レビューメディア「ジグソー」

忍者らしいアクションが魅力ですが、ゲームはシビアかも?

1989年にセガから発売されたメガドライブ用のアクションゲーム。

 

本作は、アーケードゲーム『忍 -SHINOBI-』(セガ・1987年)の続編ですが、システム面は大きく変更されており、後の『忍』シリーズの基礎を築いた作品。プレイヤーは、現代の忍者ジョー・ムサシを操り、悪の組織に連れ去られてしまった許婚を救出することが目的です。

 

基本攻撃は「手裏剣投げ」で、敵との間合いが近いときは「刀」が武器になります。また、4種類の「忍術」も使えます。このように、本作は忍者らしいアクションが魅力だと思いますが、シビアなジャンプが要求される場面も多く、アクションが苦手な方はすぐに投げ出してしまうかも知れません。EASYレベル+手裏剣の無限化(裏技)がなければ、私も途中で諦めています。とは言え、メガドライブ初期における名作の1つには違いありません。

 

EASYレベル+手裏剣の無限化(裏技)を使えば、第1ステージは簡単にクリアできます

 

さて、話は変わりますが、本作のタイトル画面では、千葉真一さんが演じた服部半蔵のような忍者(ドラマ『影の軍団』参照)がポーズを決めてくれます。また、ゲーム中においては、デビルマンやゴジラなどに類似した敵キャラも登場します。これらについては、大人の事情(?)のためか、後に『修正版』が発売されて変更されました。そういう訳で、『初期版』と『修正版』との比較も本作の楽しみかたになるかも知れません。また、古代祐三さんが音楽を担当している点も見逃せないと思います。

 


 

※2014年01月29日現在、以下のバーチャルコンソールが配信されています。

  • 購入金額

    6,000円

  • 購入日

    1989年12月02日

  • 購入場所

23人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (5)

  • Schrödingers Katzeさん

    2014/01/31

     サウンドトラックでは、OPNAで収録されたものだったような。

     忍者ではなくThe NINJAってな曲なのもポイントは高いような気がします。

     ゲストな「そっくりさん」は、ちゃんと版権とって残ってるのもありませんでしたっけ?
  • 千里一歩さん

    2014/01/31

    Schrödingers Katzeさん

    調べてみると、サウンドトラックは『THE SUPER SHINOBI & WORKS』(1989年)ですね。「PC-8801で作成された原曲版を収録している」とありました。2009年発売の『忍 MUSIC COLLECTION』では、メガドライブ版の音源も収録されているようです。

    Theがつくはどうかは大きいですね。タイトル画面はまさにアメリカ受けしそうなNINJA(忍者)ですがw

    本作は、セガの名作アルバム(第9回「ザ・スーパー忍」)で詳しく紹介されていますが、版権モノのキャラ変更についても開発者のインタビューで触れられています(同・該当ページ)。版権的にクリアしているのは、スパイダーマンぐらいですねw
  • 千里一歩さん

    2014/01/31

    削除して書き直しているうちに返答が……(汗
    コメントの順番(2番と3番)が入れ替わって申し訳ありません。
他2件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    新着レビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから