レビューメディア「ジグソー」

燻製 作るぜ!!・・・格安の温度センサー

冬になってきました

 

せっかく北海道に来ているので、その低湿度と低温を利用して燻製を作ってみました

東京では出来ないかもしれない外での風乾も出来そうですし空気も綺麗です

 

燻製機はこれから自作するとして、電気コンロをきちんと動かすための温度コントローラを

作成しようと思います

 

KKmoon 90~250V 10A デジタル温度コントローラ 熱電対 -50~110摂氏度 センサー 付き です

 

 

アマゾンを見ると似た様な物があるので、おそらく同じ物だと思われますが、この類いの中華物は柄が同じでも中身が違うのは良くある話なので、実績がある物を買ってみました

最安値は1000円からあります

 

内容はとってもシンプル、本体、温度センサー、簡単な冊子です・・・(英語)

 

配線図はとても綺麗に解説されている方がおりますので、こちらを参照しました

 

 http://www.peatshop.com/smoke/ontyouki.htm

 

元々そんなに配線が必要なところはないので簡単です

 

 

基本的にはこの端子をマイナスドライバーで緩めて挟むだけですが、その大きさから単線を1本しか挟めないので端子を1本化しておく必要があります

 

そのまま作ると配線がむき出しになってかっこわるいので、なんかに仕込むこととしましょう

 

今回は燻製用の温度センサーを作るので、アウトドア感を出すために、切り株の中に仕込んでみましょう

 

 

 


 

 

切り株は知り合いの林業をやっている方から輪切りを10M分くらい 20cm位ずつに切ってもらい譲ってもらいました

 

材木はその辺の灌木のシナノキです

 

堅くはありませんが、夏に切り倒してしまったので、水分が多いです(割れそう・・・)

 

水の中に入れて干すとか、乾燥法は色々ありますが、今回はボイラー室に間借りして自然乾燥させます

 

イチイとか樫の木だと加工が大変ですし、割れが激しいので良しとしましょう

 

実は、これを作る前に、丸太をパーツサイズにノミで穴を開けくりぬくタイプを作っていましたが、制作途中で、乾燥して割れてしまいました

簡単に言えば、削るときはシンメトリーに削っていき、木の中が均等に乾燥して行かないと割れると言うことが分りました(分っちゃいましたが、途中で割れると心が折れます)

 

今回は彫り込みをやめてなるたけ均等に乾燥させるべく3等分にしました

 

 

さてさて作成開始・・・

 

まだ水分が残っている切り株を干しつつ3等分に分けました

切り落としに使ったのは手鋸です、電鋸にしようかと思いましたが、心を込めて手鋸で作業です

 

 

 

点線は、心の迷いです(^^;)

とりあえず3等分に・・・

 

コンセント等を仕込むところをケガいておいて、真ん中の部分はドリルで適当に穴を開けて、ジグソーでくりぬきます

 

 

大雑把に適当に真ん中に穴を開けて切り取っていきます。だんだん大きく開けていけば綺麗に切り取れます

ちょっと抵抗はありますが、ゆっくり前後に切っていけば問題ありません

節を抜いてしまわないと放射状に割れるので、早々に抜いてしまいます

 

 

内脂肪の模型みたいになってきました

 

切って約1日たったところで、上下のふたの部分ははシナって来ました・・・・

ありがちの光景ですね

前に作った作品では、チェーンソーの切断面では無く先にサンダーで削った面を作って、それから鋸で切った蓋はしなりが少なかったですが、今回は服が汚れるので後回しにしました

そうしたら、しなりが大きかったです・・・(T_T)

先に削った方が良さそうです・・・(後悔先に立たず・・・)

 

どうせ最後はサンダーで削っちゃうんですが、とりあえず乾燥させきって水平を出そうと思います

蓋も節を抜いちゃえば良いんですけどね・・・

抜いたら蓋にならないので自然に任せましょう

 

3個のパーツを重ねてここから20キロほどの重しをつけて、なま暖かい場所で1週間乾燥させます

 

 


 

 

さてさて、乾燥したら、穴を開けていきます

 

穴は鋸とドリルで開けます

マルチツールも試しましたが、合板には強いマルチツールも丸太だときついです

 

レシプロソーに、解体用チップソーを付けて切ろうと思いましたが、綺麗に切れません(ギリギリの所を攻めることが出来ません

 

なので、木工用のジグソーの刃を付けて切りました

これなら良く切れます

とても良い感じに切れました90度回転出来たので横もそのまま切ってしまいました

 

電源コネクターを入れる穴を掘らなければいけない後ろ側は

フォスナービットで頑張って掘って掘って、掘って、掘って作りました・・・

上記セットの15mmはなかなか良いです・・・

 

そんなわけで作ったら、

 

サンダーで、サンディングします

 

サンディングの写真は・・・

 

忘れました・・・

 

 

ペーパーも安くなったので、この頃は気兼ねなく穴あきサンドペーパーを使える様になりました

 

80番あたりから250番あたりでまとめて平らにします

 

サンディングすると、白く綺麗になります、左がチェーンソーで切った面ですが、サンディング後との差がはっきり出ますね

 

 

平らになったら、ひび割れや穴を木工パテで埋めて乾燥させます

 

乾燥させたらさらにサンディング・・・

 

250番から450番くらいでまとめます

 

このくらいになってくると年輪が浮かび上がってきて良い感じに仕上がってきます

 

終わったら、サンディングシーラーを塗ります

 

塗らなくても出来ますが、まだ木が生きているので、この後塗るウレタンニスをお腹いっぱい吸ってしまいますので、目止めをするためにやった方が経済的に安上がりです

 

特に年輪の中心はもの凄く吸うので、シーラーを塗らないのなら、薄めのウレタンニスを塗ったら、ヒートガンで暖めて強引にニスを硬化させ目止めをした方が良いと思います

 

 

サンディングシーラーが乾燥したら、またサンドペーパーで削ります

 

初めはサンダーで、最後は手で削りました

 

削って、平面を出したらウレタンニスを塗っていきます

 

塗っては、削り、塗ること3回・・・

最後は、スプレーで仕上げます

最後は600番のサンドペーパーで仕上げて、フローリング用のワックスを塗りました

 


 

 

側は出来たので中の配線を入れていきます

 

配線はこんな感じ

コネクターは小さいので、クイックロックを使って1本にまとめて取付けます

黒の矢印は温度センサーにつなげる線です

 

イメージは黒は黒でまとめる、白は白でまとめるといった感じです

 

こんなのを使ってまとめます

 

これに圧着をして、先をちょっと切ってあげれば、より線も本体端子穴に?きちんと収まります

ただしこちらの端子はは、クイックロックの穴には入らなかった(長さが足りなかった)のでクイックロック側はより線を電灯線(単線 VVF)に圧着して変換し接続しました

どちらにしても、電気コンロを繋げるので、余り線を細くすることは危険なので避けたいところです

 

そんなこんなで完成!!

恐る恐る、電源ON、配線も合っているようです!!

(^_^)v

ちょっとギリギリだったんで、横幅を後から広げました

 

木で作らなければ、簡単ですがちょっとやる気を出して作ってみました

 

暇つぶしにはなりましたね・・・

 

 


 

 

コマンドの設定・・・直訳に近いですが・・・

 

 

操作説明

 

電源ボタン(4個のボタンの左下)を3秒以上押すとオンとオフの繰り返し、設定中に押すと設定終了

 

Workランプ:電源出力中点灯

 

 ※setランプ:設定モードに入っているとき表示される


①Sボタンを3秒以上押すと、セッティングモードになり、HCが表示される
△または▽で HC-d-LS-HS-PU-CA-ATを循環して表示する

 

②コードを入力するためには表示パラメーター上で もう一度 Sボタンを押す

 

温度設定(ここが基本)
Sボタンを2秒以下で押し、△または▽でデータを変えると自動的に保存される。
△または▽を長押しで温度表示設定スピードが変えられる。

 

HC・・・ヒーティングコントロール・冷却コントロール

LS・・・下限設定

HS・・・上限設定

PU・・・遅延の開始 次回の働きを行うまでの間隔

CA・・・温度補正 -10~10 ℃

AT・・・出力停止タイミング

 

という感じで循環して表示されるので替えたいモードでSボタンを押そう


△ボタンまたは▽で変更する データを選択し、電源スイッチを押すと保存され、モードを抜ける

細かい説明は・・・

 

HCモードでセットボタンを押すと、ヒーティングコントロール・冷却コントロールを選択することが出来る

ヒーティングコントロール
温度コントロールモード(HC)での表示はH
例:40℃での設定で、折り返し温度範囲が2℃では、設定温度40℃より環境温度が高いときはリレーはスイッチオフとなり、電源出力がとめられる。
環境温度が設定温度である38℃より小さいときはリレーはスイッチがオンとなり、出力が再開される。

冷却コントロール
温度コントロールモード(HC)のうちC
40℃の設定で折り返し温度範囲が2℃では、環境温度が40℃より小さいときリレースイッチはオンとなり電源が出力される。

 


HCの状態は 暖房/冷却の切り替え サーモスタットによる H=加熱 C=冷却 

 温度コントローラーを温める(H)ために使うのか冷やす(C)ために使うのかを設定する

 

つまり、燻製を作るためには (H)のモードにしておいてセット

(HS)のパラメーターを決めておいて 

 例えば 60度とか、

次の(d)のパラメーターで、

何度下がったらまた通電させるといった設定をする事になる

例えば 3度とか


d 温度折り返し範囲 オンとオフの間の温度範囲

 設定した温度に到達後、再度加熱を始めるまでの温度差(d:規程値2℃)

 下がったら通電すると言うことです


LS 下限設定  最下限が設定される 最小値-50℃(それ以上は回路切断でエラーになる)

 最下限温度を設定する(LS:既定値-50℃)


HS 上限設定  最上限が設定される 最大値110℃(それ以上は回路切断でエラーになる)

 最上限温度を設定する(HS:既定値+100℃)


PU 遅延の開始 次回の働きを行うまでの間隔 0-90分

 温度に到達してから一定の時間を経過しないと加熱を開始しないよう時間(分)を設定する(必要に応じて PU:既定値0分)

  今回の燻製作りには必要なさそうです


CA 温度補正 -10~10 ℃

 必要に応じて温度センサーが感知する温度の微調整(必要に応じてキャリブレーションを行う事)

  今回の燻製作りには必要なさそうです


AT 出力停止タイミング 初期設定はオフ 単位は 分

  今回の燻製作りには必要なさそうです・・・(^^;)

 

その他注意事項:
パラメーターロック:▽を3秒以上押し、点滅させる、OFF表示にすると、ユーザーによってパラメーターがロックされたことになる。
同じようにON表示はアンロックされたことになる。
(ロックの後はチェックできるが、変えることはできないが温度アジャストは調節可能)

故障の時は・・・
センサーがショートしたり、環境温度が110℃の上限を上回った場合、回路は切断され、HHH表示となり、出力は停止される
センサーが正常に働き、環境温度が-50℃を下回った場合、LLLが点滅表示され、出力は停止される

 

 

 

  • 購入金額

    1,399円

  • 購入日

    2018年08月19日

  • 購入場所

    アマゾン

14人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • cybercatさん

    2018/11/18

    わー本格的!
    今度燻製の完成品もアップしてくださいよ!
  • hideさん

    2018/11/18

    了解です
    燻製機の方ですが、まだ、もらってきた廃材の状態です・・・
    出来ましたら、UPします

    なんとか、お正月は一人、手作りスモークサーモンとスモークチーズ
    手作りベーコンで祝いたい物です

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    PCから燻製器まで!? ZIGSOWユーザー自作アイテム6選

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから