レビューメディア「ジグソー」

東芝 T43をSSD化せよ!

このレビューのコンセプトは『SSDで快適PCの作成』です!

メーカー製のPCや長年使い込んだPCには、不要になったデータやアプリケーションが数多く蓄積され、動作を鈍らせてしまう原因となっている事が数多くあります。
私が今回レビューする「東芝 Dynabook Satellite T43 220C/5W」も例外ではありません。
昔のオフィスソフトや解析ソフトなど、今では使わないアプリケーションデータが多く蓄積されています。アプリケーションの削除を行っても、関連ログデータ等は一般的には削除されないため、動作を鈍らせています。
動作速度を回復させるためには「リカバリー」を行うのが最も単純です。更に今回はSSD化させることで、より快適なPC環境を構築します。

※リカバリーとは、PCを購入した当時の状態に戻すことです。現状の環境のままSSD化を行ないたい場合には↓のレビューを参考にしてください。








では、レビューを行って行きます!


第一工程 - HDDをSSDへ交換。


赤丸で印をつけたポイントのネジを外し、カバーを外します。↓




ネジはカバーから外れないように成っています。↓




カバーを外すと、HDDマウンタがあるので左へ引き出し、取り外します。↓




左右にHDDがマウントにネジで固定されています①↓

左右にHDDがマウントにネジで固定されています②↓

このネジを外し、SSDに置き換えて、逆の手順で取り付け、ネジを閉めると第一工程が終了です。


交換作業を映像にまとめたので掲載します。↓







第二工程 - リカバリディスクよりSSDにデータを書き込む。


リカバリディスクを入れて電源を入れると、ソフトが起動するので、「TOSHIBA Recovery Wizard」を選択して「次へ」を選択。↓




有名アニメ並の「警告!」が出ます。警告を読み、ACアダプタを接続していることを再度確認して、「はい」を選択。↓




「初期インストールソフトウエアの復元」を選択して「次へ」を選択。↓




今回、標準搭載HDDと容量の異なるSSDへリカバリする為、「パーティションサイズを指定して復元」を選択し、SSDの最大サイズ(今回は約73GB)に設定して「次へ」を選択。↓




「データが削除されますがよろしいですか?」と確認されるので、問題無ければ「次へ」を選択。↓




パーティションの初期化が始まります。↓




続いて、ファイルのコピーが始まります。↓




一枚目のデータを移し終えると、次のディスクを要求されるので指示に従い交換して、「OK」を選択。↓




しばらく待つと、「正常に終了しました。」と表示されるので、「終了」を選択。↓




自動的に再起動され、インストールが開始されます↓




インストールが終了するとセットアップ画面が表示されるので、国などを選択して「次へ」を選択。↓




ライセンス条項が表示されるので、しっかりと熟読して同意確認にチェックを入れ、「次へ」を選択。↓




ユーザー名やパスワードを入力し、「次へ」を選択。↓




コンピュータ名などを入力して、「次へ」を選択。↓




Windowsの保護設定を行ないます。特に問題なければ「推奨設定を使用します」を選択します。↓




タイムゾーンが自分の所在地に成っているかを確認して、「次へ」を選択。↓




これでセットアップが完了です。「開始」を選択。↓



これで第二工程が終了です。





第三工程 - SSD用設定。


SSDは、HDD用設定のまま使用すると寿命が短くなってしまうため、SSD用に設定が必要です。
数多く推奨されている設定がありますが、一番一般的な設定をここでは行ないます。更に延命をさせたい場合はインターネットで検索してみるといいでしょう。


最適化のスケジュール実行を無効にします。
スタートメニュー コンピュータを開き、Windowsが入っているCドライブを右クリック、プロパティを選択。↓




「ツール」の「最適化をする」をクリック。↓




「ボリュームの選択」をクリック。↓




SSDに入っているボリュームのチェックを全て外します。①↓




SSDに入っているボリュームのチェックを全て外します。②↓
SSD意外に入ったボリュームがない場合は「OK」が押せなくなるので、「キャンセル」をクリック。↓




「スケジュールどおりに実行する」のチェックを外し、「OK」をクリック。↓



これで第三工程が終了です。



これで作業完了です!
快適SSDライフの開始です♪






参考ですが、
SSD搭載のアクセス速度↓




SSD搭載時のペリエンス↓





各種時間推移
SSD
PC起動
39秒29フレーム

IE起動
4秒04フレーム

PC終了
10秒05フレーム


※30フレーム=1秒


長期間に渡り、使い込んでいたデータを消して一新した為、非常に快適な環境が手に入りました。Office2010を入れて快適動作しております。
PCの動作が重いと感じられる方はリカバリやSSD化をしてみてはいかがでしょうか?効果絶大だと思います♪



考察・感想
まず、遅くなりましたがインテル様、zigsow様今回このような機会を与えていただき感謝しております。

今回のレビューも楽しんで行えて満足しております。

各種時間推移は、各5回実験した結果の平均値を用いています。

HDDとの比較データですが、HDDが不調で信頼できる数値が取得出来なかったため、掲載を見送りました。


皆様に少しでもインテルSSDの素晴らしさを伝えられたら幸いです。



今回のプレミアムレビューのHPです。他の方のレビューも掲載されております。
http://zigsow.jp/com/intel/review/notepc_ssd/

コメント (12)

  • ネイエフさん

    2010/06/27

    ノートでこの速さなら恐るべきというしかないですねぇ
    おつかれさまでした
  • 八百万さん

    2010/06/27

    長文おつかれさまです。

    ユーモアも途中織り交ぜて分かりやすかったです。(笑

    しかし、動画見やすいですね。

    ピラミッドパワーですか。参考になります。
他9件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ほかのユーザーのレビュー