レビューメディア「ジグソー」

Wifiルーター交換にあたり、状況調査

実家のWifi環境が古くなってきた。

 

実家のWifi環境は、WAN側にBUFFALOWSR-2533DHP2

を入れてインターネットに繋ぎ、さらに有線ポート数増設+予備Wifi電波として、以前使っていたcoregaCG-WLBARGNH

を数珠つなぎに接続。

 

CG-WLBARGNHはIEEE802.11n/g/b対応の、いわゆる「Wi-Fi 4」対応機種だが、仕様表をみると、「周波数帯域:[IEEE802.11n/g/b]2.412GHz~2.472GHz」となっており、IEEE802.11nで追加された、5GHz帯には対応していない。いわゆる「激混み」の2.4GHz帯にしか対応していないので、無線機能はほぼ使っていない(実家のWifi不調時に、WSR-2533DHP2が悪いのか、そもそもWANから悪いのか、切り換えて確認する程度/もともとレビューに書いた通り、有線は問題ないが、無線性能はイマイチでもあるので)。

 

WSR-2533DHP2は、IEEE802.11ac、つまり「Wi-Fi 5」対応の機種で、1733+800のデュアルバンド機。アンテナ4本、ストリーム数4で、外部アンテナを持つ上位機WXR-2533DHP2からは遜色がない。発売当時、BUFFALOでは上から3つめにあたるハイスペック機なのだが、最近iPhoneをWifi接続したとき「安全性の低いセキュリティ」表示が出るようになった。

 

これは、家では古めのゲーム機を接続したり、動画配信サービスとの相性の問題があったりで、無線認証をWPA/WPA2 Personalにしているから。

 

そこで、すでに10年超を経過したCG-WLBARGNHを退役させて、以前実家で使っていて、動画配信サービスとの相性が良くなくて、社宅に持ってきていたNECAterm WG2600HP2

をそのポジションに当て、社宅側に新しいものを導入しようかと(つまり動画配信サービスは従来通りWSR-2533DHP2を使って安定接続する一方、スマホ接続はWG2600HP2を使いセキュリティを高める魂胆)。これは、自分が新しいのを使いたいから実家は上流がケーブルテレビセット契約で300Mbpsなのに対し、社宅は光単独契約で、1Gbpsなので。

 

んで、実家に「Wi-Fi 5」環境が2つ立つので競合しないように設定したいのと、社宅は賃貸アパートで各部屋がWifi飛ばしているので、無線ルーター新規導入時にチャンネル固定で空き場所に「逃げる」ために、Wifiの「混み合い具合」を見える化する目的で導入したアプリが、Microsoft Storeで無償配布されている「WiFi Analyzer」。

配布のものなので、安心度は高い
Microsoft Store配布のものなので、安心度は高い

 

iPhoneにも同様なアプリがあるが、これはWindows用。

 

現在自分が持つ一番高機能なWifi「子機」は、HP Pavilion Aero 13-be パフォーマンスモデル

に搭載されているIEEE 802.11ax、いわゆる「Wi-Fi 6」まで対応している、RealtekのRTL8852AEカードだから、これで観測するわけ(スマホのiPhone Xは「Wi-Fi 5」まで)。

 

この用途では、複数のアプリがあるが、使ってみた感じWiFi Analyzerが一番わかりやすい。

 

測定結果はグラフで表され、ほとんど解説不要で直感的に使えるのだが、最大かつ唯一の?躓きポイントは、ダウンロード後、測定開始のためには国を指定しなければ使用開始とならないが、確定ボタンの名称が「閉じる」となっていてわかりづらいことか。

ちょっと離れていて、こけれを
確定ボタンが「閉じる」(しかも欄外)...というのはちょっとわかりづらい

 

それがわかれば、自動的にその空間に飛んでいるWifi電波を拾ってくる。

WG2600HP2のaよりgが強いのは、測定位置では、メインPCの筐体が間にあるからか
WG2600HP2のaよりgが強いのは、測定位置では、メインPCの筐体が間にあるからか

 

自分の測定環境では、現メインルーターのWG2600HP2のa波(5GHz)とg波(2.4GHz)、回線業者貸出機のg波が見える(もちろんそれより弱い電波強度で、周りの世帯のものと思われる数多くのWifi電波も見える)。

 

さらに詳細表示だと、それぞれのルーターのBSSIDやチャンネル、Wifi規格やセキュリティレベルまで表示できる。

各ルーターのセキュリティレベルが見られるのは、管理者には便利?
各ルーターのセキュリティレベルが見られるのは、管理者には便利?

 

これをグラフ化すると、2.4GHzの方は、他の部屋から飛ばしても減衰が少ないので相当数見える。現状では、回線業者貸出機のg波がチャンネル2、WG2600HP2のg波がチャンネル11を使っているようだが、チャンネル11というのは(もちろんWG2600HP2のものが最大感度ではあるものの)他に複数の使用者がいて実は込み合っている。チャンネル7あたりに動かした方が競合が少ない感じ。

もちろん自室の電波が一番強いがチャンネル11は競合が複数いる
もちろん自室の電波が一番強いがチャンネル11は競合が複数いる

 

一方5GHzの方は空き空きで、自分を入れても合計6波しか見えず、現在使用しているチャンネル44で問題なし、と。

今の環境では5GHzは競合が少ない(そもそも他のへやから壁を隔てて飛びづらいからかも)
今の環境では5GHzは競合が少ない(そもそも他の部屋から壁を隔てて飛んできづらいからかも)

 

だいたい状況が把握できたので、新Wifi環境構築時に有効活用しようかな。

 

なお、実家をWSR-2533DHP2WG2600HP2のダブルWi-Fi 5環境にした状況は以下の通り。

郊外の一軒家とはいえ、建売区画でソコソコ隣家と近いため、2.4GHz帯はいくつか電波がある
郊外の一軒家とはいえ、建売区画でソコソコ隣家と近いため、2.4GHz帯はいくつか電波がある

 

5GHz帯はすっきすきだな...(隣家からはほぼ飛んでこない/1つ見えるのは背中合わせの家のか??)
5GHz帯はすっきすきだな...(隣家からはほぼ飛んでこないのか??)

 

もともと定額動画サービス導入以前は実家で使っていた機種を「戻した」だけなので、SSIDなどはそのまま使えるのが、家人に説明不要なため楽だったかも。

 

-------------------------------------------

 

2022/10/03 コメント欄で触れた詳細画面を追加

2022/10/16 実家での電波状況を追加

更新: 2022/10/03
見える化

チャンネルごとの「見える化」が出来るので、わかりやすい

最適チャンネルを探しやすい。

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2022年10月02日

  • 購入場所

    Microsoft Store

21人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (4)

  • solunarisさん

    10/03

    以前は無線LANの各SSIDごとの状況調査に、inSSDIer2.0というソフトを使用してましたが、バージョンが上がってから有料化されてしまったので、代替策を探していました。良い情報をありがとうございます。
  • cybercatさん

    10/03

    solunarisさん、これ、ネットワークの詳細表示の方だと、各ルーターのセキュリティグレードなども見られますので、複数ルーター運用しているなら便利だと思います。
  • solunarisさん

    10/03

    おおお、便利ですねぇ。マジで感動しました。社内を調べたら、この後に及んで詳しくない連中が勝手に繋いでいた野良のWEPが見つかったので速攻で殺しました。ありがとうございます。
他1件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから