レビューメディア「ジグソー」

浪漫。

デルが販売していた業務用コンピューターです。

BTOで構成が千差万別なため、近い仕様の商品で登録しています。

 


 

更新: 2020/03/23
スペック

約5年落ちの業務用

自分が購入したやつは以下の仕様でした。

  • CPU:Xeon E5-1650v3
  • RAM:32GB
  • VGA:FirePro W5100
  • HDD:SATA 1台
  • 電源:425W

サービスタグから調べたところ、2014年の製造でした。

5年ぐらい使われたんでしょうかね。

 

CPUはXeon E5-1650v3です。

6コア12スレッド、クアッドチャネル、TDP140Wが特徴です。

今じゃミッドレンジ以上のCPUなら6コアや8コアがザラですが、当時はすごかったはずです。

 

メモリは32GB、8GBのECCメモリが4枚です。

クアッドチャネル仕様なので4本1セットです。

メモリスロットは8つですが、8スロットをフルに使う場合はクロックが落ちます。

 

メモリの増設にはDDR4-2133のレジスタードECCメモリが必要です。

仕様的には256GB(32GBを8本)までいけますが、費用的にムリです。

128GB分のメモリが中古でも7万円しますので。

 

ビデオカードはAMDのFirePro W5100です。

AMDのサイトによると、メモリ4GB、消費電力75W、出力端子がDP4系統です。

 

ストレージは動作確認用の3.5インチHDDがささってました。

ケース内には2ベイ内蔵できるようになってました。ケーブルも配線済みです。

SATAコネクタは6系統あり未接続があります。

5インチベイに空きがあり、そこに2.5インチHDDを増設するオプションがあったようです。

 

電源は独自規格で、400W、600W、800Wの3モデルあるようですが、

この機種だと下位の2種類いずれかが選択できたようです。

 

 

メモリが32GBなのと、3Dグラフィック向けのビデオカードが増設されてること。

なので、3次元CAD用に導入されたコンピューターだったんではないかなと思われます。

5年ぐらい現場で使われたのが放出されたんでしょうね。

 

 

 

更新: 2020/03/23
各種ベンチマーク

毎度おなじみUnigineベンチ

GTX1650導入時の計測データに、今回のデータを追加しました。

実行したOSがバラバラなので参考程度に見てください。

今回のOSはWindows10の1903、ビデオドライバはAMDの最新版です。

まずは一番軽量なHeaven。
これだとRX550といい勝負でした。

続いて、一回り重たいValleyです。
こちらだと特徴的なのがExtremeHDでしょうか。
RX550とVega8が紙芝居でしたが、W5100は遅いながらも奮闘しています。

おそらくですが、ビデオメモリの容量が違うからだと思います。
RX550は2GBですが、W5100は4GBです。

 

ゲーミングPCだとGPUのメモリ容量を気にする方が多いのは、たぶんこういう状況でFPSにかなり差が出るからでしょうね。

更新: 2020/03/12

Windows10が動かない? → 入れなおしました

動作確認用にインストールされてたWindows10は1903でした。

1909へ更新……できませんでした。

ブルースクリーンが出ました。

エラーコード0xc000021aが出て、電源も落ちてしまいます。

3度目で復元が動いて、更新をあきらめてしまいました。

 

2回ほど繰り返しましたが改善しません。

RAMやCPUのエラーが疑われたので内蔵の検査機能も試しました。

HDDを外してPOST後にF5を押して検査させましたが、特にエラーがない。
 

さらに調べたところ、BIOSがA02と古いものでした。

Precision Workstation Tower T5810でWindows10を動かす場合は、BIOSのA08以降が必要です。

A32が最新版なので、それを入れて試すことにします。

A02→A32だとBIOS以外にも内蔵のファームウェア等がまとめて更新されました。

 

で、BIOS更新しましたがやっぱりダメです。

何か別の原因がありそうです。

 

 

後日、最新版Windows10をクリーンインストールしました。

チップセット関連のドライバはWindows Update経由でインストールされました。

ビデオ表示も標準ドライバで動きましたが、念のためAMDから追加でダウンロードした最新版を入れました。

 

 

  • 購入金額

    33,000円

  • 購入日

    2020年03月08日

  • 購入場所

23人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (4)

  • mickeyさん

    03/08

    Dellの業務機シリーズは開発を
    していた頃、お世話になりました。
    サーバー紛いの扱いをしても頑張っていた
    記憶があります(^^)
  • jakeさん

    03/08

    この手のパソコンがあると、仕事を思い出して嫌になる人も多いだろうなあと思いますw
    電力消費が多いのがネックですが、CPUやメモリの安定性が高い設計なのでサーバー用にも使えると思いますね。

    メモリを増やしてストレージもサーバー用グレードのSSDなどにすれば、仮想マシンをたくさん走らせるなんてこともできそうです。
  • まこりんさん

    03/08

    DELLは電源が特殊なのが多くて、壊れたときに手に入れるのが面倒であまり好きでは無いのですが、この価格は魅力的ですね。
    3.3万でXeonメモリ32GB搭載機なんて、いいですねぇ!
他1件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから