レビューメディア「ジグソー」

沼(10)

これもオーディオなんちゃってマニア道...かなぁ???
オーディオ道は入ると底なし沼であることがわかっているので、「なんちゃって」ですがそれでも一般の人から見ればずいぶん金をかけているかもしれません。

それもどちらかと言えば、手をかけることをいとわない、つか人と同じモノをそのまま使うことをヨシとしない性格でもあり、DIY(Denki-mono Iziriga sukinanda YO!)系の商品に惹かれたりします。

「ハンダ付けなしで誰でもできる!USB DACキットではじめる高音質PCオーディオ」

はインプレスから発売されたDACキットでコンデンサの交換ができる。
まぁ、ここらへん

をとっかえひっかえするワケ。

こういった自作ものはこのあたりが面白いし、このキットは書店で販売される豪華おまけつきの本の「おまけ」とすれば、かなりいじりがいがあるベースが良質なもの。ただ実験的にイロイロやっているときは問題にならないけれど、常設して使うには基盤むき出しだと、埃は積もるし衝撃に弱い、何より電導性のものが触れたりするとショートの可能性もあり危険。

そこで最終的にはケースに入れるわけだけど、自作モノ定番のタッパーケース(食品を入れておくような軟質プラスチックのケースは、安くてサイズが豊富、非電導性で穴あけなど細工が簡単、とこの目的にかなうので自作ではよく使われる)だとちょっと萌えない。そこで初回販売時瞬殺されて手に入らなかったこのキットにあわせて作られた専用ケースが予約再販される、というので少しお高いが予約を入れてみた。

色は2色あり、シャンパンゴールドのボディに桜白木のサイドパネルとブラックボディに黒檀のサイドパネルの組み合わせ。シャンパンゴールドの軽やかな装いもよかったけれど、桜白木のサイドパネルは汚れそうで、さりとてオイルを塗ってしまうとかなり異なる風合いになってしまうので、ブラック+黒檀タイプをチョイス。
桜白木はウッドオイルで磨くとよいとの記載がある
桜白木はウッドオイルで磨くとよいとの記載がある
たたずまいはこんな感じ。
フロントは白で型番などの刻印とPower LEDの点灯部、ライン/ヘッドホン出力兼用ジャックしかないのでシンプル。
フロントは白で型番などの刻印とPower LEDの点灯部、ライン/ヘッドホン出力兼用ジャックしかないのでシンプル。
リア側は標準の同軸出力に加え、オプションの光デジタル出力とUSB入力
リア側は標準の同軸出力に加え、オプションの光デジタル出力とUSB入力
サイドは未処理の黒檀パネル。ちょっとエッジの処理が荒いか?
サイドは未処理の黒檀パネル。ちょっとエッジの処理が荒いか?
cybercatはすでにオプションの光デジタル出力

を増設しているので、光出力対応の穴が開いているのはありがたい(言い換えればトスリンク(光出力端子)をつけていないと穴が開いてしまう)。あとサイドパネルの処理は、仕上げの楽しみを残してくれている、ともいえるが、面取りしているところが段つきでちょっと荒い感じ。絹目のペーパーでならしてやりたいところだ。風合い的には木の素材むき出しのやや白みがかった感じも悪くない。オイルやワックスを使うかどうかはまた考えよう。

しかし残念なのはこのケースの構造。ケースは
・サイドパネル一体型の基盤を固定するベース
・フロントパネル
・トップ~リア~アンダーパネル一体型の「コ」の字状のパネル
という構成。
フロントパネルと2つのコの字状パーツの3点分割
フロントパネルと2つのコの字状パーツの3点分割
足は「コ」の字状のパネルに固定する。
DVK-UDA01を組み込むとこんな感じ
DVK-UDA01を組み込むとこんな感じ
こうなると、先のDVK-UDA01の面白いところ=コンデンサーをとっかえひっかえ、というのはかなりやりづらい。このDACケースの足は基盤固定ベースでなくて、トップ~リア~アンダーパネル一体型のほうに固定するので、そちらを残すと一番目立つフロントパネルがなくなるし、フロントパネルを残すと足が立たない。まぁ取替え実験のときだけフロントパネルなし、というのを我慢したとしても大型の容量が大きいコンデンサーをつけるとこの架体にそもそも収まらない可能性もあって、そのときフロントパネルをあきらめるよりはリアをあきらめるほうが美的感覚にかなう。そういう意味ではフロント1枚+トップ~リア~アンダーパネル一体型「コ」の字パネル1枚ではなくて、フロント~アンダーパネル一体型「L」字パネル1枚+トップ~リアパネル一体型「L」字パネル1枚のほうがよかったかな。

そこが今一歩かなと、いう感じです。

.....要するにまだコンデンサが決まらなくてこのケースに収められないんで大問題、というだけだともいえるンですがっっっ!!ww
  • 購入金額

    5,199円

  • 購入日

    2012年07月10日

  • 購入場所

    インプレスダイレクト

26人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (14)

  • 退会したユーザーさん

    2013/06/05

    正直に申し上げて貴殿はすでに弁慶の泣き所あたりまで
    沼に沈みつつあります(--b
    しかして・・さらに精進し腰・・腹・・胸と
    沈み逝くことこそじぐそにあんの誉れであります(--ノ

    黒檀の箱がかっちょいい(・・V
  • cybercatさん

    2013/06/05

    >正直に申し上げて貴殿はすでに弁慶の泣き所あたりまで
    >沼に沈みつつあります(--b
    おお、自分的には身動きがとりづらくなってきているので、太ももあたりまで来ているかと思っていましたが、客観的に見ると「まだ」そんな感じですか。

    精進精進??

    黒檀ふぇちなのでw

  • 北のラブリエさん

    2013/06/05

    まだスネあたりかもしれませんが、あとは沈むだけですw
    時間の問題(*´∀`*)

    オーディオ天国よいとこ一度はおいで♪
    酒はうまいしネーチャンは綺麗だ!
他11件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから