レビューメディア「ジグソー」

■型ベアボーンレビュー使用部材③

現在キューブ型ベアボーン「SZ77R5」のレビューに向けてデータ蓄積中だが、その使用部材。

元々OCコンテストの板ASUSの「P8Z68-V PRO/GEN3」でISRT(Intel Smart Response Technology)を構築しようとして入手。OCコンテスト機は次期メイン機昇格予定のため、プライマリなHDD/SSDは最低256GB(可能なら512GB)が望ましいのだが、当時(今でも)大容量SSDは高い。でも板がZ68チップセットでISRTに対応しているのでTBクラスHDD+SSDのハイブリッド構成にすれば、容量気にせず使えるかと。

メーカーとしてはスコアを競うにはイマイチとの話もあるADATAだが、何せ安い。HDDのキャッシュとしての使用なのでこれで良いかと購入。
内容量の確認がおもしろい仕組み
内容量の確認がおもしろい仕組み
パッケージはSSDのラベルの一部分が見えるように箱がくり抜いてあって、容量が確実に把握できる。付属品としてはメタリックブルーに輝く2.5インチアダプタが付く。
青いアルミのアダプタはCOOL!
青いアルミのアダプタはCOOL!

でも今回先にベアボーンのレビューアーに選出されたので、ベアボーン本体とともにご提供いただける「キューブ型ベアボーン用3.5インチ変換マウンターPHD3」を使うべく2.5インチの本品を使って、IRSTを構築しようと....

でもそうすると付属の青いアダプタは使わないのか...orz

「S511 は新世代の SandForce SF-2200 シリーズ コントローラ使用で60GBはRead 最大550MB/s、Write 最大500MB/sを実現」とのことだが実際には0 Fill番長のSandForce、実力はこんなモン。
Readに比べてWriteは悪いな...
Readに比べてWriteは悪いな...
ま、読みは速いのでISRTにはまさにぴったり!

【仕様】
NAND Flash:MLC (Mulit-level cell) Flash
Form Factor:2.5 inch
外形s:100 x 69.85 x 9.5mm (L x W x T)
重量:76g
Performance (60GB)
 Read : Up to 550MB/S
 Write : Up to 500MB/S
 4K Random Write (Aligned): 60,000 IOPS
 Maximum 4K Randdom Write : 80,000 IOPS
インターフェース:SATA 6Gb/s
消費電力:3W active; 0.6W Idle

メーカーサイト
---------------------------
2012/08/03 使用感追記
  • 購入金額

    8,470円

  • 購入日

    2012年01月19日

  • 購入場所

    ドスパラ通販

24人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから