レビューメディア「ジグソー」

PenⅡよ・・・お前は最後まで高かったよな(´Д`;)・・・

intelのPentium2 266MHzです。もちろんSlot1です。

【モデルナンバー(実クロック)】266MHz
【FSB×倍率】66MHz×4
【コードネーム】Klamath(クラマス)
【製造プロセス】0.35μm
【L1/L2キャッシュ】32KB/512KB
【コア電圧/TDP】2.8V/不明
【主な拡張命令】MMX
【Socket/Slot】Slot1
【リリース時期】1997年春頃

PentiumⅡはMMXPentiumの後継のCPUとして発売されました。
本当はPentiumProが後継となる予定だったのですが2次キャッシュをオンダイにした為、歩留まりが悪くなったことと、当時主流のOSであるWindows95がPentiumProの不得手な16bitコードを含んでいる為、MMXPentiumよりも性能が劣ることがありました。この為、PentiumⅡでは2次キャッシュを外付けにすることで歩留まりの問題を解消しています。

また、Socket7に見切りをつけSlot1へ移行した最初のコアでもあります。Slot1CPUは当時、ファミコンカセットのような~と例えられることが多かったです(^^; Slot1への移行理由はSlotの方が電気的に効率よく転送できるとか、2次キャッシュをCPU基板上に載せる為とか色々あるそうです。ちなみに2次キャッシュはCPUのハーフクロックで動作します。(当時のSocket7より速い・・・)

ちなみにPentiumⅡの初期コアのクラマスは2.8V駆動で非常に消費電力が大きく40W付近まであがりました。性能としては、MMXPentiumや互換CPUと比較して浮動小数演算がかなり速くなり、2次キャッシュも高速で、かつAGPも搭載されましたのでかなり速かったです。Socket7ユーザーから見ると悔しいです・゚・(つД`)・゚・

PentiumⅡは233MHzから450MHzまで発売されますが、最初から最後まで高価でした・・・ので、私は後にジャンクでマザーと共に手に入れました。XPでも結構イケます(´ω`)
  • 購入金額

    1,000円

  • 購入日

    2001年頃

  • 購入場所

    大阪日本橋(ジャンク)

12人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (1)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    新着レビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから