レビューメディア「ジグソー」

スサノヲと合体して最強に見える

Lian-Li製のMiniITXケース(?)4脚ACっぽくてかわいいよね。
バラバラの状態で入っているので箱は小さい。M-ATXマザーの箱と容積はいい勝負な上に取っ手もついてお持ち帰りラクラク。通販購入だったのであまり関係ないのだが。

組み立て時間は使うパーツを迷ってたり、ケーブルの取り回しに悩んだりしたので約1時間。R/Cカーやプラモ組みたてるのに比べたら全然ラクだが、普通のケースに比べると当然時間がかかる。
また、脚の稼動軸が両側からネジを締めるタイプなので片側のネジを固定しつつしめないとうまく閉まらず後で動かしているうちにポロリするので注意。


3.5インチHDDを搭載でき、スリム光学ドライブ取り付け部もある。拡張カードブラケット類は固定できないが、ブラケット位置にきちんと穴があいているのでそこに刺さるカタチで拡張カードを使用可能。
ただし基本的にスロット自体の保持力に頼ることになるので常用はオススメできない。

電源はATXを搭載でき、マウンタ形状的に大型の電源も搭載できるのだが、あまり重い電源を載せるとバランスをとるのが難しくなってしまう。当初搭載予定だった電源があまりに重かったので、別PCからかっぱらってきた古いプラグイン電源「CoRE-400A-PLUG」を使用。


購入当時は頼りなかったこの軽さがむしろありがたい。プラグイン式で余計なケーブルを減らせる上にケーブルが黒メッシュ済なので見た目が気になる今回はちょうどいい。

SATAケーブルもL型コネクタ・長め・色が黒という理想条件があったのだが、HP製BTXパソコンの中にピッタリのものがあったので、奪い取ってくる始末。
しかし組み立てると全然小型じゃない。MiniITXなのにすっげえ場所食うよ!脚の角度にもよるが40cm四方程度は置き場所に必要。MiniITXケースとは思えない存在感。

底面には樹脂製のケーブルクリップが装着されているので、ケーブル類を底面でまとめられる。アルミパーツの精度も上々で、スイッチ類もしっかりしている。
電源スイッチはパワーLED一体型で、リセットスイッチはHDDLEDと一体型。それぞれボタン自体が青と赤に光る。
更に目?のように赤いLEDが光るギミック付き。これはパワーLEDとは別で大4pinコネクタから給電。色物(失礼)ながら丁寧な作りはさすがLian-Li。

そんなすばらしいケースに相応しいパーツを装着致しましょう。

プレミアムレビューで頂いた2500T



品質とビジュアルを兼ね備えたCORSAIRメモリ



それらの受け皿として用意したH67S-B3…





ドオオン!
ドオオン!




何これ…ふざけてるの?
何これ…ふざけてるの?

あんなものを積んで喜ぶか、変態共が!
あんなものを積んで喜ぶか、変態共が!

MiniITXマザー本体より明らかにでかいクーラー!最早その姿はクリーチャー!!アームズフォートと間違えてネクストACに攻撃されるレベル。ヴィジュアル的に完全変態。
スサノヲのブラケット型ファンコントローラは当然付ける場所がないのでブラケットを外してマザー後方に。

H67S-B3のレビューで一度も完成品写真が出なかったのはこのせいであり、しつこくソケット配置を言っていたのもこのスサノヲをバランスよく取り付けるためだ!他のマザーだと左右にスサノヲが偏って見た目が悪いからな!つまりソケット位置の時点で既にこのマザー以外選択肢は無かったのだよHAHAHA!
電源重量を気にしていたのもスサノヲの大重量分をフォローするためだ!

写真載せまくりたいのだけど、Zigsowのフォト容量がキツキツなのでブログの方にご用意致しました。
●こちらからどうぞ。


下記続編?を見ていただければ判るのだが、結局この後幾度もの構成変更をする羽目になり、かかった総額は結構なものになる。
スサノヲが重過ぎるというのもあるのだが、もともとこの足の形状故重量物の搭載には向かない。結局全体が不安定になり、まな板でありながらほかのケースよりよっぽど分解・パーツ変更に気を使う。当然通常電源を搭載した場合ケーブル処理のハードルも高く、ITXとは思えない占有面積もあいまって実用性は皆無と思ったほうがいい。

しかしこのトンデモな見た目は実用性がどうだろうとステキな気分になれる

続き:スピーカー&無線LANアンテナ編
続き:スピーカー&無線LANアンテナ編



更に続き:ACアダプタ化&軽量化編
更に続き:ACアダプタ化&軽量化編



IvyBridge搭載&マザー変更無音PC化編
IvyBridge搭載&マザー変更無音PC化編




Windows8 PCの祭典&コミケ展示
Windows8 PCの祭典&コミケ展示





ちなみにゲストのHOGIREさんはこちら。
ちなみにゲストのHOGIREさんはこちら。

  • 購入金額

    5,980円

  • 購入日

    2011年08月23日

  • 購入場所

    ドスパラ(通販)