レビューメディア「ジグソー」

WinX YouTube Downloader有料版(WinX HD Video Converter Deluxe)の後継??(bilibili対応)

以前ご紹介したcybercat的動画投稿サイト保存関連アプリ。

 

ニコニコ動画は、すでに作者による開発は終わっていて、導入と維持の敷居はか~な~り高いが、動画がコメントもろとも保存できる唯一のアプリ「さきゅばす」(今は1.67.7.11を少しいじって使用中)。

ニコニコ生放送は、唯一の商用ソフト「ニコ生グラバー2」亡き後、コマンドライン主体の「livedl」とGUIが使える「ニコ生新配信録画ツール(仮

があるので、とっつきやすい後者を使用(現在0.87.27を使用中)。

 

Youtubeは、落とすときに画質(サイズ)が選べて速度も速い「Freemake Video Downloader

の有償版「Premium」を(ヴァージョンアップが頻繁で、現在は3.8.3.5)。

 

④日本のサイトでは消えてしまったお宝動画視聴や、中国のユーザー放送を眺めるのに使っているbilibili(哔哩哔哩)では、複数ページある動画に他のダウンローダーがなかなか対応できない中、300サイト以上の動画サイトに対応する「WinX YouTube Downloader

を使用(ヴァージョン5.2)(もしくは解析サイト「www.ibilibili.com」での保存)。

 

基本この4つでやってきたのだが、最近bilibili用のソフトを入れ替えた。

 

というのも、無償版の「WinX YouTube Downloader」では、アップロードされているファイル形式でしか保存できない。bilibiliにアップされている動画はflv形式が多いのだが、それだと再生ソフトが限られることと、サムネイルアイコンが使えないので、汎用性が高いmp4で保存したいわけ。この場合、bilibili解析サイト「www.ibilibili.com」を使えばできていたのだが、最近そこでは解析が上手く行かないこと多発(WinX YouTube Downloaderではflv形式のママだが問題なくダウンロードできるので、該当の動画が動画が落とせない設定なわけではない)。まぁ、もう一手間掛けて、Handbrake

などで「flv⇒mp4変換」してしまえば良いのだが、Handbrakeは読み込めないファイル名があり、とくにbilibiliだと抵触することが多い。いわゆる「中華文字」がダメなのだ。そういう場合はファイル名を「video1」などにリネームして変換⇒また名前を元に戻すということをやっていたのだが、メモ帳などに元のファイル名を保存しておかなければならなかったり、リネーム時の戻しミスがあったりして面倒な上に、そもそもHandbrakeの動画変換速度自体も速くはないということもあって、「WinX YouTube Downloader」の有償版購入に踏み切ろうかと。

 

...しかし、ここでこの製品のわかりづらさに遭遇する。

 

「WinX YouTube Downloader」の有償版は「Deluxe版」と呼ばれるが、有償版にすると「WinX HD Video Converter Deluxe」と名前が変わる(コンバーターがダウンローダーの直接の上位という謎命名)。そしてサイトには「YouTube Downloader Plusである VideoProc」という記載があり、課金時には「VideoProc」というソフトを勧めてくる。さらに「VideoProc」にも無償版と有償版があるという状態。

 

イロイロ調べると、どうやら「WinX HD Video Converter Deluxe」のダウンローダー機能だけ切り出して無償公開しているのが「WinX YouTube Downloader」で、「WinX HD Video Converter Deluxe」の後継ソフトが「VideoProc」ということのよう。では「WinX HD Video Converter Deluxe」の方がオワコンか、というとそんなことはなく、1か月前にも更新されている。まあ、対応OS的に両アプリ共通のWindows 7、Windows 8(Windows 8.1を含む)、Windows 10のほかに、「WinX HD Video Converter Deluxe」の方はWindows 2000、2003、XP、Vistaにも対応しているので、古い環境を保たなければならない場合は価値があるのかもしれないが...←インターネット接続して使うことが前提のダウンローダーを含むソフトを、セキュリティアップデート切れのOSで使うのは極めて危険な行為だが。

 

自分としては、現在旧OSはWindows 7 Professional機が一台稼働しているだけで、あとは全てWin10なので、Vista以前の古いOSを気にする必要がないし、すでに「WinX HD Video Converter Deluxe」ユーザーであれば「永久ライセンス」でアップデートは無料なのに対して、「VideoProc」乗り換えは有償になるので考える余地はあると思うが、今は無償版の「WinX YouTube Downloader」のユーザーなので正直どちらでも良い。

 

「VideoProc」に関しては、無償版は動画変換が5分以内のファイルである必要があるとか、強制ロゴが入るとか、ダウロード本数に制限があるなど、無償版と言うよりトライアル版なので、本格使用するなら有償版への変更が必要。

 

では価格はというと、「WinX HD Video Converter Deluxe」の定価は5680円で、「VideoProc」の有償版定価は8980円と1.5倍ほど違う。機能的にパッと目につく点としては、対応サイト数が大幅に増強されている(WinX HD Video Converter Deluxeは300+サイト、VideoProcは1000+サイト)。その中にはいろいろオトナっぽいサイトも含まれているようだが、自分としてはbilibili専用であり、そこは必要ない。あとは後発らしく「VideoProc」には、ドローン撮影時のブレ補正やGoProなどのアクションカメラの魚眼レンズ補正など最近出てきたツールへの対応が入っているが、ともに持っていないのでそれも使わない。ならば価格差と、「VideoProc」の将来性をどう評価するか、というあたりが判断ポイント。

 

その価格だが、かの国の常で「定価が定価でない(←定価で売られていることがほぼない)」。実際の売価は「WinX HD Video Converter Deluxe」は3680円「VideoProc」の有償版は4980円(ともにPC1台用の永久ライセンス、2019年9月現在)。さらに現在は日本国内の某価格比較サイトのキャンペーンでPC2台用の永久ライセンスが3680円となっている。同価格なら、新しい方買うよね、ライセンス的にも2倍だし、ということで「VideoProc」を購入することに(なお、このサイトでは「VideoProc」を、ヴァージョンアップ不可という制限はあるが有償版同等機能にするサービスライセンスコードを来月(11/15)まで配布中なので、それを試してからでも良いかと←自分も試してみた)。

※同様のヴァージョンアップ不可ながらフル機能が使えるサービスライスセンスコードが2019/10/25~12/2までGIGAZINEで配布中

 

実際インストールしてみると、「VideoProc」は大きく4つの機能があるソフトだと分かる。

4つの機能がある
4つの機能がある

 

ひとつめは「ビデオ変換&編集」。字幕挿入やファイル長の切った貼った、ズーム(トリミング)や回転などができる編集とファイル形式変換のセクション。前者は軽くしか使っていないけれど、(このソフトでは有効なmsi GeForce GTX 1080 GAMING X 8Gのハードウェアアクセラレーションが効いているのかも知れないが)ものすごく軽快。また、変換も色々と出力がプリセットで選べて簡単な上に、激速。一番最初に、試しにと4分ほどのflvファイルをmp4ファイルに変換したのだが、「RUN」ボタンを押した瞬間に終わったので、変換エラーで空ファイルが吐かれたのかと思ったくらい。フルHD30分、310MBのflvファイルをmp4ファイルにするのでも42秒(できあがりサイズ307MB)。ストレスは皆無。

「ビデオ」のボタンは編集と変換
「ビデオ」のボタンは編集と変換

 

中華文字のファイル名もそのまま読み込めている
中華文字のファイル名もそのまま読み込めている

 

ふたつめの機能は、「DVD変換&バックアップ」。DVDを動画ファイルに抜いたり、コピーを取ったりできる。遵法範囲内でお使いくだされ。

DVDはその名の通りDVD関連の操作
DVDはその名の通りDVD関連の操作

 

iPhone、iPadなどプリセットで最適な形に変換できる
iPhone、iPadなどプリセットで最適な形に変換できる

 

みっつめは「動画ダウンローダー」。ここは酷似した画面レイアウト的にも「WinX YouTube Downloader」の後継ソフトだというのを強く感じさせるところ。あまりに同じすぎて、速度的にも全く変わらないので課金のしがい?はない(中国サイトから508MB、80分のflvファイルを落とすのに、「VideoProc」では解析4秒、ダウンロード12分19秒に対して、「WinX YouTube Downloader」は解析5秒+ダウンロード12分13秒でほぼ誤差)。ただザンネンなことに有償版の「VideoProc」だと出力ファイル形式が選べるのかと思ったが(そしてそれを想像させるレイアウトだが)実際には落とすのと変換するのは別機能らしく選べず、さらにダウンロード⇒変換機能の連携も悪い←有償版を購入した一番の理由は消滅。レイアウト的にも落としたファイルの上に「mp3へ変換」のボタンがあった 「WinX YouTube Downloader」に対して、「VideoProc」には何もないので、一度グランドメニューに戻らなくてはならず、作業動線的にもイマイチ。せめて「ビデオ変換&編集」のショートカットと、落としたファイルの変換元への自動設定があればオールインワンソフトとして使い勝手が著しく向上するのだが。

ここの中身はとあまり変わらない
この「ダウンロード」セクションの中身は「WinX YouTube Downloader」とあまり変わらない

 

「出力フォーマットを選択する」とあってあたかも選択できそうなのだが...
「出力フォーマットを選択する」とあってあたかも選択できそうなのだが...

 

ここは「規定のビデオ形式」を「mp4」にしてあっても変わらない
ここの「既定のムービー形式」を「mp4」にしてあっても選択できない

 

「WinX YouTube Downloader」にはあった変換連携ボタンも...
「WinX YouTube Downloader」にはあった変換連携ボタンも...

 

「VideoProc」ではなくなっている...
「VideoProc」ではなくなっている...

 

よっつめは「レコーダー」。これは画面録画をするもので、特徴としては画面録画とカメラ録画のPinP合成録画に対応しているところ。例えばゲーム配信などで、ディスプレイ上のゲームプレイを録画しながら、自身の顔や手元をWebカメラで撮った映像と重ねても録画できる。ゲーム配信には興味はないので(腕もないので)、この用途では使わないけれど、PCに表示されているものを、ディスプレイごと、ウインドウごと、選択範囲ごとに録画できるのと、カーソルの録画のありなしなども選べるので、今後のレビューでは操作方法の説明などの動画作成に使い勝手良さそう。

この録画機能は想像よりずっと良かった
この録画機能は想像よりずっと良かった

 

左に置いたサブ画面選択中
左に置いたサブ画面選択中

 

ディスプレイやウインドウ以外も範囲選択もできるのでカメラ画像のみ、というのも可能
ディスプレイやウインドウ指定以外に範囲選択もできるので画面の一部録画、というのも可能

 

結局動画ファイルの形式変換は瞬速で、中華ファイル名も読み込み可という利点はあるが、落とすときに好きな形式を選べるわけでは(今のところ)ないし、速度も変わらないので、ダウンローダー有償版としての購入の意味は完全に消滅、ただし「高速Handbrake(ファイル形式変換ソフト)」としては有用なので、結果オーライ(つか現在有償版フル機能試用できるキャンペーンコード配布中なので、それで試して分かっていて買ったのだが)。予想外の面白いポイントは録画機能。カーソルの録画の有無やキーボードの表示の有無なども選べるので、動画レビュー指定のプレミアムレビュー時などには重宝しそう。

 

.....今年はまだ未選出だがorz

 

【仕様】

対応OS:Windows 7,Windows 8(Windows 8.1を含む),Windows 10 32ビット/64ビット両対応
Mac OS X Snow Leopard, Lion, Mountain Lion, Mavericks, Yosemite, El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave (10.14)
CPU:IntelまたはAMD、1GHzまたはそれ以上
メモリ:256MB RAM (推奨は、512MB以上)
ディスク:インストールのため、最低200MBのHDD空き容量が必要
ビデオカード:256MB RAM (推奨は、512MB以上)
ハードウェアアクセラレーション対応のGPU:
 NVIDIA)NVIDIA GeForce GT 630 またはそれ以上
 Intel)Intel HD Graphics 2000 またはそれ以上
 AMD)AMD Radeon HD 7700 シリーズ (HD 7790 (VCE 2.0)) またはそれ以上
画面解像度:全対応(8K 4320p, 4K 2160p, 2.7K, 2K, 1080p, 1080i, 720p, 480pなどを含め)

 

VideoProc

 

---------------------------

2019/10/26 ライセンスコード部分追記

更新: 2019/10/17
処理速度

【動画形式変換】速い。瞬速。

ダウンロードの方はbilibili落とすことに関しては、無償の「WinX YouTube Downloader」と速さも違わないので、有償版購入で速度リミッターが外れる「Freemake Video Downloader」と違って、ダウンローダーとしては課金のしがいはないが、形式変換の方は素晴らしい性能。当初一瞬で終わりすぎて、変換に失敗したかと思ったくらい。

更新: 2019/10/20
操作性

機能間の連携が悪い

せっかく変換機能を持っていて、さらに「ダウンロード」のタグでは保存形式が選べそうなレイアウトなのに、結局いったん元ファイル形式で落としてから変換する必要がある(変換自体は爆速だが)。

 

一方さすが中国製?なのは、Handbrakeが変換できない中国語ファイル名(例えば「可视广播生肉」など)が入っていても変換可能。

更新: 2019/10/14
怪しさ

同一会社の出しているソフトの関係性がよく分からない。

「WinX YouTube Downloader」の有料版は「WinX HD Video Converter Deluxe」のようであるが、買おうとすると現在はこの「VideoProc」に誘導される。それでいて「WinX HD Video Converter」と「VideoProc」は別物扱いらしく、変更には課金(再購入)が必要とか。「更新永久無料」とは←名前換えれば別ソフト??

 

  • 購入金額

    4,048円

  • 購入日

    2019年10月13日

  • 購入場所

    Digiarty Software, Inc.

12人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから