レビューメディア「ジグソー」

古い無線ルーター。無線中継器としてなら充分使える!

WZR-900DHPは、当時はそこそこの品質の製品だったと思います。

無線LANの最大速度も2.4GHzも5GHzのどっちもMAX450Mbps。

有線LAN部分は全て1000Mbpsで廉価版の100Mbpsとは全然違います!

また、USBポートも3.0対応です。

 

しかし、今時450MbpsのWiFiはちょっとね・・・

ただし、設定で中継器になります。

実際に中継器モードで使ってますが、実測で300Mbpsを超える速度です!
非常に便利です。

 

WHR-1166DHPと同じくDD-WRTは安定しない模様。

 ※5GHz帯使用不可、2.4GHz帯が5mも届かないなどある模様。


とりあえず純正バッファローファームウェアを最新にアップデート。
ファームウェアは2021/05/18が最終更新のようなので、かなり最近までアップデートされてます。

 

なお、中継器モードに設定するのが特殊な操作です。

とってもわかりにくかったです。

更新: 2022/10/05
ファームウエア

長期サポートしてくれる点はいいが、不具合はちゃんと公表しよう

2022/10/03に今更ながらファームウェアアップデートが来た。

 

 


 

この機種のファームウェア更新内容を見ると

Ver.1.16[2022/10/03]
【不具合修正】
1.設定画面の不具合を修正しました。

となってる。


 

 

しかし、バッファローの別ページを見ると詳細に書かれていた。

ルーター等の一部商品における複数の脆弱性とその対処方法
2022/10/03 

 

脆弱性の説明

下記の「対象製品」には次の脆弱性があります。

脆弱性①

ドキュメント化されていないデバッグ機能を有効化される問題 (CWE-912) - CVE-2022-39044

脆弱性②

ハードコードされた認証情報の使⽤ (CWE-798) - CVE-2022-34840
脆弱性③

認証回避 (CWE-288) - CVE-2022-40966

 

脆弱性のもたらす脅威
想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。

当該製品にログインしたユーザーによりデバッグ機能にアクセスされ、当該製品上で任意のOSコマンドが実⾏される(脆弱性①)
隣接するネットワーク上の第三者により当該製品の設定を変更される(脆弱性②)
隣接するネットワーク上の第三者により認証を回避され、当該製品に不正にアクセスされる(脆弱性③)
なお、「Internet側リモートアクセス設定を許可する」設定を有効にしている場合は、インターネット側から攻撃を実行される可能性があります。

 

 


 

 

えっと。。。

これ、ちゃんと機種毎のページも書いた方が良いんじゃ無いの?

 

長期サポートしてくれる点は高評価。

しかし、しっかり表現しない点はマイナス。

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2021年06月01日

  • 購入場所

    頂き物

14人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから