レビューメディア「ジグソー」

様子がおかしくないHD7770

ほぼ同じようなXFXのHD7770(ZDBC)を持っているので基本的にはそちらを見ていただいてOK。

あちらは2012年に書いたレビューなのにこちらは2015年。随分と間があいてしまったがまあ、CFXを2年ほど使った感想もかねて。尚ZDBCはなんか微妙に動作がおかしかったがこちらのZNBCは快調な個体。

 

ZNBCは性能は上記ZDBC同等、ファンがシンプルなシングルファンになっているモデル。

ヒートシンク形状も一般的な放射状なのだが、ZDBCと同じデザインの金属製カバーがついているので、存在感は抜群&一見外排気クーラーにも見える。

ファン自体も当然ブレード数などが異なる。

ZDBCは実際見た目通り前後方向に空気が出て行く形状だったが、こちらは普通の放射状なので周囲に放熱する。ただ実際の使用ではあまり差異はなく、ZDBCのほうが負荷時に静かかな?くらい。

元々HD7770自体がさほど高発熱ではないのでどちらも冷却力には余裕があるようだ。

付属品の内容、パッケージもほぼ同じ。もうデザイン違いの別モデル程度に思っていいんじゃないかレベル。

更新: 2015/09/29
デザイン性

ZDBCと揃ったシャープなデザイン

HD7770でありながら存在感抜群な色使いと直線基調なデザインは凄く好み。

側面のチップ表記もHD7770の7っぷりがたまらない(何

さて、せっかく2枚目なのだから、当然CFXをするわけだけど、このXFXのHD7770のビジュアル面の存在感はすばらしい。

 

HD7770にしては無駄に基盤が長く、ZDBCのように長いクーラーをつんでいるわけではないので随分空きスペースが…

 

ご覧の通りカード内にトミカが収まるくらい無駄なスペースがあるのだが、このビジュアルの為だと思えばなんの問題も無い。

 

ZDBCと綺麗に揃った長さとデザイン、そしてシングルファンとダブルファンの差異あわせてロゴ配置などを変化させている。そして側面の鮮やかなレッドに収まるHD7770の文字。

この2枚のコンビはミドルレンジ2枚とは思えない存在感を出してくれる。後述の通りZDBC側の不調でなかなか安定していないのだが、それでも3年近く使っているのはこのビジュアルに惚れての事だ。

更新: 2015/09/29
コストパフォーマンス

手ごろな価格でマルチGPUもよし

性能面は以前750Tiのレビューをしたときのグラフを流用するので見難いがこんなかんじ。

 

(CPUはCore i7 3770K)

大まかな傾向はHD7770CFX>GTX750Ti≧GTX 560Ti>HD7770。

 

お次は負荷時の消費電力。

 

 

グラボの宿命として、どんどん後から性能や消費電力に優れたモノが出てきてしまうのは仕方がない。このHD7770で言えば、同等の消費電力でそれを上回る性能の750Tiが登場してしまっている。

しかし、2年後に登場した750Tiと勝負できるあたりがさすがというか。

 

HD7770は登場時から価格・性能・消費電力のバランスがいいカードだったのだが、発売から年数がたった今でもネットゲームやリリースが少し前のMMORPG程度なら十分活躍できる。発熱も少なく扱いやすい。

 

アイドル消費に関しては750Tiにまったくひけをとらないというか、なんとCFX環境ですら750Ti以下でトップクラスの低さを誇る。

 

CFXがきくゲームならかなり高効率で性能をアップできる上に消費電力面での心配も少ないのが魅力。但し事前に主にプレイするゲームがCFXの恩恵を受けやすいかに注意する必要があるが。

HD7770のCFXはマルチGPU環境の満足感が手ごろに味わえる。

 

電源容量も600Wクラスで十分だ(一時期450W電源で動かしていた事もあった)。

またCFXが作動しない場合セカンダリ側のVGAはファンすら停止させる休止モード(先ほどアイドル時の消費電力が1枚時と大差なかったのはそのせい)になるので、アイドル消費の増加も最低限に抑えられるのがすばらしい。

 

そしてきっちり対応したソフトなら目に見えて性能アップするから楽しい。

 

更新: 2015/09/29
安定性

やはりCFXは場面を選ぶ&相方が不調

が、今回はZDBC側がなんかよくわからんけど不調なせいでベンチが落ちたりゲーム中にドライバ再起が入ったり不安定。そもそもZDBC自体がなんか不調だからと格安で譲ってもらったものなので仕方ない。

ZDBC側をCFXセカンダリ側にしたらわりと安定したがそれでも完全ではなかった。他にも起動時に勝手にCFXが解除されてたり、別の部分の組み替えで衝撃がはいったのかCFXブリッジの接触不良表示がでてたり…

とはいえ何度かドライバのアップデートが入ったせいか、最初の1年間以降はだいぶ安定はしていた。

 

また片方が不調なのとは関係なく、自分が主にプレイしているTERAはCFXの恩恵を受けられないバグのような仕様があったので、正直ベンチ以外でCFXが活躍した記憶は少ない。

それでも使い続けたのはダントツでデザインが好み(特に2枚挿し時)だったから。

 

CFXの面を考えて安定性の★は減らしたが、これは不安定なもう1枚と組み合わせたせいなので、ちゃんとした2枚なら評価も変わったのだろう。

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2013年05月頃

  • 購入場所

27人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (7)

  • cybercatさん

    2015/09/29

    うおーかっけぇ!
    横っ面命!(何

    >トミカが収まるくらい無駄なスペース
    (´・ω・`)
  • 下小川さん

    2015/09/29

    やっぱり見た目デスヨ見た目!!!意外とこういう直球シンプルかつインパクトのあるデザインのグラボって少ないんで。
    そしてトミカピッタリサイズ!トミカ最高!!!
他4件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    新着レビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから