レビューメディア「ジグソー」

サンバレー SV-EQ1616D MM/MCフォノイコライザーキットを作る

サンバレー SV-EQ1616D MM/MCフォノイコライザーキット  

真空管フォノイコライザーキットが販売されていたので購入して製作してみました 動機は真空管アンプの音を聴いてみたかったからです このアンプに出力調整は無いので、STAX ヘッドフォンに繋いでヘッドフォンアンプで音量調整して聴いています  尚このキットは真空管は別売です。

      

   

        

    

  

           サイズmm (突起部含む):W250×D225×H135
           重量:3.8 kg      

  

 

   

このアンプはレコードEQ特性に応じたEQカーブが切り替えできますが私はそういうレコードは持っていませんので持ち腐れです ROLL-OFF機能もあります(フィルターカーブ可変) RIAAだけ使います

   

   

 

以下 サンバレー社紹介ページから

SP盤はLP以上にレーベルや録音時期によって音質が異なりますのでSV-EQ1616Dでは1kHz以上のロールオフ(高域レベルの減衰特性)のON/OFFが出来るだけでなく、ロールオフON時の微調整をトーンコントロール的にも出来るようになっていますので、それぞれのSP盤を最適な音質で楽しめます。SP盤再生においてもUSA-SP(米国系)とEU-SP(欧州系)の両方に対応しています。

 
いままでのSP盤再生可能なフォノEQの多くが1kHz以下がRIAA準拠で1kHz以上をロールオフせずに伸ばし放しにしているか、上級機でもターンオーバー(1kHz以下)とロールオフ(1kHz以上)の周波数を切り替えているだけでカーブそれぞれの微妙な低域特性までは切り替えられていませんでした。SV-EQ1616Dは操作が複雑すぎず且つ汎用性を持たせられたという意味でも全ての機能を有効に使って頂けると考えます。  -----以上

    

制作の難易度は高いです 半田付けでシャーシーに立てたラグ板に部品を取り付けるのですがラグ板の上下差があり半田付け時に焦点が合わない遠視の人は厳しいですね 私も間違いが2か所ありました自力で治しました。 完成しない人でもサンバレー社で有料で治してくれるようです 1~2万円?

 

 

注文予約で6月に注文しましたが、入手は9月中旬でした 製作は1週間位だと思います トラブル対応に時間が掛かりました 

  

梱包段ボール、導入ガイド、組み立てガイド、シャーシー、電源トランス、電源カバー、底板、使用するパーツ、線材 段ボールはかなり重いです 

     

 

 

         ------------------------------------------- 準備 --------------------------------------         

 

 

 

       

   

電源コード、基板が見えます 組み立てガイドのパーツ一覧を白紙にコピーして、発泡スチロールにパーツをチェックしながら立てていきます組み立てガイドに回路図は載っています。

     

       

このようにパーツを発泡スチロールに立てていきます 作業中にチェックより後で便利です ビス・ナットは100均などの小物入れ箱を利用して前もって種類分けし名札を貼っておけば作業性UPです  組み立てガイドからコピー印刷した用紙に部品を立てます コンデンサー量はもっとあります  

      

 

 

                ↑↓画像は拡大できます

  

 

   

  

-------------------------------- ----------------制作---------------------------------------- 

 

 

   

    プリント基板は3枚あります 電源基板、入力切替基板、ターンオーバーセレクト基板RCA端子は出力端子です アルミ円筒ケースはAC整流ダイオード組立用です 整流真空管を購入しない場合はこの円筒形ダイオード組立を使います ロータリースイッチはターンオーバー切り替えスイッチです(ロータリースイッチはMC/MM切り替えもあります 上画像には載っていません) 

   

   

シャーシーに入出力端子の取り付け 真空管ソケットの取り付け、MM/MC切り替えスイッチの取り付け、ターンオーバースイッチの取り付け、ロールオフボリュームの取り付け         

   

     

     

 

電源トランスの取り付け、完成した電源基板取り付け、アース系の配線 → ヒーター系の配線 →+B電源の配線などを行い 信号基板をサイドに取り付けます  配線済みターンオーバースイッチも取り付けます        

  

      この辺りになると真空管周りの配線となります 抵抗類を半田付けします           

    

      抵抗の半田付けが終わったらコンデンサーの半田付けになります         

  

        

  

このターンオーバー基板下は凄いMATRIX状態で制作に飽きてきたころでダル状態でやっていました        

              

                      

  

      ターンオーバー基板を上げたところ  

このラグ板配線と言うのは意外に難問です アース系とヒーター系、電源系配線を最初に行いますが

後から抵抗を取り付けるのでその時迄, ハンダは仮付けか線材は其の儘になります 抵抗を追加して終了ならはんだ付けですが、後でコンデンサーを追加するなら仮付けと言う事になります ハンダ点は即ハンダか、次にハンダかは制作ガイドで色分けされていますが結構面倒なものですね この辺りは改善が必要と思います ラグ板周りだけプリント基板にできないのでしょうか。

  

  

    

下の測定は誤差があるかもしれません なにせ専門測定器ではないので誤差が多いかもです

後日検証します

 

 周波数特性:

               プレーヤーでレコードTRS-1007を再生してその結果をSWEEP波形とした                          TRS-1007 , DL-301Ⅱ, SV-EQ1616D , UN-RIAA AMP , WAVE-SPECTRA

 

 

 

             

  

  

                     

RIAA特性:

下画像で赤線はPHONO2入力にSWEEP GENERATOR から入力して出力をWAVE SPECTRAでピーク値を記録したものです 普通は1KHzを中心にして20Hzは+20dB , 20KHzは-20dBになる筈ですが

当アンプは低音はややブーストが足りなく、高域は減衰が足りないですね と言う事は低音が出ない傾向で、高音が出ると言う事でしょうか 測定の誤差もありますし私の環境下での条件下の話です。

上のグラフと下のグラフには相関関係はありません...多少はアル?  

                   RIAAカーブ https://www.g200kg.com/jp/docs/dic/riaacurve.html

 

 

 

 

 

 

       右端は整流管です...

 

 

 

 

 

 

  

 

 

----------------------------------------制作MEMO-------------------------------------- 

   

サンバレーオーディオ SV-EQ1616D 

https://www.kit-ya.jp/products/detail/10174

  

 

●当社上位モデルと同様、音質重視のCR型フォノイコライザー
●ツインアーム, ターンテーブル2台使いに最適な入力2系統
●出力:1系統(MONO(L) / STEREO切替可)※MONO時: Lチャンネル入力→L/Rデュアル出力
●MM/MCカートリッジに対応(MC入力:ヘッドアンプ)※MM:47kΩ, MC:20Ω~50Ω
●ゲイン:MM35dB,MC+22dB 
   ※カートリッジの出力電圧に合わせゲイン選択可(HIGH/LOW),LOW選択時-4dB(MM)/-2.5dB(MC)
●真空管:増幅段(V1/V2):12AX7,カソフォロ段(V3):12AX7,12AU7,12AT7から任意に選択可
   ※標準はオール12AX7, 高出力カートリッジで高域の質感を滑らかに変化させたい場合はV3のみ12AU7を推奨
●整流器:標準/ダイオードモジュール,オプション/各種整流管(5AR4,274B,5R4等使用可)
●ターンオーバー周波数調整:切替式
  →RIAA, old AES, COLUMBIA/old NAB, LONDON, EU系SP盤,US系SP盤に対応
  ※ターンオーバー周波数だけでなく低域特性も各EQカーブに合わせて同時可変
●高域ロールオフ調整:ON/OFF選択式 
    ※ON時:連続可変(すべてのEQカーブに対応), OFF時:減衰なし(SP盤用)
●詳細な使いこなしガイド付属
●組立難易度:★★★★☆(中~上級向け)

ボンネット:なし
サイズmm (突起部含む):W250×D225×H135
重量:3.8 kg 

   

 

 

組み立てが終わって....

音質はパワーがある感じの音です SONY TA-E86がおとなしく感じる音ですね SV-EQ1616Dはチャキチャキな音質に感じますね 真空管は柔らかい音と言うのが一般的な評価ですが、全く違う感じです エネルギッシュでパワーみなぎる音と言う感じはします JAZZ向きかな。

とはいうものの、低音が少し弱い、高音が出すぎる感じはします 好き好きですね。

 

プレーヤーはDENON DP-5000 , SME3009/S2 improved , ヘッドフォン STAX SRS-2170    

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------  

 

制作時の要注意点(私のですが...w)

〇1000μFコンデンサー 耐圧違いで2種類あります 16-25WV か25WV

〇ターミナルコネクターを逆につけた 2個?

〇スプリングワッシャーは必ず取り付ける アースを取っている ギザギザ面がシャーシー面

〇ナットが多すぎる感じがしますね シャーシーにタップが切られていないので其のせいも有るんで しょう 3ミリのボックスドライバー必須です。

 

 

かなり悩んだ... 

MT管なのですが、学生の頃真空管ラジオを弄ったことがあります その時は真空管をソケットに

差し込むのに苦労はしなかったのですが、今回は割れるんじゃないかという位押してもソケットに入らない サポートにメールしたら 此の管は足が太いの入りにくいと言ってましたが全部は入りません

 

頭をぐらぐら回して入れるって言うのですが、画像の所までしか入りませんでした ハンダチョンボでプレート電圧も下がっていたのですが、ソケットに完全に入らないので電圧がおかしいのかと疑心暗鬼 ハンダチョンボを直してたら電圧は正常になりましたので、この真空管の差し込み量は画像の点で正常です 少し浮いています これは悩みましたよ ホームページかメールでサポートさんは知らせてほしいものです 真空管ソケットはセラミック製(陶器製)です。

  

   

         

 

 

 

●チョンボ1 V1 (12AX7)  プレート電圧低い PT1  規定値165V→不可133V →修理完了185V

色々調べたのですが判らず、配線を見直したら6番ピンに5番ピンのリード線の髭が当たっていました

半田補修にてプレート電圧出ました。 

 

 

      赤矢印先で、線材の細いひげがブリッジしてます プレート-グリッド間です

 

 

 

 

 

●チョンボ2   右CH 低音でない....見当がつかないのでサンバレーサポートさんにメールしました 即、返答が来て音質はターンオーバー基板で行っているとのことでハンダ関連を見直してみたら

基板からアースの?緑線がラグ板に行くのですが、その先のアースの黒い線を引っ張ったら抜けました ハンダの天ぷら状態だったようです ハンダ補修で終了。   

 

 

                                         2020-10-13       

 

★使用した工具、材料

 

 

 

  • 購入金額

    68,000円

  • 購入日

    2020年09月頃

  • 購入場所

    サンバレーオーディオ

17人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (4)

  • MAGNETさん

    10/17

    タコシーさん、お疲れさん(楽勝?)です。

    私には「ゲッ…」です、難易度高すぎ、手はでませんよ(プライス的にも)
    しかも3.8kg(トランス?)…

    で、68,000円(真空管は別?)有料修理に出す方は何割いるのかな?
    とも思いますが「そもそも」ですね!

    制作に1周間 !? 集中力の無い私では途中で投げ出しそう…

    それと、「パーツを部品リスト(拡大コピー?)を貼った「発泡スチ」に刺す」
    →「なるへそ~」

    レビュー自体も勉強(参考)になります、「ウォッチボードに追加」させて頂きました
    真似しちゃうかも!

    真空管は「アナログのトレードマーク」の一つ、と思います(部品そのものが光るなんて電球・LED以外で他にあります?…)。
  • タコシーさん

    10/17

    MAGNETさん
    結構難易度が高いですよ
    真空管付近は空中配線なので結構毛だらけです
    半田付けも同一ポイント同時半田付けでないので時間差が出てきて
    時間を置くとトラブルの元です プリント基板なら問題ないでしょうけど
     
    3.8キロというのはシャーシー(本体)が鉄、電源トランスも重いです
    他のパーツは軽いですけどね このキット自体は外国製なんでしょうかね
    パーツに日本製はほとんど使われている感じはしないですね コンデンサー、抵抗も。

    修理に出す方は結構いるんじゃないかと このセットのブログを作っている人も
    トラブってサポートに修理依頼を出したようです
    ハンダのチョンボとパーツ関係みたいです
    5,6台くみ上げたベテランでも修理依頼だったようです
    キットだから簡単だろうというのが通用しない感じですね
    https://audio-beginner.com/post/sv-eq1616d-review-pt1/
    真空管は高校生の頃弄った経験が有るんです 親戚などから古いラジオを集めて
    ワイヤレス送信機を作りました 距離的には結構届きました
    ナス管だったと思います それ以来、真空管アンプは作ったことが無いですね
  • baelさん

    10/17

    粗忽者のあっしには、空中配線は鬼門なのです。小中学校時代いろんなものを燃やしました (怖
    キット物のプリント基板を初めて手に取った時の安心感ってなかったですー。
他1件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから