レビューメディア「ジグソー」

彼の歌から元気をもらってる人って多いんだろうな。

所持する音楽データに対する私利私欲...イヤ私情私見あふれるコメント、音楽の杜。こういった分野のものは「好み」ですし、優劣を付けるのもそぐわない気がしますので、満足度の☆はあくまで私的な思い入れです。書かれる詩、歌われる詞の世界に世の人を引きつける力があるアーティストがいます。そんなアーティストの作品をご紹介します。

槇原敬之は今も活動を続けるシンガーソングライター。デビューは1990年だから既に20年選手だ。歌の特徴は曲を聴き取りやすいメロディーラインと譜割り。あまりリズムが喰っていたり、日本語の音節を壊したりしない「歌詞を聴かせるための」曲作りをする。

その詩の世界は日常のシーンを切り取ったもの。一人称で男性目線で語られる。でもそれはヒーローやイケメンの歌でなく、どこにでもいる平凡な男性の小さな幸せであったり、恋人との仲違いであったり...そしてその語りの根幹には明るいものが宿っていることが多い(別れの後悔などを歌ったものもあるけれど)。
パステルタッチの装丁で「日常的」な槇原
パステルタッチの装丁で「日常的」な槇原
「僕の彼女はウェイトレス」は結構ダンサブルなアッパーチューン。元もんた&ブラザーズ

の角田順がファンキーなワウギターを弾く以外は打ち込みでドライヴする。♪あの初めてのKISSの/聴こえそうなドキドキも/寄り添う2人の髪が/同じ香りになる夜も/ずっとわからなかった/数学の答えみたい/僕と君が出会ったのは/もう偶然じゃない♪

「CALLIN’」はカタイ打ち込みの曲だが、淡々と対面では強がってしまう男の心情が語られる。♪会うといつでも言えない言葉/ラインにたくしてる/“とても好きだよ”/二人の距離を幸せにかえる/ベルが今日も鳴るように♪

そして..「どんなときも。」。言うまでもない人生肯定ソング。この歌詞に、彼の朴訥な歌い方に力づけられた人は多いだろう。春だか夏だかの高校野球の行進曲にもなったはずで、彼の代表曲。♪どんなときも/どんなときも/僕が僕らしくあるために/「好きなモノは好き」と/言える気持ち/抱きしめていたい♪....zigsow?ww

この後彼は事件なども起こすが見事に再起。いまでも人生肯定ソングを歌ってマス。

【収録曲】
1. どんなときも。(インストゥルメンタル・ヴァージョン)
2. 僕の彼女はウェイトレス
3. AFTER GLOW
4. Necessary
5. 満月の夜
6. EACH OTHER
7. ひまわり
8. CALLIN’
9. 3月の雪
10. 僕は大丈夫
11. どんなときも。

iTunes該当アルバムページ
  • 購入金額

    2,900円

  • 購入日

    1991年頃

  • 購入場所

14人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから