レビューメディア「ジグソー」

風の直進性を増幅したSilverStone独自のFAN

RV02の冷却性能強化の為に購入しました。


このFANはSilverStoneが独自に開発したFANで、通常のFANというのは、吸排気量に重点を置き設計されていますが、このFANは、「吸気重視」として設計されています。

このあたりが最近のシルバーストーンのすばらしい所でPCケースRV02では、煙突効果と正圧効果の2点に注目し、風を当てて冷却するというよりは、熱を効率よく排気する、という排気重視の設計になっておりました。

このFANもポイントを絞り込んで、徹底的に改良してある点が見受けられ、非常に面白い製品であると言えます。そのため、同社では、このファンを「風の鉄鋼弾:Air Penetrator」と呼んでいます。

1:ほぼRV02専用といっていい18cmという大きさ


このFANは18cmというあまり例のないサイズのFANです。従って使用用途は非常に限られていると言えます。
はっきりいうと同社のケース「RAVEN02」専用といってもいいかと思います。

 

現行機種の中だとRAVEN03、RAVEN04、RAVEN05やFORTRESSシリーズなんかもこのFANを搭載することで冷却効果UPを期待できそうですね。

実際RV02のリビジョン2では、標準でこのFANが搭載されています。
なので、RV02への取り付け方法や難易度などを見て行きたいと思います。

 

■組み込み


RV02の底面3連FANを取り外します。
3連続FANにサンドイッチするようにFANガードが取り付けられているので、これを外します。
続いてAir Penetratorを取り付けます。すでにAir Penetrator独自のFANガードがついているので上部FANガードを取り付ける必要はありません。

組み込み時に、2段切り替えのFANコントローラースイッチがありますので、これを取り付けます。
注意があるのですが、このFAN切り替えスイッチ、HIGHとLOWがどっちなのかわかりません。
なので、あてずっぽうでやると、HIGHってケースに書いてるのにLOWになったりします。
ケースに組み込む前に、FANを動かして確認することをお勧めします。

IMG_4582_サイズ変更.JPG
IMG_4582_サイズ変更.JPG


落ち着いてやれば、得に困ったり、ミスったりすることはない作業でした。

ひとつ注意があるとすれば、このFANについているケーブルが細くで柔らかいので、FANと背面パネルに挟んだりするとすぐに切れてしまう点くらいです。

IMG_4592_サイズ変更.JPG
IMG_4592_サイズ変更.JPG


2:使用感


・風はどんな感じ?
風は、本当にほぼ垂直に吹いています。
FANから離れた位置に手を置いても、風が来ていないことがわかります。
FANの風が吹いている所に手を当てると、かなりの風圧が来ていることがわかります。

実際、ケースに組み込んで、ケーストップにティッシュをおいてみると、風で舞い上がっていきます。以前のケースFANでは、ここまで大きなティッシュを持ち上げることはできなかったので、風圧を保ったまま、風が垂直に吹きぬけていることがわかります。

・音はどんな感じ?
このFANは700rpmと1000rpmの2種類のFANスピードを切り替えることができます。
700rpm時は、ケースに組み込んだ状態であれば殆ど気にならないかと思います。

1000rpmの時ですが、結構うるさいという意見も聞いていたのですが、実際入れてケースのフタを閉じてみると、殆ど音は気になりません。

個体差もあるでしょうが、僕の固体では、軸音は殆どありませんでした。

3:実際の冷却性能


[ PC構成 ]
CPU:Core i7-980X Extreme Edition
CPUクーラー:MegaShadow
FAN:ULTRA KAZE3000rpm&三洋電気 F-12PWM
M/B :ASUS RAMPAGE III EXTREME
メモリ:CMG6GX3M3A2000C8
ビデオカード1:EVGA GTX580 CALL OF DUTY BLACK OPSエディション
ビデオカード2:EVGA GTX580 Super Clocked
SSD:Intel X25-M SSDSA2MH080G2R5 x2(RAID0)
光学ドライブ:LG電子 BDドライブ CGW-H20
電源:Scythe ENERGIR 1000W
ケース:SilverStone RAVEN2
OS:Microsoft Windows 7 Pro 64bit

CPU:4.0GHz 1.24V
Mem 1600 CL7-7-7-24 1.5V

[RV02 Rev1についていたFAN]

○ツール
※Core temp
※PC Probe
※Piriforme Spaccy

室温20度

・CPU 35 30 31 32(アイドル)
・CPU 71 66 60 70(フルロード)
・MB 30℃
・ICH 48℃
・IOH 55℃

・VGA 38(アイドル)
・VGA 72(フルロード)

・HDD 23℃

[Air Penetrator]
室温21度

・CPU 32 28 29 30
・CPU 68 65 57 68(フルロード)
・MB 26℃
・ICH 44℃
・IOH 51℃

・VGA 37(アイドル)
・VGA 71(フルロード)

・HDD 23℃


比較すると概ね3~4℃近くシステム全体の温度が下がっています。
HDDについては、当方リムーバブル化してあるので、温度については、変化ありませんでした。

もともと冷却能力の高いRV02にあってAir Penetrator FANの効果がかなり大きいと言えるかと思います。

Rev2のRv02であれば標準で搭載されているので、これから買おうという方は、RV02 Rev2をお勧めします。

先ほども書きましたが、18cmFANということでこのFANは使用用途が極端に限られるかと思います。
RV02のRev01ユーザーであれば換装する価値はあるかと思います。

  • 購入金額

    2,280円

  • 購入日

    2011年01月21日

  • 購入場所

    ツクモ

22人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • ryo157さん

    2011/02/27

    私も12cmの方を持っていますが、本当に風が直進するんで驚きました。
    あの直進性でサイズが18cmとなると、かなりの冷却能力が見込めそうですね。

    でも私のケースには付けられないのが残念です(^^
  • つくもさん

    2011/02/27

    ryo157さん

    風の鉄鋼弾とはよくいったものですよね。
    この発想はなかったわ!みたいな。

    18cmで1000rpmもあるので、かなり風量です。
    僕は、足元にRAVEN02をおいているので、足が少し寒いです^^;

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加