レビューメディア「ジグソー」

良くも悪くもオリンピックの商業化はここから始まった。

所持する音楽データに対する私利私欲...イヤ私情私見あふれるコメント、音楽の杜。 こういった分野のものは「好み」ですし、優劣を付けるのもそぐわない気がしますので、満足度の☆はあくまで私的な思い入れです。オリンピック...かつては単なる国威の発動であり、得るものは「名誉」だけだったスポーツの祭典が商業的にも成り立つイベントであることを示したのは、この1984年のLAオリンピックが初のような気がします。そんなターニングポイントの大会で重要な役割を示したアルバムをご紹介します。

The Official Music Of The XXIIIrd Olympiad Los Angeles 1984~邦題L.A.オリンピック公式アルバム、というこのアルバムは1984年の第23回(夏季)オリンピック大会のテーマソング集。それまでオリンピックのテーマソングというものはオーケストラが奏でるファンファーレや行進曲風のもの、と相場が決まっていたが、この大会は違った。各競技でその時代の売れっ子ミュージシャンがテーマソングを手がけたのだ。ジャンル的にもポップス~ロック~フュージョンと娯楽系の音楽。ただこのことがこの大会を「スポーツ選手以外には国別のメダル数しか興味を抱かせない」というような閉じられた祭典だったものを、一気に大衆化してオープンにした。
そいえばこういったマスコットに関してもロス大会あたりからだなw
そいえばこういったマスコットに関してもロス大会あたりからだなw
オリンピックのテーマとも言える「Bugler's Dream」こそFelix Slatkinの指揮で荘厳にはじまるが、そもそも23回大会のメインテーマが映画音楽の鬼才John Williams(スター・ウォーズやE.T.で有名)だ。ボクシングのテーマはTOTOが、マラソンのテーマはForeignerがそれぞれインストで手がける。では全てボーカルレスかというと、全然そんなことはなく、チームスポーツのテーマ(Loverboy)や陸上トラック競技テーマ(Giorgio Moroder)は完全にアメリカンロックボーカルなんですけどw。そうかと思うとバスケットボールテーマのBob Jamesはドリブルのような音をリズムに取り入れたノリの良いフュージョンだし、水泳のChristopher Crossはザ・AOR。

流石にここまで詰め込まれるとちょっと統一感はなく、とっちらかっているンだけど様々なアーティストがそれぞれの競技のイメージを受け取って作ったオリジナル曲だけあってどれもこれもレベルは高い。

cybercat的には当時(今もか)大好きだったTOTOのトラックがあるので購入。時期的には大ヒットアルバムTOTOⅣの後で、オリジナルメンバーのボーカリストが抜け後任を探していた頃。このアルバムの収録曲がボーカルレスだったのはそのせいだったりして。

長くレアトラックとして知る人ぞ知る、だったけど先日出たTOTOの集大成的ベストアルバム“IN THE BLINK OF AN EYE 1977-2011”に収められた。この公式アルバムも手に入りにくくなっているので、故Jeff Porcaroのパワードラムに載せてSteve Lukatherが弾きまくる!この曲が日の目を見たのはうれしいな。

【収録曲】
1. Bugler's Dream (From Charge Suite)
2. Nothing's Gonna Stop You Now (Team Sports Theme)[Loverboy]
3. Reach Out (Track Theme)[Giorgio Moroder]
4. Courtship (Basketball Theme)[Bob James]
5. A Chance For Heaven (Swimming Theme)[Christopher Cross]
6. Moodido - The Match (Boxing Theme)[TOTO]
7. Olympic Fanfare And Theme[John Williams]
8. Grace (Gymnastics Theme)[Quincy Jones]
9. Power (Power Sports Theme)[Bill Conti]
10. Street Thunder (Marathon Theme)[Foreigner]
11. Junku (Field Theme)[Herbie Hancock]
12. The Olympian - Lighting Of The Torch[Philip Glass]

まずTOTOのボクシングテーマ「Moodido - The Match 」


完全に「ソノ」世界のChristopher Cross、水泳テーマ「A Chance For Heaven」

  • 購入金額

    3,500円

  • 購入日

    1986年頃

  • 購入場所

16人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (4)

  • UDさん

    2011/11/14

    3D動画見た後の眼だと、登録画像が気持ち悪いですw
  • はにゃさん

    2011/11/14

    オリンピックキャラクターっていうと、モスクワ(1980)もあったと思います。
    たしか熊。
  • cybercatさん

    2011/11/14

    UDさん、
    >3D動画見た後の眼だと、登録画像が気持ち悪いですw
    言われてみれば中途半端な3D映像に見えなくもない...ww
他1件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから