レビューメディア「ジグソー」

【Q1DF】もっさり感のほとんど無い、大きく進化したSandyBridgeコアのCeleron(;=゚ω゚)=333

intelのLGA1155向けCPU「CeleronG550」です。
ジャンク屋でES品が安く売られていたので購入しました(;=゚ω゚)=333

【モデルナンバー(実クロック)】G550 / 2.6GHz
【コードネーム】SandyBridge
【製造プロセス】32nm
【L1/L2キャッシュ】(32KB+256KB)×2、L3 2MB
【コア電圧/TDP】不明/65W
【主な拡張命令】SSE3/SSSE3/SSE4/intel64/Xdbit
【内蔵GPU】intel HD Graphics(コアクロック不明)
【Socket/Slot】LGA1155
【sSPEC】SR061
【リリース時期】2012年6月
【インテルの製品HP】
http://ark.intel.com/ja/products/53418/
【発売時の記事】
http://akiba-souken.com/article/pc-parts/13925/

■ベンチ、性能比較はこちら
G550はありませんが、上位及び下位のCeleron G530とG555を含むローエンドの性能はこちらのリンクをご覧ください。



SandyBridgeのお手軽なCeleronです。

上位にCeleronG555が存在しますが、あまり店頭で見かける機会はなく、このG550の方がメジャーなようです。クロックが2.6GHzあり、LGA775のCeleronE3000シリーズに負けない性能を誇ります。(但し、E3000シリーズはオーバークロックできる分有利と言われていますが・・・)

但し、メーカー機などオンボードグラフィックを使用している場合は、当時のチップセットであるG31やG41内蔵のものと、本機に内蔵されているIntel HD Graphicsとは雲泥の差で進化しています。この程度でもブラウザゲーム等は可能ですし、強力な再生支援で動画関係も問題ありません。

このCPUはES品であり、sSpecがQからはじまっています。通常は「SR061」のようです。

そう言えば、東京のお土産にCeleronG550を買ってきたので、これが2個目なのだが・・・1個目すら未開封ですね(^^;

  • 購入金額

    980円

  • 購入日

    2013年08月23日

  • 購入場所

    中古パーツ屋

16人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから