レビューメディア「ジグソー」

楽しいヴァイオリン

所持する音楽データに対する私利私欲...イヤ私情私見あふれるコメント、音楽の杜。こういった分野のものは「好み」ですし、優劣を付けるのもそぐわない気がしますので、満足度の☆はあくまで私的な思い入れです。オールマイティにジャンルを問わず活躍するアーティストがいます。ジャンルをまたがり表現形はずいぶん異なりますが、それでもそこを貫くのはその人の、ひととなり。そんな内側からあふれてくる楽しさに満ちた作品をご紹介します。

中西俊博、ヴァイオリニスト。クラシック~ポップス~ニューエイジ~ジャズ~フュージョン~舞台音楽と八面六臂の大活躍。番組のBGMに取り入れられていることも多く、TVを点けっぱなしにしておいたら、彼の音楽を聴かずに1週間を過ごすことは不可能だろう。

その作風は、粋で楽しい。もちろん、哀しげなバラードも重いマイナーの曲もあるのだが、でも彼の本質は陽性だ。軽やかに歌うヴァイオリン、親しみやすい曲調と合わせて、とても朗らかな彼の人柄が表れている。

本作は、1980年代から現在まで活躍する彼としては初期の作品(1990年発表)、永い芸暦で何度かレコード会社を移籍しているが、そのなかで最もポップなカラーで押したFOR LIFEでの最初の作品。実にバラエティに富み、そして楽しい楽曲が並ぶ。

スキッド・エクスプレス」。中西の作風が良く出ている代表曲のひとつ。バンドではなく、弦楽四重奏での演奏だが、とっつきにくくなるのではなくコミカルで覚えやすいメロディ。そのわりに、演奏自体は技巧を凝らして色々な奏法が挟まれる。最後に「しぃぃぃーっ!」と静かに!?と注意する声が入るのが茶目っ気にあふれている。

Cookie In The Pocket」は、ブリっとした渡辺直樹のベースと、タイトな石川雅春のドラムのリズムが気持ちよいフュージョンタッチのポップな曲。Bメロはむしろキーボード主体で、「オレがオレが」ではない、中西の総合プロデュース力が光る。

ホビー・キャット・クルーズ」は、ラテン調のバックのリズムに合わせて、中西のヴァイオリンが歌う。左右の端にまで散らされたキーボードがスリリング!オルガンのグリスで左右に音が飛び回る!楽しい!!担当は攻殻機動隊の音楽

 

で有名な菅野よう子。

テクニックはひけらかすものではなく、ヒトを楽しませるためにある、というのが主張としてビンビン伝わってくる、若き日の中西の作品。

楽しい音楽、楽しませる音楽です。

大貫妙子が歌をつける曲もある
大貫妙子が歌をつける曲もある
 

【収録曲】
1. スキッド・エクスプレス
2. Cookie In The Pocket
3. Sing Again
4. 遙かなる想い
5. ストリート・ピープル
6. マリン・スノー
7. 風を感じて
8. ホビー・キャット・クルーズ
9. Down Hill & Climb Hill
10. 森の木蔭で夢みたら

 

「スキッド・エクスプレス(Live)」

更新: 2021/11/06
必聴度

ポップヴァイオリンなら彼

特にこのあたりが一番覚えやすいメロディ

  • 購入金額

    3,000円

  • 購入日

    1990年頃

  • 購入場所

18人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから