レビューメディア「ジグソー」

爪のけずりかすが散らない爪やすり

爪やすりなんですが。

つめを整えることもできるし、短くもできる。そういう商品です。

削ったかすが容器内に入っていき、ほとんどかすが散らないつめけずりです。

 

ペン型をしていて、キャップにクリップがついている。

バックの中にペンの並びで刺して管理しています。

 

私は、携帯端末をあまり触らなくとも、PCはずっと触っているタイプなので、爪が長くなってくると、キーボードの早打ちがしにくくなり、間違いも発生して指が疲れてきます。

 

そのため、1mmしか白い部分が見えないのに、爪切りたい‥になります。

指先の肉よりも爪が出てしまうからでしょうね。

でも、1mmだと毎週1回。多いと2回は切らなければならなくて、面倒だなあとよく思っていました。

 

あと、夜に爪切ると~説もあるよね。

爪を切ることができるタイミングと場所が必要で。

なかなか切れないときには、ちょっと、自分でもイライラしてくるのがわかるほど。。

 

 

ある日、お店を見ていたら。

この商品を知る。

爪やすりなのにかすが散らない。むしろ消える?

800円だし。と買ってみたら、とにかく便利です。

 

☆切らない。削るのです。

これなら夜でもいけるだろう。だって、切っていないもん。削っているんだもん。

 

☆どこでもできる

控えめに「かすが散らない」と書きましたが、黒のシートの私の車内でも使っているほど、出てこない。

しかも、爪削っている風には見えにくいし、他の人が見て不快になる率が低めと思うので、常識の範囲でどこでもやっています。

 

☆深爪しない

切らないから、深爪しない。ということです。

 

 

<使い方>

 

1.V型溝付の刃に沿って、手や本体を動かして、やさしく爪を削ります。

2.(本体)下のキャップを外し、爪の削りかすを簡単に捨てる事ができます。

 

おすすめのコツとしては。

力を入れすぎないこと。

力を入れればそれなりに早く削れている気がしますが。

深爪の原因にもなります。ええ、深爪しました。(笑)

切らないから深爪しない‥わけではなかった。

結局現在は、幅の狭いトリミング刃のみ使っています。

広いほうを多用すると薄い皮が残されてしまいます。

これが地味に邪魔で気になるんですよね。 

 

 

<やすり部分が気になる>

 

2種類ついていて。

幅が狭いほうが、荒削り。トリミング刃

広いほうが、(正式名称の記載がありません)仕上げ刃

 

「刃」と書いていますが、触っても痛くないし、指を滑らせても削れることはありません。

 しっかり力を入れたら別でしょうけれど。

触った感じは‥ざらざらしているなあ。です。

そのくらい。

 

この、ざらざらとしている部分に細かな穴があいていて。

削れた爪が入っていきます。

 

ケース内に削れた爪がたまっていき、蓋をあけて捨てます。

水洗いもできます。

 

 

便利で2つ買っています。

が!

後で買ったほうが、なにか違うと思っていたら。

これまですでに、パワーアップ化を行っていて。

見た目でわかりにくいから、実は違ったんだろうと想像できる。

 

 

 

気になることといえば。

爪がみじかくても削りたい場合。

幅の広い仕上げ刃で削っていると、薄い皮が残されてしまいます。

角が使えたらいいんだけど‥と思うことが多々あります。

  • 購入金額

    800円

  • 購入日

    2018年05月03日

  • 購入場所

    ロフト

6人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから