レビューメディア「ジグソー」

最低限の機能はある。しかし、紛らわしい

Kickstarterで2021年5月に出資し、9月に到着した。

更新: 2022/04/30
開封の儀

外箱はあちこちダメージ

中国から来た薄いフィルムの包み。開けると外箱そのままだったため、外箱のあちこちにダメージがあった。もう少し何とかならなかったのかとは思うが、過剰包装されるのもあれだし、中身には影響がなかったようなので、まあよしとする。

 

外箱はあちこちボコボコ
外箱はあちこちボコボコ

中に入っていたのは、Type-C to Cのストレートケーブルが1本、両端がL字になったものが1本、そして極小文字のマニュアル。

ケーブル2本とマニュアル
ケーブル2本とマニュアル

更新: 2022/04/30
機能性

いや、嘘に近いのでは

Z型のパソコンスタンドの台座に、各種端末を仕込んだ本機。

 

ブラックというがグレーの本体
ブラックというがグレーの本体

背面にあるポート類。写真の上から、Type-Cが2つ、Type-Aが3つ、SDとマイクロSDカードのスロットが各1つ、LANポート、HDMIが2つ、DisplayPortとなっている。これ以外に、正面左側にType-Cが1つある。

パソコンスタンドとしてはかなりしっかりしており、Macbook Pro 13 (2016、Thunderbolt3が2つ)を置いた程度ではビクともしないし、きちんと支えてくれる。角度調節にはかなり力を使うが、これはいったん決めればそれほど頻繁に動かすものではないので、大きなマイナス点にはならない。

紛らわしいのは、背面のType-C。外側は給電のみとは最初からことわっているが、内側はThundebolt 3/4の記載がある。つまり、映像信号も出力できるはずだが、手持ちのPhilips 279P1/11(27インチ、4K、Type-Cあり)につないでみても、画面にはNo Signalと。つまり、MaotoamがいうThundebolt 3/4とは、データ転送速度のことだけであり、映像出力を含むという意味ではないらしい。規格の本来の意味からして、これは詐欺ともいえる。

そもそもの端子の異常も疑ったが、AliexpressでType-Cハブなどを見ていると、中国ではどうやら、Thunderbolt 3/4のことを「データ転送速度」としか見ていない製品が散見され、Maotoamも部品メーカも、映像出力のことを知らないのか、知らないふりをしているのか、中国の常識ではまあそういうことらしい。

とりあえず、PCスタンドとして、そして端子の豊富なハブとして、最低限の仕事はするので、使い続けてはいる。

  • 購入金額

    12,000円

  • 購入日

    2022年09月07日

  • 購入場所

    Kickstarter

9人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから