レビューメディア「ジグソー」

ワークマン的「厚底ランシュー」のススメ

この数年、ランニングシューズ(略して、ランシュー)は、

ナイキの厚底靴に席巻されてますね。

 

私は、ランニングはしないのですが、

ウォーキングは、春~秋シーズンにしてますので、

少し気にはなってます。

ウォーキングには、あの手の厚底靴は、オーバースペックなのですがね(^^;

 

そんな私に気になる情報が…

あの作業服業界の雄、ワークマンが、厚底ランシューを4月に発売したとか。

しかも価格は、厚底ランシュー本家ナイキ製品の5%とか10%とか…

その価格なら、試してみても面白いかもと思い、

情報収集をしまして、比較的近いお店がWORKMAN ̟Plusに新装開店するという情報をキャッチし、

新装開店早々に、購入してきたのが、こちらのシューズになります。

 

更新: 2020/06/15
ファーストインプレッション

ワークマンが放った、厚底ランシュー

アスレシューズ ハイバウンス

ワークマンが、分子レベルから開発した

「BounceTECH」(バウンステック)

という高反発ソールを搭載した、スポーツモデルのシューズです。

ワークマンの通販サイト上では、品切れになったままという商品でして、

通販サイトには無くとも、実店舗には有るという人気商品です。

 

今回は、店頭在庫に、私の足のサイズの26.0cmは、この黒1足しかなかったので、

選択肢無しで、黒を購入(^^;

 

ソールの反発力に自信!!ですと。

なかなか強気な文言(^^;

 

普通のスポーツシューズにはある、タンが有りません。

靴紐は、締め付け具合の調整のみ。

すっぽりと足を包み込む、靴下状の入れ口

インソールは、カップ形状で取り外せません(貼り付けられてるらしい)、色は赤

 

踵に

Find-Outの文字が自己主張

ソールは、

ワークマンのWをちりばめた、全面ラバーで滑りにくいと謳っています。

中央に、

BounceTECHをアピール

 

重さは

片側で、233gほど

なかなかの軽さです(^^)

 

店頭で手に取った際に、このシューズ、只者ではない!と直感で悟りました。

第1印象が良い靴って、大外れは無いですからね。

 

更新: 2020/06/15
使用感

履いた瞬間のクッション性が凄いんじゃ!

実際に履いてみました。

まず、履く段階で、履き難さを感じました。

この靴下形状の入れ口が、ちょっと狭く、足を入れ難いです(^^;

足を入れ難いと、ヒールカウンターを踏んでしまって、

折れ曲がって再起不能になった靴も過去には有りましたが、

このシューズのヒールカウンターは、頑丈で、折れる気配は今のところ有りません。

 

無事に履けたと思ったら、ノータンの構造故に、

足の甲の部分に、窮屈感を感じました(^^;

靴紐を緩めても窮屈感は残ります。

3Eらしいので、幅は私に足には合ってるのですが、

甲の高さが低めな作りのようです(多分、フィット感を出す為かな)。

甲高の足の方は、注意が必要かも。

履き難さと、甲の窮屈感で、☆1個減。

 

履いて立ち上がった時に、ソールのクッション性の良さを感じました。

ぐにーっと、足の裏が包み込まれる感じのクッション性と書けば通じるでしょうか。

大きなグミの上に乗った感じです。

ただ柔らかいだけではなく、適度な張りも感じます。

これが、BounceTECHなのね(^^;

 

実際に、いつものノルディックウォーキングで、7km弱を歩いてみました。

ソールの反発力、衝撃吸収性が相まって、歩きやすいです!

いつもと同じように歩いたのですが、

上:いつも履いてるランニングシューズ

下:アスレシューズ ハイバウンス

 

無意識のうちに、いつものペースよりも速いペースで歩いていたようです(^^;

歩いた後の疲労感も、いつもより疲れが残っていません。

この靴、マジで凄いですよ!

これは、間違いなく、リピ買いすると思います。

更新: 2020/06/15
雨の日のオススメ度

流石のワークマン製 滑らない靴底

靴底にワークマンのWを模した全面ラバーを使用し

滑りにくくなっています。

厨房靴とか、現場作業の安全靴で培ったノウハウがココに活かされています。

 

私が歩くウォーキングコースは、

ほぼアスファルト舗装の路面が主なのですが、

一部区間に、

タイル敷設の路面が存在します。

 

このタイル敷設路面が、雨の時には滑るのですが、

このシューズを履いてウォーキングしてみて、

濡れたタイルの上でも、滑らず、安心して歩くことが出来ました(^^)

流石、ワークマン!

更新: 2020/06/15
総評

安いから、とりあえず1足買って、使ってみてください。

1900円という低価格と、

ソールの高性能さが、際立つシューズです。

 

ランニングユースでどうかは判りませんが、

ウォーキングユースでは、充分な高性能なシューズというのは確認出来ました。

 

耐久性は、この後、長期間、履いて歩いて結論を出しますが、

最初の1歩目は上々のスタートを切ったと思います。

 

ウォーキング用で高いランシューを買う前に、

お試しで1足、おススメします。

歩くことが、今以上に楽しくなるシューズですよ♬

  • 購入金額

    1,900円

  • 購入日

    2020年06月12日

  • 購入場所

    WORKMAN ̟Plus 千葉誉田店

12人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから