レビューメディア「ジグソー」

様々なフォーマットに対応した動画エンコードソフト♪

動画エンコードで定評・人気があるTMPGEncの最新版。
「Canopus HDRECS」でキャプチャしたAVIファイルや「EarthSoft PT2」で抜き出したTSファイルをエンコードするのに使っています。



基本的な使い方は、前作の「TMPGEnc 4.0 XPress」から大して変わってません。
前作同様にNVIDIA CUDAをフィルタリングに使用できるので、NVIDIA系のグラボを使用することをオススメします。
私はCPUに「Intel® Core™ i7-990X Extreme Edition」、グラボに「ASUS ENGTX285/HTDP/1GD3」を使ってます。



エンコード時はCUDA57.5%、CPU42.5%となっているので、CUDAを有効にした方が効果的です。
上が定格、下が倍率を31倍にオーバークロック
上が定格、下が倍率を31倍にオーバークロック
CPU使用率も40~60%とフルには使わないので、エンコードしながら動画をみたりしても問題はありません。

ちなみに私の環境では、CPUをオーバークロックしてもエンコード時間は大して変わりませんでした。
クロックよりも並列処理が効果的なソフトのようなので、このソフト用のPCを組むのなら高価なExtreme Editionを選ばなくても良いと思います(^^ゞ

にしても、私はエンコードは専らAVIファイル形式にしているためか、グレードアップした恩恵をあまり受けてないような気がします(笑)
今となってはお金をかけてまでグレードアップしなくても良かったかな~と思ってます(^^ゞ

  • 購入金額

    5,800円

  • 購入日

    2011年02月26日

  • 購入場所

    株式会社ペガシス ダイレクトショップ

17人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • 退会したユーザーさん

    2011/08/25

    >エンコード時はCUDA57.5%、CPU42.5%
    もうこの数字を見ただけでワクワクです!
    そして6コア12スレッド!!!!!!

    エンコにCUDAを使える時代、イイですよね!
    自分はこの商品に興味津々であります。
  • ryo157さん

    2011/08/26

    zigzsowzさん
    コメントありがとうございます。

    グラボもエンコードに使えるので、CPUに余裕があって良いですよ。
    以前だったらエンコードしながら動画を見たりするのは厳しかったですからね。

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加