レビューメディア「ジグソー」

挽きたての豆で作る珈琲はやはりうまい

少し涼しくなってきた今日このごろ、

TakOnu氏の朝はゴリゴリっという音とともに始まる。
珈琲の香はどこか懐かしく、暖かさを帯びて心地よく、
布団の暖かさなど、どうでも良くなってしまう。
豆がはじける感覚が、体のあらゆるところから染み入ってくる。
隠居して、小さなカフェーを営んでいる老人のような気分だ。
挽いた豆をフィルターに入れ、ポトポトっとお湯を落とす。
落ちてきた液体は、金色を秘めた清い琥珀色。
黒いのにどこまでも透き通った液体。これぞ珈琲である。

 

 

 

ということで、Kalitaのコーヒーミルである。

基本的に外装は鉄でありずっしりと重い。

南部鉄器のようにゴツゴツ感があり非常に趣がある。

 

このミルの特徴は手回し軸が横向きなことである。

その御蔭で、非常に楽に回すことができる。

また、自重のお陰で、ミルを押さえつける必要がなく

軽く手を添える程度でいいのも良い。

このことが、均一な速度で引くことを可能にし、

結果として、余計な熱をコーヒー豆に与えないことに繋がる。

 

無論、カットタイプであり、微粉も少なく雑味が少ないのも良い。

出来上がった液体は非常に透明度が高く、

差し込んだスプーンの光沢が美しい。


なお、ダイヤル(写真では左側にある)を回すことで

豆の挽き具合も調節可能である。

ただし、細かくすればするほど、当然微粉は増え雑味が生じる。

したがって、その場合は、篩で後処理をする必要がある。

 

味覚というのはどうしても言葉で説明するのは難しく、

なんと表現すればよいかは難しいが、

予め店等で挽いてもらったものに比べると、

やはり、その場で挽いているため酸化が殆ど無い。

故に、酸味が抑えられ、豆本来の甘さが感じられるのも良い。


正直、試してくださいとしか言えないのが歯がゆいところだ。

 

 

※手作り製品ということらしいです。

  • 購入金額

    12,600円

  • 購入日

    2013年10月01日

  • 購入場所

    Amazon

29人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (4)

  • オセロットさん

    2013/11/03

    いいご趣味ですねー.
    しかも,たいへん趣がある器具で,
    のんびりした朝の様子が思い浮かびます.

    実はコーヒーは好きというほどでもないんですが,
    カフェイン摂取のため,近くの Peet's Coffee に毎日,
    足繁く通っています.日本からは撤退したそうですが,
    Starbucks よりはいくらか美味しい気がします.
  • TakOnuさん

    2013/11/03

    ありがとうございます。
    いいですよほんと、たまには自分で挽くのも。

    はて、じつは、8月、9月とサンフランシスコにいたのですが、
    UC Barkleyの知り合いに会うときに
    Peet's Coffeeを利用しました。
    確かに、スタバよりもおいしかった気がします。
    その他では、The Coffee Bean & Tea Leafにお世話になっていました。
  • オセロットさん

    2013/11/03

    The Coffee Bean & Tea Leaf は知りませんでした.
    近くにいくつかあるようなので行ってみます.
    ほんとうは自分で挽いて入れたいのですが,なかなか.

    サンフランは寒かったでしょう(笑)
他1件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから