レビューメディア「ジグソー」

8割方Windowsで

私にとっては初めてのIntel Macです。これ以前には自宅でG4 CubeやMac mini(G4)
を少し使っていた程度でした。

当時のWindows機に買いたいと思うほど魅力のある機種がなく、BootCampで何とか
なるという考えでこの機種に決めたのです。

購入時点で、まずDDR3-1066 2GBのSO-DIMM(Transcend製)を2枚入手して計4GB
とし、さらにHDDは128GBのSSD(I/O DATA SSDN-S128B)に入れ替えた後に本格的に
使い始めました。

MacOSはLeopardが入っていましたが、Snow Leopardのリリースと同時にバージョンアップ、
WindowsはXP Professional SP3という環境です。128GBのSSDは30GBをMacOS用、
残りをWindows用にしています。

CPUは2GHz駆動のCore 2 Duo、グラフィックはチップセット内蔵のNVIDIA GeForce 9400M
という組み合わせで、発売から3年以上経過した今でもそれほど遅さを感じない程度の
パフォーマンスは確保できています。やや割高ではありましたが、PCとしての性能も
決して悪くはありません。

ただ、この製品の最大の魅力はやはりアルミユニボディ。仕上げも見事ではありますが
強度には大きく貢献してくれています。実は仕事で持ち歩いていたときに、コンクリートの
床に50cm程度の高さから落としてしまったことがあるのですが、落下時に直接床に
当たった部分にやや変形がある程度で、破損らしい破損は全くありませんでした。

もっとも、Appleらしくデザイン最優先で作られているため、実用面での弱点はあります。
その最たる例はUSBのコネクター配置でしょうか。2ポートあるうちの片方に少し幅広の
USBメモリなどを挿してしまうと、もう片方のポートに干渉してしまうのです。もう数mmでも
距離があれば問題なかったのですが。仕方なく、短いUSB延長ケーブルを併用すること
で対処しています。

また、このあとのMacBook Proの名前が与えられたモデルからはSDカードスロットが追加
されるなど、細かい改善も入っています。フルモデルチェンジ後最初のシリーズであるため
か、詰めが甘い部分は多くありました。

これまで3年以上使い続けてきた結論としては、完成度という意味では決して高い製品では
ないが、それを補うだけの魅力を持った製品というところでしょうか。現時点においても
仕事に出る際には、このMacBookと先日掲載したVAIO SEを併用しています。
  • 購入金額

    148,800円

  • 購入日

    2008年12月28日

  • 購入場所

7人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから