レビューメディア「ジグソー」

キーボードのキーを抜く為だけに存在するもの

ダイアテック、FILCOブランドの「キー引き抜き工具」です。

キーボードを掃除してもキーの隙間が綺麗にならなかったり、小さな物がキーの間に挟まって困った事はありませんか?

コンピュータキーボードのキーは、基本的にはキースイッチにキートップが差さっているだけです。
ですから、引っ張れば抜けます。
ただし、隙間なく並んでいるキーを抜こうと思った場合、何らかの道具が必要になります。
単純に「抜くだけ」ならマイナスドライバーなどでも可能です。しかし、キースイッチを損傷する恐れがありますのでお勧めしません。

そんな時に便利なのが、本製品の様な「キー引き抜き工具」です。

私は

の付属品で同形状の工具を使用して満足しており、おそらく同等品であるこちらを追加購入しました。

【製品情報URL】
http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=706

見たままの機能美
見たままの機能美




同種の工具としては、持ち手部分が長く握り易い、ひいては力を入れ易いのがポイントかと思います。
また、針金タイプでキートップの"角"に引っ掛ける方式ですから、キートップの一部分に極端に力が加わったり、工具がすっぽ抜けたりせず確実にキーを引き抜く事が出来ます。

【キーを引き抜く際の注意点】
初めてキーを抜く時は結構怖いと思います。
思いっきり引っ張って下さい。(ただし壊れても私は責任を持てませんがw)

基本的には「出来るだけ垂直に」真っ直ぐ引き抜いて下さい。抜け難いからと斜め方向に変に力を加えるとキースイッチ部分を痛める可能性があります。

ただし、パンタグラフや一部のメカニカルスイッチでは、垂直に引き抜くと故障の原因になってしまう構造の場合があります。

また、スペースキーなどの大型キーにはスタビライザーが付いていたり等、他のキーと若干取付構造が違う場合が多いので、取り外しの際は気を付けて下さい。


【+評価】
・同種の「キー引き抜き工具」としては持ち手部分が長いので力を入れ易い
・針金タイプなので、キートップの大きさに関する使用制限が少ない
・針金を引っ掛ける方式なので、工具のすっぽ抜け等がない
・キーボードメーカーの製品なので安心感がある

【-評価】
特になし

使用目的を問題無くこなせる製品です。私は他製品を使った事はありませんが、これを使って困った経験はありません。キーを安全に抜きたい方におすすめです。

※ここで言っている「キーボード」は一般的なデスクトップ用のメカニカルやメンブレンタイプです。ノートパソコンなどで多いパンタグラフ式や特殊な構造になっている一部メカニカルスイッチなど、キーの構造によっては故障の原因になったり、キーを付け直すのが大変難しかったりします。ご注意ください。
  • 購入金額

    480円

  • 購入日

    2011年02月頃

  • 購入場所

30人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (10)

  • ネイエフさん

    2011/02/28

    手でキートップを外すのは危険ですよね
    過去ノートパソコンのキートップを破壊したことがあります(汗
  • aoidiskさん

    2011/02/28

    なるほど、良さそうですね。

    参考になりました。

    これ前から気になっていたので助かりました。
  • 和屋さん

    2011/02/28

    ちょうどFilco製使っているし、キーボードの掃除の際には買っておくと良いかもですね~。覚えておこうw
他7件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから