レビューメディア「ジグソー」

SSDを組み付けました - アクセスランプが素敵なUSB3.0対応HDDケース

USB3.0対応のHDDケースです。USB3.0のUASPモードで動作した場合、5Gbpsでのアクセスが可能のようです。アクセスランプはUSB2.0接続の時は青、USB3.0接続の時は緑になります。

 

 

さっそく開封します。

 

 

 

 

USBケーブルがちょっと太い感じです。

 

 

細めのUSB3.0対応ケーブルはあまり見たことがないです。

規格上作るのが難しいのかもしれません。

見かけたら買おうと思います。

 

 

気を取り直してさっそくSSDを組み付けていきたいと思います。

 

先ず下面にあるロックを外して背面のふたを開けます。

 

 

 

 

SSDをINします。



 

組み付けたSSDはインテル 335 Series SSDSC2CT180A4K5です。

ふたを閉めてさっそくPCに繋ぎます。

 

ドライバーなどの工具を使わないでさくっとつけられるので良い感じです。

 

とりあえずWindows8.1のデスクトップPCに繋げてみました。

 

LEDが緑に光りました。

素敵!

 

 

これだけでは使えないのでフォーマットを行います。

左下をクリックしてディスクの管理を選びます。

 

 

ディスク3が不明、初期化されていませんと表示されています。

右クリックしてディスクの初期化を選びます。

 

GTPパーティションスタイルを選ぶとパーティションをいっぱい切れるのですが今回は互換性を考えてMBRを選ぶことにします。パーティションは4つしか切れませんが180GBなのでそんなに切ることはないでしょう。

 

ディスク3がオンラインという表示に変わりました。

 

 

右クリックしてウィザードを立ち上げフォーマットをしていきます。

完了でフォーマットが開始されます。

 

フォーマット中

 

 

フォーマット完了

 

 

 

 

これでマイコンピュータにSSDが表示されるようになります。

 

 

 

CrystalDisKMarkで速度を測ってみます。

 

USB接続でも速いです。SSDはPCに直付けしたらもう少し速いかもしれませんね。

 

 

ちなみに現在PCのCドライブについている付いているSEAGATE ST2000DM001はこんな感じです。

 

結構健闘していますがHDDとSSDはやはり速さが違う感じです。

 


 

 

おまけに先日発掘されたメーカー不明のUSB2.0接続のHDDケースを繋げて測ってみることにします

 

中に入っているHDDは40GBの東芝MK4018GASでした。もう寿命が来てそうですがまだ普通に動くようです。

 

性能って上がってるんだなぁと思わせてくれる速さの違いです。

 

  • 購入金額

    2,280円

  • 購入日

    2013年頃

  • 購入場所

8人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから