レビューメディア「ジグソー」

インスピレーションはいつ「降る」かわからない

所持する音楽データに対する私利私欲...イヤ私情私見あふれるコメント、音楽の杜。こういった分野のものは「好み」ですし、優劣を付けるのもそぐわない気がしますので、満足度の☆はあくまで私的な思い入れです。アーティストが曲を書くとき、いろいろなモノからインスピレーションを受け、形にします。それは、自室で生まれることもあれば、セッション中といった音楽活動中に思いつくこともあります。また外出中に刺激を受けて曲が浮かぶこともあります。そんな「外的刺激」が多い旅行中に生まれたと言われている作品をご紹介します。

 

Jamiroquai。Acid Jazzという、JazzとFunkとSoulをクラブシーンに合致するような形で融合させ表現したジャンルの代表的なアーティスト。

 

アルバム“Emergency on Planet Earth”

で衝撃的なデビューを飾り、2ndアルバム“The Return of the Space Cowboy”、3rdアルバム“Travelling Without Moving”

と立て続けにアルバムをリリース、そのいずれもが大ヒットした。

 

ここまでの3作を初期3部作と呼ぶが、この3枚目のビックアップソング、1stカットシングルだったのが、“Virtual Insanity”。モノトーンの部屋の中、動く床の上で滑るように踊るJay KayのMVが印象的だったこのシングルは、彼がツアーで訪れた街でインスピレーションを受けて書かれたものだと言われている。

 

表題曲、「Virtual Insanity」。♪Other new technology/Oh, now there is no sound/For we all live underground♪と歌われる「underground」は札幌の地下街だと言われている。1995年の2月にワールドツアーで札幌を訪れた彼は、大都市なのに屋外には人影がなく(2月ならさもありなん)、地下街に潜るとそこにはヒトと光が溢れていた...というのにインスピレーションを得たということになっている(東京ドームでのライヴの時の発言なので、リップサービスもあるかも知れないが/また札幌地下街からインスピレーションを受けたのは「Virtual Insanity」ではなくて、同じアルバムに収められた「Didjital Vibrations」だという説もある)。

 

Do You Know Where You're Coming From (Original Mix)」は、レゲエテイストのディスコビートジャンル「Jungle」の第一人者、M-BeatことMarlon Hartがコラボしたリミックスシングル

が有名だが、レビューで書いたとおり、自分としてはあのリミックスはイマイチなので、こちらの「Original Mix」の方が全然良い(この「Original Mix」もM-Beatのアレンジだが)。シンセ然とした音をバックに囁くような歌い方で入るイントロ、ちょっとスペースチックな?キーボードの音がまさに「初期Jamiro」と言う感じ。

 

インストの「Bullet」は、Jay Kayの筆にはなるが、インストナンバーで、Jay Kayはプレイしていない。スクラッチを使ったファンキィな導入部と、Toby SmithのスペーシィなキーボードとStuart Zenderのミュートの具合が絶妙なベースが弱音器をつけたペットの旋律を盛り上げる中間部の対比がCOOL。Derrick McKenzieのキレのあるハイハットオープンが入るリズムパターンがいい感じ。

 

この作品の表題曲は、3rdアルバムの“Travelling Without Moving”のオープニングトラックだが、このアルバムまでが初期のベーシストStuart Zenderが在籍したアルバム。Jamiroquaiは「バンド」ではなく、Jay Kayのプロジェクトなので、初期の曲のカラーを定めたとも言われるキーボードで「Virtual Insanity」の共作者であるToby Smithですら「雇われもの」だったようだが、初期の曲の音とグルーヴはTobyとStuartが決めたと言って良い。

 

そんな二人のプレイが堪能できるマキシでした。

FERRARIに使用料を払ったエンブレムとロゴが、「らしい」
FERRARIに使用料を払ったエンブレムとロゴが、「らしい」

 

【収録曲】

1. Virtual Insanity
2. Do You Know Where You're Coming From (Original Mix)
3. Bullet
4. Virtual Insanity (Album Version)

 

「Virtual Insanity」

更新: 2020/03/29
必聴度

初期Jamiroの到達点

Toby Smith+Stuart Zenderという初期Jamiroのサウンドを支えた二人のいた「Jamiroquai」の到達点。

  • 購入金額

    1,200円

  • 購入日

    1996年頃

  • 購入場所

15人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから