レビューメディア「ジグソー」

HTP-S353とHTP-SB550のMix

パイオニアの5.1chサラウンドシステムです.

リモコン付きで正常動作しているものを,JUNKで見つけたので,試してみることにしました.

買った後でわかったのですが,サブウーファー内蔵アンプ部とバースピーカー部は別物で,なぜか組み合わせれて売られていました.まぁ,サラウンド用スピーカーがセットになっていたとしても,あまり使える代物ではないと思うので,逆に良かったです.

 

 

サブウーファー内蔵アンプは,HTP-S353のアンプ部で5.1chのサラウンドアンプのSA-SWR35です.

バースピーカーは,HTP-SB550のスピーカー部で,LR+Cの3chスピーカーのS-S550です.

HTP-S353のサブウーファー内蔵アンプ部とHTP-SB550のバースピーカーの組合わせということになります.どちらも2012年発売ですから,別々に買った人が組み合わせを変えて放出したのかもしれません.

 

HTP-SB550は,3chのバースピーカーのため,アンプ部も3.1ch分しかなく,サラウンド用の2ch分はプリアウト出力になっています.

一方,HTP-S353は,5.1ch分のアンプ内蔵で,サラウンドスピーカーが直接接続できます.

今回,REGZA 55Z7での使用ですので,バースピーカー+サラウンド出力はぴったりで,TV用には最適な組み合わせでした.

 

入力は,HDMI×3と光デジタルです.アナログ入力がないのはちょっと残念ですが,光デジタルでTVと接続します.

音質的にはバースピーカーなので,過度な期待はできず,内蔵TVスピーカーよりはかなり改善しているという感じです.

低域はサブウーファーのおかげで,しっかり出ますが,邪魔になる場面もあります.中高域は聞きやすさ優先で,音楽性は乏しいです.音声が聞き取りやすくなるのが最大のメリットです.

スピーカー交換を前提で導入するのが賢い選択ですが,そうするとアンプのひ弱さが目立つことになり,結局AVアンプを買うほうが幸せという結論になります.

リモコン付きのセットで5000円以下なら,十分魅力的ですが,1万円を超すようならAVアンプ+個別スピーカーの方が良いと思います.

 

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2018年04月頃

  • 購入場所

12人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから