レビューメディア「ジグソー」

なんと、懐かしのあの人が登場するというサプライズ有り!

  • by
    L2さん
  • 2017/01/31
  • (更新: 2017/01/31)

ウィザードリィ外伝2・古代皇帝の呪い、そのコミック版2巻ですね。

1巻では、墓所迷宮の主である古代皇帝ハルギスを打ち破った主人公たち。

しかし、それは新たなる災厄の引き金であったのだ……。

という展開ですね。

 

更新: 2017/01/31
満足度

シナリオ、作画共にゲーム本編と同じ。世界観をそのまま味わえます。

1巻のレビュータイトルにも既に書いていますが、ゲーム版のシナリオ担当者が原作、そして、キャラデザイン担当者が作画というコミックなので、上手い事、世界観を崩さずにオリジナルキャラを盛りこんできたという所が、素晴らしいかな。

 

パーティ編成も、ドワーフ戦士、人間侍、エルフ魔術師、ホビット盗賊、ノーム僧侶、人間?ロードという事で、金剛の戦斧(ドワーフ戦士限定)、木霊の弓(エルフ魔術師限定)、アイシングダガー(ホビット盗賊限定)、大地のフレイル(ノーム僧侶限定)、ベイキングブレード(人間ロード限定)、村正(侍限定ウィズ最強武器の事が多い)といったゲーム内最強武器が装備出来る編成なんですよねー。

 

そして、ベイキングブレードに変化する錆びつきし刃のスペシャルパワー、「使用者は、灰と化す」と人間限定装備という所を組み合わせた、ルーリエさんの人間化のお話は良いですね。

 

そして、冥界では、あの不死王様が登場します。

死神と対決して、精神を読まれた時の描写で、ワードナやマイルフィック、ダバルプスという単語が出てきましたので、間違いなく、「あの」不死王様ですね。

物語には関係無いのかもしれないけれど、嬉しくなりました。

更新: 2017/01/31
総評

展開としては、序章エンディング的なのですが、上手く纏めてあると思います。

全2巻。

真のラスボスとは戦う事はありません。

というか、主人公の仇、シュゼンとも戦わないw

 

池上明子さんの初コミックなので、仕方ないかなあ、とは思いつつ、かなり残念ではありますね。

一方で、主人公の出身は、描写では日本にかなり近いのですが、展開や仇敵シュゼンの方を見ると、エセルナート世界的なヒノモトの香りがしたりして、面白いコミックだと思いますねぇ。

これを読むと、普段、人間オンリーでパーティを組む私ですが、他種族を使ってみようという気になりますね。

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    不明

  • 購入場所

10人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから