、かなり軽い感触のマウスだと感じます。

更新: 2017/03/21

Macでも使えます

G402はMacでの対応が表記されていませんが、公式サイトから普通にMac用のドライバーユーティリティがダウンロード可能です。

 

hoge
Mac miniに接続したところ

 

ブルーのインジケーターランプがスマートですね。

 

取り付けたMac mini

Mac miniはマウスとキーボードが別売りですので純正マウスをムダにしなくて済みました。

更新: 2017/03/21

Logicool ゲームソフトウェア

以前はステアーマウスというシェアウェアを使っていましたが、いつの間にか純正ドライバーが登場しました。

 

hoge
Logicool ゲームソフトウェアの日本語版が利用できます

 

hoge
下のメニューがG500sよりも多く、独自の機能が利用可能のようです

 

hoge
ボタンのカスタマイズの他、ライトの設定も行えます

 

G402はGのマークが点灯するようになっており、明るさや光り方がカスタマイズできます。

機能はとても多く、私が使わないものも結構あります。

 

hoge
G402に搭載されたフュージョンエンジン

 

G402は「高速移動に対応したゲーミングマウス」という特長を備えており、フュージョンエンジンというトラッキングを向上させる技術が使われています。

 

ゲームをやってみないと実感はできないと思いますが、デスクの上でマウスを動かしてみました。

光学センサーのみの時よりもトラッキング性能が向上しているようです。

最大420ipsというスペックだそうで、プロゲーマーのマッハなマウス裁きにも追従してくれるっぽいです。

更新: 2017/03/21
使いやすさ

細かい作業もスムーズに行えます

トラッキング性能の高い同社のゲーミングマウスは、ゲーム以外にも入力デバイスとしてとても優秀で細かい作業などがストレス無く行えます。

 

hoge
Photoshopでごみ消し中

 

何も考えずに撮影すると後処理が大変ですが、ごみ消しもほんの数分でだいたい終わります。

 

マウスでの作業では、カーソルが飛んだり追従性が悪いとものすごいストレスになりますが、サクサク作業が行えます。

 

やったことありませんがFPSでどのエイム動作もやりやすいのではないでしょうか。

 

更新: 2017/03/21

Logicool Arx Control

セキュリティソフトに含まれているNetBarrierを見てみると、頻繁にドライバーユーティリティが通信しているのを見つけました。

 

ネットに出てはいないようで、調べてみるとどうやらスマートフォンのアプリと連携する機能があるようです。

その機能をカットすると通信がなくなるので、スマホとデータのやりとりをしているようです。

 

 

hoge
NetBarrierの画面を見るとLogicoolゲームソフトウェアが頻繁に通信をしています

 

Logicool Arx Controlというスマートフォン用のアプリ

 

マウスの設定からPCの情報表示までいくつかの機能があるようです。なかなか面白いアプリですね。 

更新: 2017/03/21

まとめ

一日の中でかなりの時間触れているマウスなので、使い心地にはこだわりたいところです。

 

ゲーミングマウスは操作性の高さから普段使いにもとても便利なマウスなので、多少値は張りますがおすすめです。

  • 購入金額

    5,410円

  • 購入日

    2016年10月26日

  • 購入場所

    ヨドバシドットコム

17人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから